劇場版『のんのんびより ばけーしょん』感想&深読み妄想:夏海とあおいについて

のんのんびよりの劇場版を見てきた。かなり満足。映画館まで行って見る価値があった。

映像はめちゃくちゃ良く動くというわけではなけど丁寧で安定感がある。南国の風景が素敵で本当に旅行したような気分が味わえた。

※以下ネタバレがあります。ご注意ください。

スポンサーリンク

劇場版らしさ

『のんのんびより ばけーしょん』は劇場版らしくTV版とは一味違う雰囲気だった。日常系の劇場版にはいつも通りの話をスクリーンでやっただけの作品もあるけど、本作は趣向を変えていた。

のんのん村(仮称)一行が沖縄旅行へ行って帰ってくるまでの話。TVアニメ版『のんのんびより』は村での出来事が中心だから特別な感じがした。

(余談だけど、ごちうさ映画『Dear My Sister』は分割してTVでやって欲しかった…。いつも通りにやるもんだから長い尺を活かしきれず間延びしているように感じた。OVAの劇場上映なので劇場版として作られた『のんのん』と単純比較はできないのだけど。関連記事はこちら

舞台は本島じゃない

沖縄旅行というから沖縄本島が舞台かと思いきや飛行機が着いたのは石垣島。そこから船で竹富島へ。本島より台湾のほうが近いような場所。えらい遠くへ行ったなと。竹富島は高いビル等も無くのんのん村と変わらないくらいのんびりした田舎の島。

映画の大部分はみんなが竹富島で楽しく過ごすシーン。いかにも日常系的な内容なんだけど、夏海が主人公のような立ち位置で彼女とオリジナルキャラあおいの交流にはドラマ性があった。

オリジナルキャラあおい

あおいは一行が泊まった民宿の娘で夏海と同学年。民宿の仕事を手伝っており夏海よりしっかりしていて大人びている。でも意外に共通点もあって夏海は親近感を覚える。

夏海と同学年という所がポイント。のんのん村には同じ学年の子がいないのだよね。教室のプレートを見ても分かるように皆学年がバラバラ。仲は良いんだけど姉や妹みたいな存在。実は対等な関係の友達はいなかった。

あおいは夏海にとって初めての同年齢の友達。だんだん仲良くなっていって別れが辛くなる…というエピソードが観光シーンの間に挟まれる。あおいの暮らす竹富島は物理的にすごく離れているからもう会えないかもっていう切なさがある。

この二人のエピソードは構造的にTVアニメ1期の4話と同じ。れんげが、村へ遊びに来た同学年の女の子ほのかと交流する話の夏海バージョン。

深読み(妄想)をする

どうもこの夏海とあおいのエピソードはやろうと思えばもっと膨らませられたように思う。終盤で盛り上がりそうだったけど何も起こらず「あれ、これで終わっちゃうの」と少々拍子抜けだった。

二人のエピソードを膨らませず淡々と終わらせたのは『のんのんびより』原作やTV版の作風を壊したくなかったからだと思う。ドラマチックにし過ぎて日常系の枠からはみ出さないようギリギリのところで踏み留まった感がある。

なんでこんなことを考えるのかといえば、盛り上がるドラマが作れる材料というか伏線のようなものを出してきていたから。

この映画にはあおいに関する意味深なシーンがあって劇的なクライマックスにつなげることができそうだった。と言うか視聴中は本当に伏線だと思っていた。劇場版だからいつもとは趣の違う終わり方になるのかなと。

不穏な壁打ち描写

最初の伏線らしきもの。夏海が夕食後バドミントンの壁打ちをしているあおいを見つける場面。暗い中隠れて壁打ちをやっているから不穏な感じで何か訳がありそうな演出になってる。

