某メガネ型拡大鏡って値段高くないですか?

最近よく目にするTVCMでちょっと気に入らないというか、首を傾げてしまうものがあるんです。

それがメガネ型の拡大鏡です(具体的な商品名は挙げません、色々と怖いので)。

(※どのメーカーとは言いませんが、商品に対して少々批判的な意見を書いただけで、弁護士が脅迫まがいの警告文を送ってくることがあるようです。レビューすることに違法性はないので無視すれば良いのですが怖いですね。)
スポンサーリンク

CMが多い

嫌になるほど頻繁にCMを打ってきてますけど気になる点が多い。

一番違和感があるのがその値段の高さ。出来合いの樹脂製拡大鏡なのに1万円以上もします。各人の目に合わせた度入りレンズでもないのにこの値段になるのは不思議。

オーダーメイドで無くて良いのなら100円ショップで老眼鏡が買える時代です。

有名人による権威付け

有名人愛用だと言って権威づけしているのもちょっと嫌な感じ。

本当に愛用しているのかどうか確かめようがないですし、お金を渡して「愛用してもらう」ことも不可能ではないです。

商品の質以外の要素で売ろうとしているんじゃないかと勘ぐってしまいます。

でも有名人のファンや権威に弱い人は、「この人が使ってるなら大丈夫」とか「私も使ってみたい」と思ってしまうんでしょうね。

実物を見に行った

使ってもいないのに文句を言うのはアレなので、家電量販店に行って実物を見てきましたよ。

メガネ屋に限らず結構いろんな店で展示してますよね、このメガネ型のルーペ。メーカーの商魂たくましさが良く分かります。

実物は、まぁ極端に安っぽいという感じでは無いですがあまり高級感もなくフツーの質感。100円ショップの老眼鏡と比べれば少し上かなといった感じです。

フニャフニャ

触った感じはフニャフニャで柔らかいです。踏んだり押しつぶしたりしても壊れないらしいです。でも必要ですかねこの機能?実際そんな雑な扱いしますか?

普段メガネを掛けている人は分かると思いますけど、壊さないよう丁寧に扱いますよね。注意しているから床や手をつくような所には置かないでしょう。丈夫なハードケースに仕舞うこともあります。

潰しても壊れない機能を「ありがたい」と思うような人は、既にメガネや老眼鏡をいくつも壊しているのかもしれません。

メガネの上に掛けてみた

某拡大鏡をメガネ(近視と乱視入り)の上に掛けてみました。結構軽いです。この点は評価できますね。

耳も痛くならないです。メガネonメガネだと耳の所が窮屈になると思っていましたが、そういうことは無い。ただし長時間かけ続けた場合どうなるかは分かりません。

見え方

問題は見え方ですよね、コレを掛けることによってどれくらい見えやすくなるか。そこが一番大事です。

結論を言うとあんまり大きく見えません。一枚のプラスチック越しに見ている感じはありますが、本当に拡大されているのか良く分からなかったです。

付けたり外したりしてサンプルの小さい文字を読んでみましたが違いはわずかです。

標準より倍率の高いものも試しましたが、それでも若干大きくなったかなぁという程度。

CMだと小さい写真や文字が視野いっぱいに拡大される映像を出してますけど大丈夫なんでしょうか。誇大広告になっていないか心配です。

メガネを外して拡大鏡だけ掛けてみた

筆者はかなり目が悪いです。眼鏡がないとパソコン画面さえボヤけて見えません。

裸眼にメガネ型の拡大鏡を掛けてみましたがやっぱり駄目ですね。

これは商品説明にも書いてありましたがメガネの代わりになるものではないです。老眼鏡の代わりになるかどうかも分かりません。

スタンドルーペで良いのでは?

