ここが気に入らない – 『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』の不満点

前の記事では『最後のジェダイ』の良かった点ばかり書きました。終盤があまりにも素晴らしかったので途中までの不満が吹き飛んでしまったんですよね。

でも冷静になって振り返ってみると結構アラも目立つ映画だったなあと。そこまで完成度高くない感じです。この記事では『最後のジェダイ』の不満点をそこそこ辛辣に書いていきます。

少々ネタバレがありますのでご注意を。(他エピソードのネタバレも含む)

スポンサーリンク

敵が全然怖くない

この映画というかEP7からですが、敵が全然怖くないんですよね。ファースト・オーダーに怖さが一切ない。マヌケな集団にしか見えません。

悪役は怖くてなんぼですよ。ルーカスの『スター・ウォーズ』にはダース・シディアス(皇帝パルパティーン)という、とにかく邪悪で狡猾で恐ろしい敵がいましたよね。

アナキンをダークサイドに落としジェダイを殺戮し、ルークが寝返らないと見るや電撃で殺害しようとした許せない奴ですけど、悪役としては最高のキャラクターですよ。

長い年月をかけじわじわと共和国を乗っ取る様子には鳥肌が立ちました。権力を握るため自作自演の戦争まで起こすんですから並の悪役ではないです。

言うまでもないですがダース・ベイダーも名悪役ですよね。その他にもターキン総督やドゥークー伯爵、グリーヴァス将軍などかつてのSWには魅力的な敵が沢山いました。

EP8には残念ながら魅力的な敵がいません。

スノークが弱そう(弱い)

最高指導者だか何だか知りませんが、スノークは弱そうでカリスマ性が感じられません。外見も魔法使いの映画の例のアイツみたいですし…。まず覇気がないんですよ、枯れた印象を受けます。シディアスはもっとギラギラしていたぞ。

そのうえ、情緒不安定で中二病のカイロ・レンくんごときにあっさり殺害される始末。ほんとに弱いんじゃん…。心を読めるんじゃなかったのかよ。刃物の取り扱いには十分注意しましょう!

まあ確かにシディアスもEP6であっけなくやられましたけど、あれは選ばれし者アナキン(ベイダー)の、息子を助けたいという強い思いがあったからですよ。レンくんだったら反応炉へ投げ落とす前にビリビリで死んでると思います。

小物ハックス

映画の冒頭からバカにされてましたよねこの人。ポーに通信で「ハグス」呼ばわりされイライラ。器が小さい!

そもそもこいつ、若いのになんで将軍になれたのか謎なんですよね。一応スノークに見出されたからなんでしょうけど。そのスノークにさえ「小物」呼ばわりされています。小物だから扱いやすいんだって…。

スノークが殺害されたので今から自分が最高指導者だ「頭が高い、控えおろ~」と調子に乗っていたのに、レンくんにフォースで締め上げられ即屈服する情けなさ。

小物のフリをしているだけで実はシスの暗黒卿、スノークこそ彼の操り人形という設定だったら面白いんですけどね。

銀バケツ

一番無能で何のために存在したのか分からないのが銀バケツことキャプテンファズマ。長身で銀ピカのカッコイイ外見からは想像できない無能さ加減。フィンを「裏切り者」呼ばわりして処刑しようとしましたが、一番の裏切り者は自分だろうと。

コイツがいなかったらEP7でスターキラー基地破壊されてませんからね。我が身可愛さにシールドを解除し、味方に甚大な被害をもたらした大馬鹿者です。なんでのうのうとキャプテンを続けられてるんでしょうね。

レジスタンスのスパイなのではないかと疑うレベル。今作でも見せ場はなく、フィンとローズの処刑に失敗、フィンとの戦いに破れて転落するだけの役回り。せっかくいいデザインしてるのに、もう少し活躍させてあげられなかったんですかね……。

ファースト・オーダーの行く末

スノークの死亡により、情けない若造二人(レン&ハックス)に導かれることになったファースト・オーダー。部下たちは付いてきてくれるんでしょうか。愛想をつかした部下に反乱を起こされないか心配です。

そもそもこのファースト・オーダーという組織には不可解な点が多い。やたらと強大な軍事力・経済力を持っていますがどうやって手に入れたんでしょう。

未知領域を開拓したと言いますが、弱体化していた帝国残党がたった30年でここまで盛り返すという設定には無理矢理感があります。

特にEP7のスターキラー基地のようなトンデモ要塞(星を丸ごと基地化、移動可能、デス・スターを遥かに凌ぐレーザー砲)を作れるのはおかしい。

また、ファースト・オーダー設立の中心になったという元帝国軍将校はどこに行ったのか。彼らはメインキャラクターとして登場せず、正体不明なエイリアンのおっさんと頼りない若者二人が組織を率いているんですよね。

年齢的にも経歴的にも元帝国軍将校が上の位にいておかしくないはずなのに謎です。帝国瓦解から30年ほどしか経っていないのだから全員が引退しているとは思えないですし…。スノークたちが始末した設定なんですかね?