あおいは壁打ちしていることを母親に知られるとマズいらしい。だから母が来たときラケットを隠してほしいと夏海に頼んだ。

見つかると壁が傷むという理由ですごく怒られるとのこと。布団叩きを持って追いかけてくるんですって。

でもシャトルが当たったくらいで大した損害はないでしょう。脆い感じの壁ではなかった。母は几帳面でちょっとした傷も許せない人なのだろうか。怒り方も異常だ。

それにたとえ壁が傷んだとしても娘が打ち込んでいるスポーツの練習なんだから許してあげてよと思う。遊ぶ時間を削って宿の仕事を頑張ってるんだし。

母親にラケットを見られるだけでマズいというのも少々不自然。シャトルを隠して素振りしてたって言えばいいじゃん。素振りさえ許してもらえないのかなと思ってしまう。

壁打ちがダメというより、家でバド練習している所を見られるだけでアウトというような印象を受けた。

壁打ちシーンの意図

夜の壁打ちは表面的に見るとあおいと夏海の共通点(運動が得意&厳しい母がいる)を描くためのシーンに見えるけど別の意図も隠されている気がしてならない。

どうも普通じゃない。引っかかるよ。いつもの『のんのんびより』とは空気が違って、裏に何かありそうな雰囲気が漂ってる。

そこで考えたのが母親がバドミントンをさせたくない説。理由はよく分からないけど、あおいがバドをやっている事自体よく思ってないのだ。バドをしている暇があったら民宿の手伝いをさせたいのかもしれない。

あおいは単なる手伝いというより一人の従業員として働いていた。ゆくゆくは民宿を継がせたいというのが両親の考えのようにも見える。バドミントンは余計なこと、お遊びをしている時間があったら将来のために民宿の仕事に打ち込みなさいということなのかも。

そういう予想をして見ていたら後半に「バドミントンさせたくない説」を補足するような場面があった。

それは夏海とあおいのバドミントン対決シーン。これを見てやっぱりなと思った。母があおいにバドをさせたくない理由が分かる。

あの夏海が完敗

夏海はバドであおいに勝つ気満々だったんだけど手も足も出ず完封された。あおいは圧倒的に強く夏海は飛んでくるシャトルに反応することすら出来なかった。運動神経が自慢の夏海でも全く歯が立たないのだからあおいの実力って相当のものですよ。

これって超意味深。やっぱりあおいには並外れたバドの才能と実力があるんだよ。これってもうそういうことでしょう。だからやらせたくないんだな親は。

あおいはクラブで真面目に練習してるから上手い、夏海は真剣に練習してないから弱いっていうような差じゃないよこれは。生まれ持ったものが違うっていう表現に見える。

日常系ほのぼの映画にわざわざこういうシーンを入れた意味を考えてしまう。普通なら仲良くバドをしましたー。やっぱりあおいちゃんは強いねーでいいじゃないですか。

まともに試合にさえならないって一体…。こまちゃんが呆れるくらいボロ負けだった。ここまで極端な実力差を描いていると何か深い意図があるに違いないと勘ぐってしまうよ。

このシーンで伝えたいのはあおいのバドミントンの圧倒的な強さだと感じた。才能も垣間見えるけど一番重要なのは中学生としては飛び抜けて上手ということ。

それが母親があおいにバドミントンをさせたくない理由になっている。

上手いからやらせたくない

あおいが飛び抜けて上手なことでなぜ母親がバドをさせたくないと思うのか。それには竹富島が小さな離島であることと家業の民宿が関係している。

簡潔に言うとバドミントンを頑張ることがあおいが島から出ていくことに繋がってしまうから。

劇中では言及されてないけど竹富島には中学までしか無い。卒業後は別の島の高校に通うことになる。石垣島なら船ですぐなので家から通えて特に問題はない。

でもバドミントンで上を目指そうと思うなら話が変わって来る。強豪校へ行って強い人達と練習したほうが良いだろう。実際あおいには上を目指せるだけの才能と実力がある。

そうなると沖縄本島や県外へ出ていかざるを得ず民宿の手伝いをさせられなくなるし、将来的にバドミントン選手になってしまうと後を継がせることもできない。

だから母親はあおいがバドに熱を上げることをよく思わず、ほどほどにして欲しいと思っているのだ。強くなったらより強い相手と戦いたくなるし上を目指したくなるのが人情。そうなると島から出ていかざるを得ない。

上を目指したり強くなったりしなくてもいい。だから家に帰ってきてまで練習する必要は無い。それより民宿の仕事を手伝ってと考えていそう。

壁打ちぐらいで激しく怒る背景にはそういう事情がありそうだ。ほとんど筆者の妄想だけど。

あおい母の思い

劇中の描写を見るに、あおい母は娘のことを大事に思っているのは間違いない。でもバドミントンで夢を見るより堅実に家業を継いでもらいたいと思っている感じがする。

沖縄の離島には観光以外の産業があまり無く働き口も少ない。あおいが故郷の島に残って食べていくためには民宿を継がせるのが一番だと考えているのかも。

子供を自分の近くに留めておきたいとか、娘一人が見ず知らずの土地で暮らすのは不安だとか、慣れ親しんだ美しい島で暮らして欲しいとか、自分たちが頑張って切り盛りしてきた民宿を守って欲しいとか、いろいろ思いはありそう。