小さい文字などを拡大して見たいのならスタンドルーペがあります。アームにルーペが付いています。

これならメガネ型の拡大鏡と同じく両手がフリーですよ。

倍率も高いのでより大きく見えますし、照明がセットになっているものもあります。そして何より値段がリーズナブルだと思います。

メガネ型でも1000円台からあり

ちなみに某ブランド以外のメガネ型の拡大鏡は千円台から販売されています。メガネに装着するタイプだとさらに安いものもあります。

写真で見た感じ材質もあまり変わらない感じなんですが、なんで某ブランドは約一万円もするんでしょうね。値段相応の違いがあるんでしょうか。

時計修理用などの精密作業に使われるような、拡大率が遥かに高い商品もありますが、それでも1万円はしませんよ。ちなみに拡大率切り替えも可能。

まずは老眼鏡

老眼で近くが見えにくくなった方は、まず老眼鏡を作ったほうが良いのではないかと思います。

信頼できるメガネ屋で視力を測ってもらい自分の目にあった物を作ればよく見えるでしょう。

そもそも例のメガネ型拡大鏡の注意書きには、「老眼の場合検眼して作った老眼鏡の上に掛けるように」とあるんですよね。

老眼じゃない人は近用メガネ

老眼では無いけど近くが見えにくい場合は、近視の度を弱めた近用メガネを作るのがおすすめです。

近視のメガネは大抵遠くが見やすいように作られています。

そういうメガネで近くの物を見ると、目が無理をするので見えにくかったり疲れたりします。

私も普段PC画面やスマホなど近くのものを見る時は弱い眼鏡に変えてます。疲れ方が全然違いますよ。

度が弱い分、若干大きく見えるのも魅力です。(近視メガネは度を強くするごとに対象物が小さく見えるようになります。)

結構特殊な用途の商品では?

某メガネ型拡大鏡は、老眼鏡やメガネの代用品ではなく、通常のルーペほど拡大できるわけでもありません。また、精密作業に使うには倍率が低いです。

老眼鏡が必要なほど老眼が進んでいない人が、ちょっと見えにくいなと感じた時に掛けるものなのでしょうか?

ターゲットがよく分かりません。メーカー自ら「老眼なら老眼鏡を作るように」とか、「目が悪い人はメガネ・コンタクトの上から掛けて」とか言ってるんですから。

オススメの所に「PC画面が見づらい方」とも書いてありますが、拡大鏡を使うくらいならパソコン側で拡大すればいいのに変な話ですね。

活躍する場面と言ったらスタンドルーペが使えず、高い拡大率も必要とされないガーデニングなどかなと思います。

万人向けでは無いと思う

これ、おそらく万人に合うものじゃないですよ。結構ニッチな用途のものだと思います。ショッピングサイトのレビューを見ても賛否両論です。

それなのに有名人を使い、いかにも万人に役立つ素晴らしいものであるかのように宣伝するのはどうかなと。

勘違いで購入して後悔する人が出てそうなんですよね。テレビショッピングで買う人は実物見てないでしょうし。

本当に購入者のことを考えたCMなのでしょうか。結局良さそうだと思わせて買わせることしか考えてないのでは?

そういう売り方のせいで、この商品に疑問を抱いてしまうのです。

駄目な商品だとは言っていない

使えないものだと言いたいわけではないです。

視力の状態や、使用目的によっては非常に便利に使える商品だと思います。

強調したいのは、人を選ぶ商品だという点、材質や効果の割に値段が高いという点です。

巧みな広告によってこの2点が有耶無耶にされている事が問題だと考えます。

まずは実物を試してほしい

いろんな店で展示されているのですから、興味のある方はまず実際に見て触って掛けて、自分に合うか試してほしいんです。

いきなりテレビショッピングやネット通販で買うのはリスキーです。1万円以上するのですから。(裕福な方にとっては1万円なんて端金なのかもしれませんが。)

また、近くが見えにくい方はまず眼科や眼鏡店で視力検査を受けてみてほしいです。

そして必要であれば、自分の目に合う老眼鏡やメガネを作りましょう。

まとめ

●自分の用途に合う商品か確認する

●スタンドルーペなど他の商品と比較するのもよい

●広告だけではなく実物を見て確かめて

●老眼鏡やメガネが必要ないか検査を

シェアする

スポンサーリンク