意外に高クオリティ:TVアニメ『魔王学院の不適合者』4話までの感想

2020年夏アニメ『魔王学院の不適合者 〜史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う〜』を見た。原作は小説家になろうで連載されているWeb小説。

いやしかしこの手の作品ってタイトルが長いですねぇ…。

個人的な感想だけど、長けりゃいいってもんじゃない。情報量が多すぎると逆に脳が理解を拒否するよ。そのせいで最近のラノベ(なろう以外も含む)はどれも同じに見えてしまう。

タイトルが長くなる理由だけど、聞いたところでは小説家になろうの仕様のせいらしい。タイトルで内容が伝わらないと興味を持ってもらえず読まれないとか。

スタッフのこと

監督の田村正文氏は、有名なろうアニメ『賢者の孫』の監督でしたね。アニメーション制作会社も『孫』と同じくSILVER LINK.

あの作品、話はひどいけど絵は悪くなかった。アニメーション的にはすごく気合の入っていた回がありましたね。

総監督の大沼心氏はベテランの方。なろう系では『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』や『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』の監督をされてました。

ところでアニメにおける総監督ってどういう立ち位置なんだろ。1話冒頭のクレジットでは名前が監督より下に表示されてる。若手監督の補佐役って感じなのかな?普通は総監督が上に来そうなものなのだけど。

4話までの印象

もっと先の話数まで配信されているのだが、4話でストーリーが一段落ついたので、一旦ここまでの感想をまとめようと思う。

視聴前の期待度は低く、どうせいつものチートでイキってモテモテの下らないなろう系だろうと舐めていた。でも4話まで見てみると予想外に完成度の高いアニメだと分かり衝撃を受けた。

2話までは『聖剣使いの禁呪詠唱』(ワルブレ)のようなネタとして面白いアニメかと思っていた。だがその後のシリアスパートと鮮やかな伏線回収で見方が変わった。

この手の作品にしては珍しくシナリオがしっかりと練られているように思う。無目的に異世界を徘徊する作品とは一線を画している。さり気なく仕込んだ伏線をしっかり回収してくる。

さらに、絵が綺麗でアクションシーンの演出もカッコいい。上質なアニメを見ている感じがする。SILVER LINK. は、なろう系でも手を抜かないから好感が持てる。止め絵が綺麗なだけじゃなく、しっかりアニメーションをしてるんだよね。

この前の『防振り』も映像的にはすごく良かった。ストーリーが好みじゃないから3話で切ったけど。

女性主人公のなろう系アニメ『防振り』第3話まで見た感想

 

主人公の魔王(アノス)はイキっていないとは言えないものの、他作品の主人公のように小物っぽいイキり方をしないので不快感が少ない。魔族の始祖だけあって堂々としていて余裕を感じさせる。

またキャラデザが自分の好みに合っていて、ヒロインやモブの女の子がとても可愛い。

まだ序盤だが、そんなこんなでかなり楽しめた。

各話感想

1話から4話まで、視聴直後のメモを元にまとめた。

※ネタバレ注意

特に3話はネタバレなしで見たほうが意外性があって面白いと思う。

第1話 魔王学院の不適合者

神話がどうの2000年前がどうのとかいう導入…うーん、この時点であんまり見る気がしない。またそういうのかよ…中途半端なファンタジー要素やだ!

なろう系だからどうせ「なんちゃってファンタジー」でテキトー設定なんだろうという先入観が……。

 

魔王学院の入学試験とやらで、白い髪のヒロインらしき女の子と会う主人公。しっかしこの男もよくいるスカした黒髪なろう系主人公の外見ですねぇ!

ただしこいつは黒目部分が赤い!目の中になんか赤い輪っかがあるよ?厨二臭さ全開ですね~ ルルーシュ?なんか相手に行動を強制できる能力があるみたいだし、どこか意識してるのだろうか。

そしていきなり噛ませチックなチンピラに絡まれるというどっかで見たことのある展開。なんというテンプレ。

このチンピラも『賢者の孫』のカートくんみたいに無残に殺されるのかなぁ?と思ってたら想像以上に酷い目に遭わされるという。あまりにも気の毒。ちょっと描写がグロすぎんよ~。

主人公イキりすぎ、鬼畜すぎ、メチャクチャな理屈で説教するし、なんか悪趣味。

そして予想通りチートな強さだなこいつ。魔力が強すぎて能力を図る水晶が壊れるとかまたテンプレ。絶対負けない感ある。そこらのなろう主人公より強そう。

しかもこの主人公、生まれてから一ヶ月で青年になってるのかよ、意味わかんねぇ。

と思ったけどタイトルでネタバレしてるね。主人公は2000年前の魔王の生まれ変わりだから異様に強かったり成長が速かったりするのね。『~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~』。

 

展開が異様に速くて笑える。何が起こってるのか理解する間もなく次々とイベントが発生。意味がわからんけど眠くならなくていいわ。これワルブレとかの系統か?ネタアニメとしていけるか?

