アニメ何本見れる?相変わらず放送本数が多すぎる件【2019年夏版】

(とりとめのない雑談系記事です。ご了承ください。)

アニメ好きの間ではよく言われることですが、各シーズンに放送されるTVアニメの本数が多すぎですね。

一時に比べ減ったとは言ってもまだ40本弱もある(2019年夏)。とても見切れない。これだけあるといいアニメが埋もれてしまいますよね。

本数が少なければ皆に見てもらえたかもしれない作品が少数の目にしか触れず、そのまま消えていってしまう。非常にもったいないことです。

スポンサーリンク

アニメ案内人 or AI

今期のアニメを全部見た人に、面白い作品をおすすめしてもらいたいですね。話題作はいいから隠れた名作が知りたいのよ。

それぞれの視聴者の趣味に合うような今期のアニメを紹介してくれる、アニメ案内人みたいな人がいてくれたらなと思いますよ。

各自の好みを分析し世間ではマイナーでもその人が楽しめそうな作品を教えてくれたら最高。なんならAIでもいい。

同時期に何十本も放送されると、全作品をチェックするの物理的に困難な気がします。自由時間はすべてアニメ視聴に使うってわけにもいかないし。

結局話題性のある作品や、ファンの声が大きい作品ばかり見られる事になってしまう。

ガチなアニメファンは睡眠時間を削ったりして、全作自分の目で見て判断するのかもしれないけど、筆者はそこまでアニメに人生かけられないよ……。

全作品の1話をチェックするだけでも大変。つまらなくても3話まで見ろって言われてたけど、それもいまや高難易度。膨大な時間を費やすことになるからアニメ好きでも相当の覚悟が必要。

40作品の重み

あるシーズンに40本のアニメが放送されるとします。

その40本の第1話を全て見るってのは簡単なことじゃない。単純に時間で言えば一つの作品を第40話まで見るのと同じくらいの時間が必要なんですよね。

ファーストガンダムは全43話だから、これを最終回近くまで見るのに近い時間が必要。

1話をチェックするだけでですよ。

ショートアニメが無く、40本全てが普通の尺(OP、ED込で24分)のアニメだと仮定すると、全作品の1話を見るのに16時間(960分)掛かる計算。最初はOP、EDも飛ばさず見るでしょうし。

本編だけ見て21分だと仮定しても14時間ですよ。

いやーアニメオタクも大変だ。自分はこんなに時間をかけられないからアニオタと言えないかもしれない。うかつにアニメ好きを名乗れない時代になってますね。

世界が違う

あと、これだけ本数が多いとみんな見てる作品が違うから、アニメ好き同士でも話が合わないということが起こりがち。

別の世界に生きてる感じ。共通の話題にならないんですよね。

今期で言うなら、なろう系は見てるけど少年漫画系は一切見てないとか(筆者のことです)。

興味ないジャンルはわざわざ見ないよね。もしワンクールに数本しかアニメが無いなら、まぁ興味ないジャンルでも見てみるかとなるけど、こんなに多いとね。

ある意味選び放題で美味しい状況とも言えるが。

作り手も大変

アニメ本数が増えても、アニメ業界の人手が同じくらい増えるわけではないので現場の負担は相当のものでしょうね。

『メルヘン・メドヘン』や『いもいも』のような凄まじい作画崩壊が起こるのも仕方がない面がある。

スタッフが命をすり減らして作ったアニメでも、下手をすれば少しの人にしか見てもらえず、次のクールには忘れられてしまいます。

本数が多いと制作の負担が大きくなるだけではなく、せっかく作った作品が見てもらえないかもしれないというデメリットも生じます。全く良いことがありません。

1話で心を掴めるか?

アニメスタッフとしては、せっかく作ったんだから見てほしいはず。

でもこれだけ本数が多いと3話まで見て判断してと言うのも難しい。1話を見てもらえるかどうかさえあやしいんですもん。1話を40本分律儀に見たら16時間ですよ。

1話を見てもらえただけで第一段階クリアです。でもそこで視聴者の心を掴まないと切られてしまう。とはいえ、1話からめちゃ面白いってジャンルによっては難しいよなぁ。

出足が遅い、だんだん面白くなる系の作品だとだめじゃん。ギャグとか日常系みたいに最初から最後まで同じノリでやる作品ならなんとかなりそうだけど。

でもまあ、最近は1クールで終わるこじんまりとした作品が多く、壮大なストーリーものって全然ないんですけどね。

おもしろい1話

1話に力を入れている作品が多いというのは見ていて感じますね。

例えば2019年春の『賢者の孫』は1話の作画が良く、内容も悪くなかったので少しだけ期待したのですが、その後は低カロリーな作画といつも通りの下らんなろう系ストーリーになりました。

そういえば、2018年秋の『ゴブリンスレイヤー』も1話のインパクトが強かったですね。普通に放送されるTVアニメとしては異例のエログロで話題になりました。

でもこいつも2話以降はなんの変哲もない、日常系となろう系のハイブリッドみたいなヌルい展開になっちゃった。

別の作品見てるんじゃないかってくらい平和な話になって騙された気分でしたよ。といっても、女の子が痛い目に遭うのは見たくないので、ヌルい展開で良かったんですけどね(大嘘)。

『ゴブリンスレイヤー』の1話は成功かどうか微妙なラインですね。

話題になって知名度は上がったと思うけど、エログロに釣られた人は2話以降の展開にガッカリしただろうし、なろう系みたいなストレスフリーでヌルいのを見たい人は1話でドン引きして切ってしまったでしょう。

うーん、むずかしい。単に話題になればOKってことでもないし、1話でどうやって視聴者を引き付けるか考えなければいけないアニメスタッフは大変そうです。

おわりに

できれば3話まで見てから判断したいけど、それさえもなかなか負担が大きい。頑張って見ようと思っても時間的に厳しいです。

2019夏は結構面白そうなのが多いけど最新話まで追えてるのは5本くらい。『ダンベル何キロ持てる?』とか『ソウナンですか?』とか『まちカドまぞく』も見たいけど1話で止まってる。

ネタ的に見ているなろう系アニメだけで精一杯です。でもまあ『魔王様、リトライ!』が予想外に面白かったのは収穫でした。

なろう系はクソだと頭から否定するのではなく、3話まで見てみるものですね。(最後まで見たところでクソな作品も多いですが)

でも、話は戻るけど、全部のアニメを3話まで見れるわけじゃないから辛いんだよなぁ…。本数が今の半分以下に減ったほうが良いと思う。

出版社なのか誰なのか知らんけど、業界の上の人間がメチャクチャな本数作らせるせいで視聴者も制作陣も頭を抱えてますよ。

シェアする

スポンサーリンク