冬景色が綺麗!アニメ「ゆるキャン△」3話から5話の感想

「ゆるキャン△」アニメ3話から5話を見ました。

テレビ放送はとっくに終了したのでdアニメストアで。半年経って現実世界は夏になってしまいました。

2話の感想はこちら

毎回思うけれどもオシャレですね~、なでしこの着てる服は。そして音楽も。

冬の澄んだ空気が画面から伝わってくる。背景がきれいだぁ。このアニメの魅力はそこにあるよな~。雰囲気アニメと言っていいのかもしれない。

美少女キャラ(萌えキャラ)を素敵に見せることも目的のひとつなんだろうけど、風景背景もそれに負けないくらい力を入れて描かれてる。映像がとにかく綺麗なんだよなぁ。心が洗われる。

しまりんはソロ充オタクを女体化した存在のような気がして仕方ない。独り言とかツッコミの入れ方とか雰囲気とか。それだけに視聴者から親近感を持たれやすいのかも?

斉藤さんはやっぱり既視感のあるキャラクター。いろんなアニメで見たことがあるような気がする。

スポンサーリンク

第3話「ふじさんとまったりお鍋キャンプ」

なでしこがりんに美味しくて温まるお鍋を作ってあげる話。

野クル(野外活動サークル)のあおいと千明がバイトを始める。

なでしこがしまりんに合流してキャンプする場面が描かれる。

あらすじにすると内容が殆ど無いように感じるけど、退屈することなくあっという間にエンディングになるし不思議なアニメですねこれ。担々餃子鍋うまそう。

冬キャンはほんと防寒をしっかりやらないと凍死しそう。見ていて不安になる。

なでしこ姉妹も暖房無しで車中泊してるけどよく寝られるなあと思った。この子達寒さに強すぎだろう。

秋に平野部で車中泊したことあるけど、それでも十分にやばかったぞ。風邪ひきそうになったし窓の結露がすごかった。

冬はしっかりした家の中でもヒーターを付けとかないと寒い。テントや車の中はほとんど外気温と変わらないと思う。本当にタフだな「ゆるキャン△」ガール達は。

なでしこが食べても太らない謎が溶けた。養分が全部熱に変わっているんだね。だから薄着でも寒くないと。

しまりんも細マッチョで基礎代謝が高いと見た。大量の荷物を積んだ自転車で山登るくらいだし強靭な肉体を持っているに違いない。涼しい顔で冬キャンできるのも納得だ。

第4話「野クルとソロキャンガール」

野クルの3人が冬キャンの準備するはなし。本格的なシュラフは高くて手が出ないから他の防寒対策を色々試してみる。

3話見て思った「コイツら寒くないのか」というツッコミの答えみたいなものか。しまりんとなでしこは平気な顔して冬キャンしてるけど普通の人は寒いよな。

免許を取ったしまりんの元に原付が配備される。さすがに自転車じゃキツかったか。と思ったけど楽するためと言うより遠出をするためみたい。

30キロしか出せない(出してはいけない)原付で山梨から長野まで行くからガチ。時間かかるしキツイだろうな。ガチキャンだやっぱり。

しまりんって修行僧的というかなんというか若干マゾが入ってる気が。ストイック求道者系女子。

余談だけど原付(50cc)って遅いし2段階右折など制約が多い割に新車20万だから割高よ。原二(51~125cc)のほうが速いし維持費あんまり変わらんし良さげ。

ただ免許は小型二輪になるから実技が必要だしお金もかかる。高校生のしまりんにはキツイか…。

あとエンジン音が2ストローク(オイルを燃料と一緒に燃やす昔ながらのエンジン)だよなぁしまりんバイク。メーター等見た目は最近の4スト版ビーノ(YAMAHA)っぽいんだけど。

一応2ストビーノというのもかつて存在していたらしい。見た目もそこまで変わらない。まあ二次元世界は三次元とイコールじゃないから細かい所気にしても仕方ないのだけど…。

しまりんママ登場。本人にそっくり。そのまま大人にした感じ。

ママはしまりんを早朝にお見送り。免許取ったばかりの娘を心配していろいろ念を押すんだけど、本人は「わかってるよ」って鬱陶しそうにするシーンが好き。親子って感じがしていいなぁと。ほっこりする。

第5話「二つのキャンプ、二人の景色」

温泉でほっこりしている野クルの3人と「さむー」と言いながら半泣きで原付を駆るしまりん。

免許取り立てでこの距離は無謀だったかもと言ってるけど、原付って元々遠出に向いた乗り物じゃないぜ。基本近距離用。遠出するのにはゲームの縛りプレイ的な楽しさはあるけど。

冬は日陰の路面が凍結してることがあるから二輪は危険なんだよなあ。

しまりんは今回150km以上走ったようです。でも温泉が閉まってたり、雲で景色が見られなかったり散々。悔しがる独り言(と心の声)が可愛い。「ボッチでボッチ山登り」とか。

やたらと風景がリアル。冬枯れで荒涼とした感じがもう画面からビシビシ伝わってくる。風が画面から吹いてるし、冷たい空気がこちらへ流れてくるような錯覚を覚える。

野クルの3人が食べてた温玉揚げやしまりんのスープパスタうまそ。見てるとおなかがへる。このアニメ食べ物の描写にも凝ってるな。温玉の黄身の動きが偉くリアルだった。

あとがき

最近の萌えアニメはプラスアルファで何か提供しないといけないのだろうなあ。視聴者の目が肥えてるから美少女がキャッキャウフフしてるだけでは流行らないのだ。

美少女成分を抜いても魅力的な何かが要ると。ゆるキャン△はそれを提供したから大きな支持を得ているのでしょう。美麗な景色とか、キャンプ豆知識とか、うまそうな食べ物とか。

6話から8話の感想はこちら

定額アニメ見放題サイトならdアニメストアがおすすめ。「ゆるキャン△」も見られます。月額400円(税抜)で最新作を含め2500作品以上のアニメが見放題。さらに初回31日間無料です。