アニメ『百錬の覇王と聖約の戦乙女』5話、6話の面白シーン紹介&感想

前回の記事(1話から4話)に続いて5話からアニメ版『百錬の覇王』の面白シーンを紹介していく。ネタとして楽しめるシーンを取り上げるので、真面目な解説を読みたい方には満足してもらえないと思う。

※ネタバレあります。

スポンサーリンク

第5話「虎を食う獅子」

4話までは日常パートが多く退屈なシーンも多かったが、この話数でやっと面白くなる。5話は全12話中で一二を争う面白さだった。

アバンの謎回想以外はほぼ合戦シーンなのだがツッコミどころ満載。普通に見ても面白いしツッコミを入れても楽しめる傑作回。

低予算だけど動かそうと苦労しているのが伝わってくるので馬鹿にできない。絵はかなり崩れているのだけどちゃんとアニメーションしていて紙芝居シーンが少ないのが素晴らしい。

シュールな合戦

合戦シーンがほんとシュールでニヤニヤしてしまった。できる限り動かそうとスタッフが頑張っているのは分かるけど、やっぱり絵面が可笑しい。モブ兵の顔が落書きみたいだったりするし。

予算が少ないとカッコいい戦闘シーンを作るのが難しいのだろうな。深夜アニメに日常系が増えるのも理解できる。あまり動かさなくても良いから、低予算でも割と見られるものが出来上がる。

大規模な戦闘シーンを入れると今回みたいな出来になるよなぁ。遠くの馬や兵士はCGで動かして作画節約してるけど、手描きの部分は崩れまくりで無理してる感じが伝わってくる。日常パートだけアニメ化したらここまで崩れなかったと思うぞ。

各シーンについて

再生時間(3:20) ステインソール(画像右)に瓜二つの2Pカラーがいる。兄なのだが色以外ほぼ同じ見た目。後半で話に関わってくるので覚えておくべし。

©鷹山誠一・ホビージャパン/ユグドラシル・パートナーズ(以下の画像も同様) 第5話より引用

(4:45)

ステインソール軍との合戦。主人公が「ファランクス、前進!」と命令したのだが、前進したのは敵軍だけでファランクス隊は棒立ち。

画像の左側が敵のステインソール軍で右側が主人公のファランクス隊。左の敵兵がたたーっと右へ駆け出しているのだが主人公サイドは止まったまま。CGで描かれてるけど指示を間違えたのかな。

そのため敵兵が自分から槍ぶすまに突っ込んで串刺しになるという、意味不明な映像になっている。

(6:15)

ヤク中しぶりんことスカーヴィズの馬の色が変わる。

(8:10)

普通に見ていても気づかなかったけどニコ動コメのおかげで分かった。影の関係で色が変わったのかなとも思ったけど位置が変わってないしただのミスでしょうね。

こういうツッコミどころの多いアニメはニコ動で見ると楽しめる。馬鹿にしながら見てる割に細部までよく観察しているなと、コメントしてる人達に感心する。

スカーヴィズさん

このスカーヴィズさんだけど「ヤク中しぶりん」とか「ダークエルフVTuber」と言われていて笑える。それにカットごとにコロコロ顔が変わって面白い。

大体崩れた感じの変な顔なんだけど稀にイケメンになるのが興味深い。一部だけ上手い人が描いてるな。

(8:50)

金髪ちゃん(フェリシア)「そのHIP(匹夫)が突っ込んできます」。このセリフが原因でステインソールは視聴者からHIP呼ばわりされることになった。

主人公はステインソールの活躍を匹夫の勇(思慮も分別もない腕力に頼るだけのつまらない勇気)扱いして馬鹿にしている。自分は安全な後方にいて戦わないのにね。

(Bパート開始)

と同時にステインソール兄(2Pカラー)死亡の報せが。CMの間にスカーヴィズに討たれた模様。ショックを受けたステインソールは変な形の肉を落とす。

八つ当たりで蹴り飛ばされた参謀がゴロゴロっと転がる(絵は崩れていても動きに手を抜いていないことが分かる)。やっぱHIPだわ。でも正気に戻ってごめんなさいできる偉い子。血を吐いたのに文句を言わない参謀も人間が出来ている。

(15:10)

ステインソール1人を7人で囲んで攻撃するシーンがほんとシュールで笑いが止まらない。「エインヘリアル7人掛りだ。これでも笑っていられるか!」と勿体ぶっているけど、そのうち4人は地味な外見で弱そうなモブ。

しかも止まっているステインソールの背後から矢を射ったのに何故か外す。赤髪が気付いて避けたわけではない。弓兵はエインヘリアルなのにクソエイムだな。

メタな見方をするとシナリオ上ここで矢が当たったらまずい。赤髪が死んで話が終わっちゃうからどうやっても当たらないのだ。別に弓の腕が悪いわけじゃないのだ。

(16:05)

