TVアニメ「えんどろ~」感想:日常系+異世界+軽い考察要素

日常系とファンタジーを合わせた『えんどろ~』ですが、意外と考察要素がありました。世界観の謎が気になりそれを楽しみに見ているのですが、当たり回と外れ回の差が大きいです。

本当に内容が薄く見るのが辛い回があれば、考察が捗る刺激的な回もあります。

3話「クエスト実習~!」

ユーシャの「いよいよ明日からクエストの実習だね」という説明台詞から始まります。

セイラは真面目キャラだと思っていたけど、かなりの天然でした。ツノゴリラのことを語りだすと止まらない。全員ボケ役のパーティなんですかこれ。

転生ものにありがちなアレ

今回はクエスト実習をする話。OPが終わり本編が始まると「冒険者ギルド」なるものがドーン…。転生ものファンタジーとかによくあるけど、何なんでしょうねこの組織は。

正直あんま好きな存在じゃないです「冒険者ギルド」。世界観が適当だと分かってしまってちょっとしらけます。なろうテンプレ的チープさがある。

だって完全にゲーム脳(ゲーム的思考)に基づいて作られてる組織じゃないですか。要するにゲーム(中世風RPG等)で依頼受ける場所ですもんね。それ以上の深い設定はなさそうだし仕組みも良く分かりません。

作られるに至った経緯とか整合性を放棄して、お約束だから受け入れてねってノリが嫌。ゲーム的なお約束を知らない人には理解できない存在。

そもそも本来のギルドってそういうもんじゃないでしょ!職安とか人材派遣業者とは違うでしょ。せめて呼び方だけでも変えればチープさが減るのではないかと思います。

…というのはあくまで個人的な見解です。失礼いたしました。

やっぱゲーム世界?

この回ではネコ探しで森に侵入、モンスターと戦うのですが倒すと宝箱に変わります。さらにメッセージを言うため森のなかにずっと突っ立ってる男がいたりします。

この作品の舞台はゲームっぽい世界ではなくゲーム世界そのものだと開き直ってるからギルドがどうとか細かいところに突っ込むのは野暮ですね。第1話でエンドロール流れたものなぁ。

それが頭では分かっているのですが、細かい設定の粗さ(ゆるさ?)が気になってしまいます…。

メガネ

セイラは本来メガネっ子だったようです。エルフなのに弓が得意じゃなくハンマーを使っていましたが、実は目が悪いのが原因でメガネを掛ければ上手に射てます。ぐるぐるメガネなのがツッコミどころ。この世界には普通のメガネはないのかな?

ガリ勉に見られるのが嫌だから普段はメガネかけてないだけとのこと。動機がちょっと『ゆゆ式』のゆずこに似てますね。

3話は結構長く感じました。体感時間は45分くらい。2話が面白かったから期待したけど失速している気が。絵はほんっとうに可愛いのだけどストーリーがちょっと眠いですね。会話の掛け合いが面白くないのも残念です

あと今回はマオちゃん先生が一瞬も登場しませんでした。なぜだ?

4話「海と水着と邪神討伐~!」

もう夏休みの話。時間の流れが早いです。ユーシャたち4人は課題のレポートを兼ねて島に遊びに行きます。

今回は結構面白かったです。眠くならない。

若干狂気が入った感じのシナリオが良かったです。鯖から人間の足が生えた鯖魚人が出たり、封印されていた邪神が復活したり。

考察要素あり

今回のユーシャパーティは妙に強いんですよね、邪神相手に互角以上の戦いをします。描かれていない期間に何かあったんでしょうか。

何かの伏線の可能性も考えられます。マオだけではなくユーシャパーティも未来から過去に戻ってきているのでは?マオの反対で記憶は無いけどで戦闘力は引き継がれているとか?

もしくは1話で流れたエンドロールの後の2周目なのかも。記憶は無いけど強くてニューゲーム状態とか。世界観や時間遡行に関する情報はちょっとずつしか出てこないので、まだ全容が分からずとても気になります。

ドラゴンのちびちゃんが場面の転換毎に映っていたのも意味深でした。復活した邪神を食べてしまったし只者ではなさそう。物語の鍵になるキャラの可能性があります。

2話のマオの回想、渦に飲み込まれるシーンに出ていた緑色の何かは成長したちびちゃんなのかもしれません。

この顔ED映像の最後の方で海から出てくるドラゴンによく似ています。

また、ちびちゃんは1話冒頭の魔王戦にはいませんでした。時間を戻したのはこいつで、1話のエンドロール後、ユーシャが起きるところから2周目。ドラゴンはちびちゃんの姿になってユーシャパーティに同行とか?現時点では判断できませんが。

次のページ:5話、6話感想

タイトルとURLをコピーしました