スケールが小さい

EP8は物語のスケールが小さく地味に感じました。

要約するとファースト・オーダーという強くて悪い組織が弱小レジスタンスの残党狩りをする話。敵が逃げていく宇宙船を追いかけて攻撃する場面が延々と続きます。

間にレイとルークの話やフィンがカジノ惑星へ行く話が挟まりますが、そちらも特に広がりがなく映画前半は盛り上がりに欠けます。

物語の終着点が分からない

どうすれば主人公たちレジスタンスの勝利となるのでしょうか。なんのために戦っているか分かりにくい。ラスボスだと思われていたスノークがあっさり倒されたことでますます戦う目的が不明瞭になりました。

「ファースト・オーダーから銀河を開放する」ことかもしれませんが、どの程度彼らの支配が及んでいるのか分からんのですよね。とりあえずEP7で新共和国の中心惑星は破壊しましたけど。

これから銀河支配を進めるのでそれを防ぐのがレジスタンスの狙いなんでしょうか。

次回作はどうするんでしょう。カイロ・レンを倒したところで「それが何?」という感じですし、物語の終わらせ方が見えてきません。ファースト・オーダー軍を一人残らずやっつけるのが勝利条件だとしても絵的に地味だし分かりにくいですよね。

EP9に「第2スターキラー」が出てきたらズッコケますよ。確かに分かりやすい破壊目標にはなりますが。

EP9は監督がJJになったのでちょっとありそうで不安。『ジェダイの覚醒』のような焼き直し映画はいらないので別の監督が良かったです。

主人公たちに魅力がない

レイ、フィン、ポーという新主人公たちですが、なんというか普通の人達なんですよね。オーラが無いというかカリスマがないというか…。確かにレイは修行も受けていないのにフォースを使いこなせてめちゃ強ですけど、説得力がないです。

普通の人に「強い」という設定を無理矢理くっつけた感じで、キャラクターとしてのリアルさがありません。生身の人間という感じがせず作り物感があります。フィクションだからこそキャラクターは人間らしくすべきだと思うんですけどね。

フィンは逆に徹頭徹尾普通の人だから不自然な感じはないですが、華もないです。敵を裏切って味方になったという点を除けば脇役感満載。

ポーは強すぎておかしいですね。神がかった操縦テクニックでフォース使ってるんじゃないかと。それとバックグラウンドがよくわからないから感情移入できません。ただ操縦が上手い人。それ以上の掘り下げがありません。

主要キャラの設定不在

キャラクターに魅力が無い点とも関わってきますが、主要キャラに深い設定が与えられてないです。スノークも結局何者かわからないまま退場させられました。ファンはいろんな考察、妄想をしていたのに回答を与えられず肩透かし。

スノークに関してはダース・プレイガス説、シディアス憑依説、メイス・ウィンドゥ説など色々あったんですけどね。

レイも結局スカイウォーカーや過去の作品に登場したジェダイの子孫ではありませんでした。飲んだくれ親に売られた娘という設定。習ったわけでもないのにフォース使いこなし、ライトセーバーを上手に扱える理由は謎のまま。

ライトセーバーの使い方がシディアスに似ていたので関係があるのではと言われていましたがそういう訳でもなかったと。これ、EP7時点では裏設定があったのに監督が変わってバッサリ捨てられた可能性ありますよね。

監督インタビューで、ルーカス・フィルムから「こう作れ」というような指示はなく自由に作れたというようなことを言ってますけど、設定くらい前作と統一しておいてほしかったですよ。

おわりに

この映画で面白かったのはルークの活躍する終盤なんですよね。レイ達はいま一つ活躍できないまま、ルークと名も無き少年に良い所を持って行かれます。

それにしてもルーカスの『スター・ウォーズ』って、やっぱり次元の違う面白さだったんだなあと強く感じます。色んな意味で神がかってました。

一部のファンから評判の悪いEP1やEP2でさえ今作の何倍も面白いです。物語の宇宙にグイグイ引き込まれるんですよね。他の映画とは世界観というか空気感が違います。あのセンスは誰にも真似出来ない。

下手に似せようとしてEP7のような焼き直し(劣化コピー)になるくらいなら、好きにオリジナル作品を作ったほうがマシ。その点ではライアン・ジョンソン監督で良かったと思います。

よく考えてみると今作の悪かった点の多くはEP7から引き継いだもの。前作からライアン・ジョンソン監督が作っていたらもっと別な『スター・ウォーズ』になっていて、そちらのほうが面白かったのかもしれません。

○関連記事:ラストが最高 – 『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』感想

『最後のジェダイ』終盤の良かった点をまとめた記事です。