笑えるけど怖さもある映画『帰ってきたヒトラー』感想

日本では2016年に公開されたドイツの映画『帰ってきたヒトラー』の感想です。

公開当時話題になっていて機会があれば見たいなと思っていたのですが、先日Amazonプライムビデオを漁っていたらたまたま無料になっているのを発見。早速見てみました。

※少しネタバレがあります。ご注意ください。

ヒトラー現代に現る

まずあらすじ。

第二次大戦が敗色濃厚になり自殺する直前のヒトラーが、何故か現代に現れて騒動を巻き起こす話です。浦島太郎というか、タイムトラベルもの的な要素もあります。

本人は自分がヒトラーだと認識しているものの、現代の人々からはただのモノマネコメディアンだと思われています。しかし、その再現度の高さ(本物だから当然)から人気を博し、熱狂的な支持を受けるようになります。

良くできた映画だと思いました。笑える愉快な映画であると同時に毒があって風刺的。

最後まで軽いノリのコメディで終わるかと思いきや、かなり重いメッセージをガツンとぶつけてきてびっくり。

笑うだけでは終わらない

この映画は現代の深刻な社会問題も取り上げています。移民に対する反発や子供の貧困、過激な政治団体の躍進など、生々しい今まさに起こっていることが映されている。

ヒトラーは現代のドイツ社会を真剣に憂い、ドイツを立て直すべく活動を開始。だんだん洒落にならなくなっていくところが恐ろしい。

時代錯誤の発言で笑われるのは最初だけ。戦後から現代までの歴史を知ったり、最先端のテクノロジーを学ぶことにより、急速に現代社会に適応していくヒトラー。

現代の政治状況に苦言を呈しつつ、直接国民の不満を聞いて回ります。その上でメディアを利用し国民を煽動。

序盤は本当にコメディでちょっと毒がある程度だったのに、終盤では危険な領域に踏み込みます。めっちゃ過激。よくこれが公開できたなと。

最初は泡沫候補やネタとして扱われていた人物が本当に独裁者になってしまえる大衆社会の恐ろしさ。社会不安が高まった時代に人々を扇動するのは容易い。

20世紀にヒトラーがやったことを現代を舞台に生々しく再現しています。

曖昧になる現実と虚構

後で調べてみたのですが、この映画は半分ドキュメンタリーだったようです。

実際にヒトラーの格好をした俳優が街に出て人々の反応を撮影したらしい。やたらリアルだと思ったら実録映像だったとは…。

あまりにも危険じゃないですかね?いろいろな方面を敵に回しそう。相当過激な企画だと思います。

ネオナチに殴られるシーンがありましたが、あれは流石に演技なのかな?

どのシーンがドキュメンタリーで、どのシーンがフィクションなのか分からない作りになっています。

それだけにとどまらず、映画の中に映画を撮影しているシーンが入ってるんですよね。今まで見ていた映像が劇中劇だったかもしれないということが示唆されます。

ここまでやられるともう何が何やらわからなくなって、現実と虚構の区別がつかなくなってしまう。本当に不思議な構造になっていると思いました。

そういう作りだから、ヒトラーが本当に蘇ったんじゃないかと錯覚させられますよ。

おわりに

エンタメ映画でありながら政治的に際どい描写もためらわない意欲的な作品だと感じました。

現代社会に対する強烈なメッセージを含んでいるけどお硬い映画ではなく、コメディとして普通に面白いですし、ドキッとさせられ色々考えさせられます。

まだ見ていない人には強くおすすめしたい映画です。

シェアする

スポンサーリンク