やる気もなく、だらーっと川を渡ってくる敵兵。矢に射られた時の気の抜けた声がツボ。「うわっ」。おまえ、痛いだろうになんでそんな他人事みたいな声出すんだよ。

(16:30)

囲んで別々の方向から武器を振り下ろせばよかったのにね。

それ以前にこの角度からの攻撃を防げているのが謎(下の画像参照)。普通なら剣は凌げても槍が刺さってるはず。はっきり言っておかしい。

3人で攻撃するカットの次がハンマーの柄で防いでいるカットだから、一瞬で槍の動きが変わったことになる(刺すモーションが叩くモーションに)。

槍の持ち方的に上の画像みたいに防ぐことは不可能。突き刺す動きを上の画像のように防いだのならモブ2人の手首がすごい角度に曲がっていることになる。

(16:40)

ステインソールは特殊能力を使い筋肉モリモリのマッチョマンになるが、筋肉は次のシーンで元に戻っている。ゲームの技エフェクトみたいなもので実際に筋肉が増えてるわけじゃなのかな…?

不可解な戦闘

このステインソール戦はゲームの「負けイベント」みたいに、どうやっても勝てないように作られている感じがして極めて不自然。

普通に7人掛かりで攻撃したら勝ってしまい、主人公の「秘策」を見せる機会が無くなってしまう。そうならないようキャラが不可解な行動を取らされている。

同時に攻撃せず順番に襲いかかったり、矢を外したり、槍が刺さらなかったり。そのせいでシュールな絵面になる。

作画が悪いから間抜けな絵面になってるわけではないのだ。脚本や演出の時点でおかしい。

オチは本編で

この後主人公がトンデモな策を使い赤髪を倒すのだが、話の核心に関わるのでネタバレしない。未視聴の方はアニメ本編で確認して欲しい。

個人的に「その策はちょっと無いだろ」と思った。準備が大変なうえ一人を潰すために使うにはデメリットが大きすぎる。

とりあえず知識チートによる派手な見せ場を入れたいから、大掛かりかつ回りくどい方法を取ったのだろうなという印象。

第6話「戦乙女の休日」

5話とは打って変わって非常にしょうもない話。全12話中で一二を争う酷さ。妖怪足舐めまで出る。

YOU君がヒロインズと温泉に行くサービス回なのだが、下品すぎて見るのが辛い。アダルトアニメかよコレ…。本筋と関係ないし円盤の特典にすべきだと思った。深夜とはいえ公共の電波に乗せないほうがいい。

なんだか世界観もおかしい。温泉施設が現代日本っぽいのはともかく、生えてる木まで日本っぽい。もっと荒涼としてませんでしたっけこの世界。

第6話より引用

みどころシーン

(3:30)部下のモブおっさんによる主人公上げが激しい。なぜそこまで褒める?気付いてないだけで主人公は洗脳チート持ってるんじゃないかと思ってしまう。

そういえば前回はスカーヴィズが主人公を「天地自然の理を操る山海の覇王」と称していた。過大評価にも程がある。スマホ使えるだけのガキだろ。

(14:05)『名探偵コナン』のアイキャッチかな? オレンジ髪(イングリット)ちゃんの工房入り口の扉。

イングリットちゃんは、主人公がスマホで得た知識を元に、古代世界に存在しない武器や道具を作ってくれる便利キャラ。

紙やガラスを作ることによって、軍事だけでなく経済面からも主人公の氏族を支えている重要人物。それなのに主人公は全然感謝していないように見える。現代の幼馴染以外に興味がないのかもしれないがもっと大事にしろよと思う。

働きの割に出番が少なかったりと色々不憫な子。今回は銀髪(ジークルーネ)に「お前の刀はイラネ」みたい態度を取られてしまう(14:21)。こんな扱いじゃストレスも溜まるわな…。

温泉パート長すぎ

本筋は説明不足で駆け足なのに、どうでもいいお色気シーンにはしっかり尺を取るという謎采配。Aパート全部使って温泉ってどうなのよ…。

ガラスのおかげで経済が潤ってるとか、無償で教育を受けられる仕組みを作ろうとか、内政描写があったけど、ソープシーンの後にこれを持ってくるから重みがなくなる。イングリットちゃん登場シーン以外は面白みのない回だった。

『百錬の覇王』はネット上じゃクソアニメ扱いされているし、6話はかなり酷かったけど、キャラに魅力がある分マシな部類だと思う。少なくとも『スマホ太郎』よりは見れる。

続き:7話感想&原作の検証