『君の名は。』感想:いまさら見たけど良さが分からなかった

映画『君の名は。』を初めて見たので感想を書きます。

※少しだけネタバレがあるので注意

大ヒット作ですがこれまで未視聴。そのうち機会があれば見ようと思いつつ3年が経過。

今回、新海誠監督の新作『天気の子』公開に合わせテレビ放送されたので録画して見てみました。

大ヒットするぐらいだからそこそこ楽しめるかなと思っていたけど、期待していたほど面白くはなかったです。

スポンサーリンク

気になった点

……正直言うと微妙でした。特に気になったのは展開の遅さ。

劇場アニメの割には話の進行が遅く、全然先に進まないので少し眠くなってしまいました。

なんというか引き伸ばし感のようなものがある。上映時間に対して内容が薄い気がするんですよね。

日常パート少し削りつつテンポを良くすれば同じ内容を半分の時間でやれるように思います。その気になればTVアニメ3話分で十分に収まりそうな内容です。

特に冒頭で描かれる三葉の町のシーンとか、瀧くんが東京で先輩とデートするシーンとかが無駄に長くないですかね。そういう日常パートがちょっと退屈でしたね。

田舎の政治腐敗をわざわざ描いたりとか、どうでも良さそうなシーンまで丁寧に描いていたのも謎でした。何か意図があるんでしょうか。

でもこれは好みの問題かもしれません。日常パートが楽しいと思える人もいるのでしょう。ヒットしたことを考えるとそう感じる人のほうが多いのかな?

映像のこと

背景は新海誠監督らしく非常に綺麗でしたが、ただ綺麗なだけであまり感動はありませんでした。

同監督の2004年公開作品『雲のむこう、約束の場所』の幻想的な映像はとても衝撃的で心が動かされたのですが、今作の映像にはそこまでのインパクトが無かった。

現実の風景を綺麗に描いただけのように見えてしまい、あまりノスタルジーやロマンを感じないんですよね。独特の空気感や異世界感が無いですね。

でもまあ、『君の名は。』はほぼ現代日本と変わらない世界が舞台なので仕方ない部分もあるのでしょう。南北に分割されていたりもしませんし。

でもやっぱりトラウマになるレベルですごかったんですよね『雲のむこう、約束の場所』は。

(当時の自分は心が汚れていなかったから感動しただけなのか?その頃の自分に『君の名は。』を見せたら感動するかも?)

薄味

映像もストーリーも無難な感じでした。ヒットさせるために尖った表現は控えたのかな?

あまり目新しさも無いです。みんなが考える新海誠監督らしい表現をやってみましたって感じ。でもそれは上辺だけの「らしさ」でコアの部分が入ってない感じ。

あんまり厨二&セカイ系SFをやりすぎると一般視聴者が付いてきてくれないから妥協したのかもしれません。

でもストーリーはもう少し濃くしてほしかったなぁ~。ちょっと薄味。もっと苦味やスパイスを入れてくれても良かったのですが。

控えめな演出

盛り上がりに欠けるのもちょっと残念でした。

村人を避難させるために奮闘する所は盛り上がりましたが、その結末は回想でサラッと流されただけですし、演出をもう少し工夫してくれればいいのにと思ってしまいました。

作家性を遠慮してエンタメに寄せたにしては、見せ方に凝っていないと思います。かなりあっさりした演出です。

ハリウッドみたいに分かりやすく、じゃじゃじゃーんと盛り上げたほうが一般客は喜ぶんじゃないでしょうか?

感動した~とか言ってる人たちはこんなあっさりなので満足だったのでしょうか?

RADWIMPSの音楽さえあればOK?

面白かった所

批判ばかりではつまらないの良かった所を書きます。

体が入れ替わった時のギャグはベタだけどまあ面白かったです。二人とも異性の体に対する反応が可愛らしい。

三葉の脚の描写がえちえちだったのも良かったですね。その他にも男性が喜ぶようなお色気描写がちょくちょくありました。

あと終盤三葉が転んだとき、何故かゴロゴロと大げさに転がったのは笑えました。ギャグアニメの演出みたいです。真面目に考えるとかなりの怪我をしてもおかしくない。

まとめ

新海誠監督作品を見たことがないどころか、普段アニメを見ないような人にとっては目新しく、面白いのかもしれませんね。

何が面白くて、どこが泣けるのか一切分からなかったので、ライト層向けということにして自分を納得させようと思います。

流行りものの良さが分からないので、自分は絶対プロデューサーにはなれないなと痛感。多数派の気持ちが分からないと売れるものは作れない。

大ヒットした『アナ雪』も単純な内容で大して面白くないと思いました。子供が喜ぶのは分かるけど、大人が絶賛するのは理解不能。ディズニーにはもっと面白い作品あるだろと。

『君の名は。』を見て、悲しくなったり嫌な気分になることはないけど、特に楽しい気分にもなりません。感情が動かず、眠くなる映画でした。

別に新海誠監督アンチではないですが、もう見たいとは思いません。

そのかわり『雲のむこう、約束の場所』を久しぶりに見たくなりました。

もう心が汚れてしまっていて、今見ると全然感動しないかもしれないですが。

シェアする

スポンサーリンク