【2019年夏アニメ】見た作品と第1話の感想

2019年夏アニメが始まりました。視聴した作品の1話感想を軽く短めに書いた記事です。

なお、気になった作品しか見ていません。全部見たわけではないのでご注意を。

スポンサーリンク

もくじ(見た作品一覧)

手品先輩

ソウナンですか?

荒ぶる季節の乙女どもよ。

ありふれた職業で世界最強

ダンベル何キロ持てる?

魔王様、リトライ!

異世界チート魔術師

通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?

『手品先輩』1話感想

©アズ・講談社/手品先輩製作委員会

原作はヤングマガジン連載の漫画。部活が強制なので仕方なく奇術部に入った主人公(男)と、おっちょこちょいの先輩(女)の掛け合いを見るアニメ。

ギャグ作品なのかな?

ショートアニメのようです。約12分の枠に4話入っているスタイル。

うーん、なんかあんまりギャグが笑えない…。

それにお色気シーンで釣ってる感じがする。まぁ先輩は可愛いし、ちょいエロが好きな人には楽しめるかも。

あと主人公の男にそれほど魅力が無いですね。目つき悪いし、ツッコミが面白いわけでもない。

個人的に視点キャラの男性は不要派です。ノイズに感じてしまう。女の子を見るアニメならなおさら。

残念ですが、続きはもう見ないかもしれません。他に見たいのがなかったら見るけど。

▲もくじに戻る

『ソウナンですか?』1話感想

©岡本健太郎・さがら梨々・講談社/ソウナンですか?製作委員会

これも12分ちょっとのショートアニメ。原作は『手品先輩』と同じくヤングマガジンの漫画らしいです。

無人島で遭難した女子高生の話。

自己紹介から始まりましたね。不思議な始まり方だ。

あと、この作品もちょいちょいお色気シーンを入れてくる。

ヤンマガって微エロが売りの漫画雑誌なんですかね?読んだこと無いんでわからないんですが。

遭難した4人の中に1人サバイバル術に詳しい子がいるので、色々教わりながら生き延びる話なのかな?どういう方向に行くのかよく分からないまま1話が終わりました。

リアル志向のサバイバルものではなく、コメディ系なのかもしれない?

制服やサマーセーターなどを着たまま泳いでたりして、微妙にリアリティが無いです。

水を吸って重くなるから服着て泳ぐのは至難の業だと思う。お色気シーンにもできるシチュエーションなのにもったいない。

1話だけでは先が読めないので、とりあえず次を見てから判断します。

▲もくじに戻る

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』1話感想

©岡田麿里・絵本奈央・講談社/荒乙製作委員会

マリーこと岡田麿里原作の漫画を本人の脚本でアニメ化した作品。文芸部の女子高生たちの青春ものなのかな?

思春期の性がテーマっぽいんですが、過剰なまでの下ネタがぶち込まれていました。狂気を感じるレベル。良くも悪くもマリーさんの趣味全開。

あと、容赦なく人間の醜い部分を描写。女性特有の陰湿さやドロドロした人間関係、スクールカースト、いじめなどなど、あまり見たくないものまで見せてくれます。

ネバネバねちっこい雰囲気でやだなぁ。絵はサラッとした軽い感じなんですけどね。

マリーさんのファンには楽しめる作品だと思います。この脚本家は本来こういうのがやりたかったんだろうなと思わされる。

作りたいもの作らせてもらってる感じ。結果、作家性が存分に発揮されていると思いますよ。

その分クセが強くて個人的には見るのが辛かったです。こういうのは好みじゃない。あと、これ女の子向けですよねきっと。男の見るもんじゃないな。

棲み分けが大事。それにしても、この人にガンダムの脚本を書かせたのは誰なんでしょうね。どう考えても、男の子向けのスケールの大きい作品には向かない脚本家だと思うのですが。

それと、ガンダムに気味の悪い下ネタをねじ込んだことからも分かるように、マリーさんは根っからの下ネタ好きなんでしょう。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』は、残念ながら1話で脱落です。そもそも自分みたいなの(萌え豚)は視聴対象者じゃない気が……。

▲もくじに戻る

『ありふれた職業で世界最強』1話感想

©白米良・オーバーラップ/ありふれた製作委員会

タイトルから分かるようになろう小説のアニメ版です。

映像の質感やBGMは悪くないけど、ストーリーは典型的ななろう系チートものという印象。

主人公のイキリ度はこの前やってた『賢者の孫』より高い感じ。

1話ではメインヒロインも登場しておらず、まだ方向性がよくわからないです。

奈落に落ちて敵を食って強くなって、銃を作るだけ。

なろう系アニメなので期待値は高くないのですが、怖いもの見たさで視聴継続。話によれば主人公がすっごいイキって外道行為をするらしい。

『ありふれた職業で世界最強』個別感想記事はこちら

▲もくじに戻る

『ダンベル何キロ持てる?』1話感想

©2019 サンドロビッチ・ヤバ子,MAAM・小学館/シルバーマンジム

主人公のギャルぽい子がダイエットのためジムに通って筋トレする話みたい。漫画が原作らしい。

ショートアニメかと思ってたけど普通に24分ある。

動画工房が作ってるだけあって絵的には安定してる。シリーズ構成・脚本も数多くの人気作に関わってきた人なので安心感あり。

筋トレ入門的な要素がある。何かの入門アニメって話題になりやすい気もする。これに影響されて筋トレ始めるアニオタもいそう。

えちえちな場面もある。

普通に良さそうなアニメ。ただ長いのが気になる。この内容ならショートのほうが見やすい気がする。

▲もくじに戻る

『魔王様、リトライ!』1話感想

©神埼黒音/双葉社・「魔王様、リトライ!」製作委員会

これもなろうアニメ。今期はなろう系が多いです。

主人公のゲーム開発者が魔王の姿でゲーム世界に入り込んでしまう話。

あまり期待していなかったけど意外と面白い。作画はちょっと怪しい感じですが、ギャグテイストなストーリーとマッチしていて悪くない。

イキリもなく気楽に見られていい感じ。結構期待できます。

『魔王様、リトライ!』個別感想記事はこちら

▲もくじに戻る

『異世界チート魔術師』1話感想

©2019 内田健/主婦の友インフォス・KADOKAWA/「異世界チート魔術師」製作委員会

タイトル通り、コテコテのテンプレなろう作品。

高校生の主人公が幼馴染の女の子と異世界に召喚されちゃったという話。

ただ、ちょっと昔のラノベ的な雰囲気も漂っているのが興味深いです。

あと、ヒロインはちゃんと人間をしてます。主人公賞賛マシーンじゃない点は評価できる。

作画はヤバそう。1話冒頭から崩れかかってました。

『異世界チート魔術師』個別感想記事はこちら

▲もくじに戻る

『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』1話感想

©井中だちま・飯田ぽち。/株式会社KADOKAWA/お母さんは好きですか?製作委員会

なろうっぽい雰囲気のタイトルですが、一般ラノベが原作のようです。

主人公の高校生が異世界というかゲーム世界へ入るのですが、入り方が適当でどうなのと思いました。謎技術によって画面に吸い込まれるっていうのは説得力がイマイチ。

目が覚めたらゲーム世界にいましたとか、有耶無耶にしといたほうがいいのでは?

主人公の母親もゲーム世界に入ってきて一緒に冒険する話になります。母親にベタベタされて鬱陶しがる主人公を見て楽しむアニメなのかな?

1話は展開が遅くなんかパッとしない印象を受けました。これから面白くなるかもしれないので一応視聴は継続予定。

『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』個別感想記事はこちら

▲もくじに戻る