意味不明だけど楽しい:『さらざんまい』全話視聴後の感想

2019年春アニメ『さらざんまい』は、筆者が初めて見たイクニ(幾原邦彦)監督作品です。

『輪るピングドラム』や『ユリ熊嵐』の名前は知っていたけど難しそうだから敬遠していました。

『さらざんまい』もとっつきづらいアニメなんだろうなと思いつつ、今期は見たいアニメが少なかったので試しに1話だけ見てみることに。

意外にも一瞬で好きになりました。テーマは難しそうなのだけど、奇抜な映像と世界観がとても魅力的でした。それだけで十分見れる。

ふざけながらシリアスなことをやる変なアニメですが、それがいい。なんか癖になる。

カッパになった主人公たちが歌いながら化物と戦うシーンや、警官のカワウソ踊り(カワウソイヤ)は何度も繰り返し見たくなる奇妙な魅力があります。

スポンサーリンク

難解ではあるが

あと、画面の情報量が多いんですよね。考察しようと思えばいくらでも考察できそう。何かのメタファーらしきものがふんだんに散りばめられてます。

例えば、◯の中に「ア」が書いてある謎の標識。これは街のあちこちに現れるけど、最終回まで見ても何のことやら分かりませんでした。

とはいえ考察が苦手な人でも楽しめるような作りになっています。深い意味が理解できなくても、感覚的に気持ちがいいから見続けられる。

演出が独特なので画面を見ているだけでも楽しいですし、ストーリーも終盤以外はベタな人間ドラマ。分かりやすい部分だけ見ても十分楽しめるアニメです。

ただ、男性向けの萌えアニメではないので可愛い女の子がほとんど出ません。レギュラーキャラではアイドルの吾妻サラくらい。

でもメインキャラの中学生3人は、男の子なのに妙にかわいらしい外見をしています。若干色っぽさも感じる絵です。

少々BL臭がする所が男性視聴者にとっては気になるかもしれません。警官コンビは完全にそっちの層を狙ってやってますね。

でもまあ、それは味付けみたいなもので、ストーリー自体は性別関係なく受け入れられる内容になっていると思いますよ。

謎の生命体ケッピ

カッパ型生命体ケッピというやつがいて、主人公たちをカッパに変えるのですが、こいつが妙な形に変形するのが面白い。

ほんと変幻自在で何にでもなれます。普段は四足歩行だけど、急に足が伸びて二足歩行になったり、ホモォみたいな姿になったり、筋肉ムキムキになったり、シリアスなシーンでも笑わせてくれます。

その一方で行動の意図が読みにくく、敵か味方か分からない感じが良かったです。マスコットキャラが実は悪いやつっていうパターンがあるからねぇ。『まどマギ』のキュゥべえとか。

話数のこと

全11話なのですが、第6話で一旦完結。というか話に区切りが付きます。第7話からバンクシーン(警官の踊り、カッパになって化物と戦闘)が無くなり少し雰囲気が変わります。

普通の人情ドラマみたいになって、ちょっと失速気味かなと思ってたんですが、第10話が凄く良かったんですよね。種明かし回で、警官(レオマブ)の意外な正体が分かってめちゃくちゃ興奮しました。最終回直前で盛り上げてくるね。

全11話というのは最近のアニメのなかでも特に短いほうですね。ノイタミナ枠の1クールアニメは11話になることが多いようです。なんでなんでしょう。

尺が足りないためか終盤ちょっと駆け足になっていたのが残念です。2クールあればもっと時間を描けて深く描けたと思います。せめてもう1、2話余分にあるだけで違ったの思うんだけどなぁ。

どういう事情があったのでしょうね。多くない予算内で映像のクオリティを保つために話数を少なくしているのかな?

ただ、話数が少ないため話のスケールが小さくならざるを得なかったようにも思います。

※この後少々ネタバレがあるので未視聴の方はご注意ください。

最終回について

最終回も丸くおさまってハッピーエンドっぽかったのは良かったのだけど、意味が今ひとつ分からなかったです。

無理やり辻褄合わせをして終わらせたようにも見えてしまう。伏線を張るには話数が足りなかったからなのか知りませんが、予定調和的にハッピーエンドになったのは謎でした。精神世界みたいな所であれこれやって全部解決。

しかしなんでレオマブ生き返ってんだろ?ケッピとサラは完全体に戻ったはずなのに最後はいつもの姿で登場したし、どういうことなんでしょうね。

全く説明がないです。考察が得意な頭のいい人にだけ伝わればええやろって感じの作り。噂通りイクニ作品って難解ですねぇ。なんじゃらほい。

もしやバッドエンド?

考察ってよく分かりませんがちょっとだけ考えてみました。

もしかして二つの世界があるのかな?それが川でつながってるのかな?とは思ったのですが、その先は自分の頭では理解できませんでした。

最後3人がカッパの姿になっていたけど、もしかして本当はハッピーエンドじゃないのかなこれ?ハッピーエンドっぽくはあるのですが、微妙に引っかかるんですよね。

辛い未来が訪れ、絶望した一稀と燕太は自殺。出所後の久慈は川に身投げ。お迎えに来た二人と合流。カッパになってあの世で仲よくやろうぜっていうことなのか、もしかして?

◯アはあの世ってことなんかねえ?カッパの天使がいる天からのお迎えみたいな映像もあったしなぁ。

そう解釈するとなんかクレイジーな話。白ケッピと黒ケッピの融合が示しているように、最終回では二元論の否定をやったように見えます。

希望と絶望は一つのもの。つまり、生と死も一つのもの。死んだら終わりというのは概念であって嘘(ウッソー)。もしやあの世で幸せになることを訴えてるのかねぇ…???

もしも、最後のシーンのテロップ「いざ、未来へ」というのが、この世のその先(来世)で幸せになろうって意味だったり、現世で終わりじゃない、人との繋がりがあれば死んでもあの世で幸せになれるよってメッセージだったら怖いですねぇ。

繋がれなかったカパゾンビは「死に損だ~」と言って消えたのに対し、繋がっていたレオマブは復活できてましたし…。繋がっていれば死んでも終わりじゃないんか??じゃあやっぱり一稀たち3人も…?

……よくわからないですね。最終回を見て謎が解決するどころか、謎が何倍にも増えました。

一稀ってどんな人?

一稀はいいヤツに見えて実はかなりどす黒い人物なんじゃないかという疑問を途中まで持っていました。有耶無耶なまま終わりましたが、フツーにいいヤツだったってことなのでしょうか?

彼は困っている人にしか興味がないように見えたんですよ。誰かを助けることや、誰かのために頑張る自分が好き。でも助かってしまったらもうそいつには興味なしみたいな。

何かに困ってない人の気持ちなんて一切気にも留めないヤバいやつのような気もしたんですけどね。考えすぎかな。でも。久慈の電話番号を登録してなかったのは謎でした。

おわりに

分からないことだらけでしたが、演出が面白く、笑えるシーンも多かったので見てよかったです。

『さらざんまいのうた』や『カワウソイヤ』のシーンは何度も見ても楽しい。願わくば最後までそのノリでやって欲しかったです。

微妙に裏がありそうで怖い終わり方でした。