大人びているあおい

あおいは明るい子だけど夏海とは違い少し陰もあるように見える。同年齢とは思えないくらい大人びているのは無理をして大人になろうとしているから。

母親の期待に応え後を継げるよう民宿の仕事も頑張っている。でも大好きなバドミントンは諦めきれない。本心では選手になりたいと思っているのかもしれない。バドと親の板挟みで葛藤してるんだろうね。

深読みと言うか妄想なんだけれども、この映画にはそう思わせるような描写が多い。

ノーマルエンド

劇場版の終わり方はギャルゲー等で言うとノーマルエンドであって、別にトゥルーエンドがあるように見えた。夏海はフラグを立てられなかったのだ。

夏海とあおいには温度差があった。はじめて出会えた同年齢の気が合う友達だから夏海はあおいちゃんが大好き。本気で泣くぐらい離れるのが辛い。

でもあおいにとって夏海は沢山の宿泊客の一人でしかなく、よくある出会いと別れだからそこに感傷はない。夏海の片想いみたいな形だった。

もっと親密になっていれば(好感度を上げていれば)あおいがバドミントンと親に関わる悩みを打ち明けてくれて、ドラマチックなラストシーンになっていたのかもしれない。夏海の後押しで親の反対を押し切ってでもバドミントン選手になることを誓うとか。

まぁ、そういう展開は『のんのんびより』が日常系である以上ありえないのだけど…。

もし別ジャンルだったら…

スポーツものだったら全国大会で会おうエンドになりそうな流れ。

夏海はバドでボロ負けしたことで自身の運動神経を過信していたと悟り、村に帰ってからあおいに追いつくべく必死で練習する展開になりそう。何事にも不真面目だった主人公が目標を見つけて頑張るきっかけになりそうなエピソードだった。

キービジュアル

妄想話は終わり。他のキャラについてコメント。

ひかげは映画でもいいキャラしてた。欲望に忠実なくせしてそのことを悟られまいと見栄を張る。とても見苦しいのだけどそこが人間臭くて好き。TV版以上に情けないシーンが多く印象に残った。

一方このみはとにかく存在感が薄かった。無口な兄ちゃんより目立っていない。そのことを頭に置いてキービジュアルを見るとこのみだけ横向いてるのが引っかかるんだよね。

©2018 あっと・KADOKAWA刊/旭丘分校管理組合劇場 「劇場版 のんのんびより ばけーしょん」公式サイトより引用 (クリック、タップで大きい画像)

このキービジュアルはよく出来ていて映画でのキャラのスタンスがバッチリ分かる。かなり計算されて作られている印象を受けた。

れんげは一番手前でにゃんぱすポーズしていて存在感抜群。積極的に沖縄を楽しもうと張り切ってる。

この映画では主人公格の夏海があおいの手を引き手前へと走っている。他のキャラは止まっているのだけどこの二人は動いている。二人にはドラマがあり映画のアクセントになっていることを表しているのだろう。

出番は多いものの夏海たちに比べると脇役的ポジションのほたるんとこまちゃんは手前の端で仲良くお座り。後ろに目をやると携帯を見せつけるようなポーズでドヤ顔をしているひかげがいて、駄菓子屋はかず姉がやらかさないよう制止中。兄貴は一番奥でたそがれている。

本編を見なくてもキャラの性格や映画での役割がよく分かるいい絵だ。

でもこのみだけ浮いてる。女性キャラはみんな前を見ているのに彼女だけは横を向いていて横顔と片目しか見せていない。出番が少ないことを暗示してるんだろうなやっぱり。本編見ても「あ、この子も来てたんだ」ってくらいの存在感だったもの。

あとがき

深読みというか妄想をしてみた。ただ映画館で一度見ただけなので見落としているシーンや解釈の誤りがあるかもしれない。円盤や配信で見られるようになったら止めたり戻したりしながらじっくり見て再度考察したい。