ヒロインが速攻で惚れるのはなろうあるあるだけどこれは最速を狙える。

試験を受け、ヒロインと家で夕飯をし、噛ませ犬をボコったりした後、学院に入学した所で終わり。トントン拍子で進んだ。

わけわからんけど1話は面白かったですねえ。作画もいい感じだし。今まで見たなろうアニメ1話の中では上位を狙える面白さ。ネタ的な意味でも。

第2話 破滅の魔女

なんかよく分からんけど、魔王は平和のために犠牲になったっぽいね。自ら望んで勇者に討たれた。グサッと。(なんか微妙にコードギアス2期の最終回を彷彿とさせる。そういえばこいつも目が赤かったな…)

そんで二千年後の現在に転生。

 

これ原作読んでないからか所々設定が分かりにくい。

主人公のアノスが不適合者扱いされる理由がイマイチ分からない。

始祖の血を引いていないと駄目だけど……アノスは引いてないってことなの?こいつが始祖だけど2000年の間に別の人が始祖って事になってるのか?ぼーっと見てたから理解できなかった。

 

混血と皇族という身分みたいなものがあるらしいねぇ。身分によって制服の色が違って混血は白服。下に見られると。ふーん。ハリポタの汚れた血云々みたいなやつか。

なんかフクロウが出てきたりするし世界観がハリーの影響受けてそう。原作者は『ハリー・ポッター』と『コードギアス』が好きなんかね?

主人公のアノス・ヴォルディゴートっていう名前はヴォルデモートのもじり?ヒロインが始祖の名前を呼んではならないと言ってたし。名前を言ってはいけないあの人なの?(たまたま似てるだけで全然関係ないかもしれんが。)

 

高飛車女サーシャが登場。ミーシャ(白髪の子)の姉だと。サーシャは皇族だけど妹のミーシャはなぜか白服。両親は同じらしいのだが…。

なんか因縁があるらしいね。妹には何かがある。サーシャはミーシャを魔族でも人間でもない人形呼ばわりしてたけど、どういうことなんだろ。

サーシャはアノスに勝負を挑む。負け方が何でも言うことを聞くという条件で。(ん? 今何でもするって……)

勝負って、お互い城を作って戦うんかい。よく分からんけど、なんか楽しげー。不思議な世界観だな。

それにしても主人公のアノスは魔王だし、なろう系だし、絶対負けないって安心感あるよなぁ…。苦戦もしない、ストレスフリー。

案の定、敵を城ごとぶっ飛ばす。

追い詰められたサーシャは仲間と力を合わせて炎属性最上級魔法を使うけど、アノスの魔法に押し負ける。

アノスが使ったのは最低位魔法だと知らされて驚愕するサーシャ。「今のはメラゾーマではない、メラだ」のネタですかね?

戦闘終了後、アノスに少し褒められただけですぐ惚れる。サーシャめっちゃチョロい。こいつもチョロインだ。

そのうえサーシャはあまりにも簡単に妹(ミーシャ)と仲直り。なんなのこれ…。秒速解決じゃん。もっと引っ張ると思ってたよ。

深い因縁があったんじゃないの?出来損ないの人形だなんだとすっげー酷いこと言ってたのに、えらく心変わりが早いな。もしや、いつの間にかアノスに洗脳された?なんでもできるから洗脳しててもおかしくないと思ってしまう。

別れ際に意味深なことを言い残すサーシャ。やっぱなんかあるのか?

真面目に見ると馬鹿馬鹿しく感じてしまうけど、ギャグアニメとして見るとめちゃくちゃ面白いですね。

第3話 サーシャの真意

なんやサーシャの回想から始まったぞ。二人の関係が明かされるのかな?

オバロの主人公みたいな骸骨男が出てきて講義を始めたぞ。アノスがかつて作った部下らしいが、彼のことを覚えてないみたい。

2000年前アノスが死んだ後何者かによって魔王の存在が書き換えられ、学園も乗っ取られた感じなのかね?

迷宮で試験。ダンジョンにあるアイテムを取ってきて得点を競う。

教師さえ行ったことのないダンジョン最下層のアイテムを取ってくると満点って訳が分かんねぇ…そんな未踏の危険かもしれない所へ学生を行かせて大丈夫なんか?もし取ってきたとしても、それが伝承のアイテムだと判断できるのか疑問?

ただ迷宮は魔王(アノス)が作ったものだから、彼にとっては攻略もへったくれもないのはずるい。色々ずるい。主人公にとっては超ヌルゲーですね。アイテムも自分で設置したのだしな。

隠し通路を抜け、たどり着いた最下層には水が流れていて蓮の花が咲いてる。なんじゃこれ…。随分キレイに整備されてんだな。イメージと違う。

目的のアイテムの所に到着後、アノスが目を離した隙にサーシャがナイフでミーシャをグサリ!

なんとサーシャは仲間になったフリをしてただけでした!

これまでの行動は全部演技、アノスを利用して簡単にレアアイテムを手に入れるための策略でした~。ウッソだろお前!これはサプライズだなぁ~。

この手の作品のヒロインは簡単に惚れるのが当たり前だから、少しも疑問を持たなかったぜ。ずっと演技してただけだったのね。惚れたフリ、仲直りしたフリをしてただけだったか。

これってジャンルの特性を逆手に取った巧妙なトリックだと思う。なろう系やハーレムものを見る人はちょろインに慣れてるから違和感を持ちにくい。

でも、たとえミーシャが死んでも、簡単に復活させられるのが目に見えてるから緊迫感がないなぁ。1話でイキリモブを何回も殺して復活させるシーンを見せちゃってるからな。

ところで、サーシャの台詞「使うだけ使ってボロ雑巾のように捨てられる、哀れで惨めな魔法人形だわ」ってギアスネタか?「ロロ雑巾」を連想したわ。

 

サーシャはミーシャを人質に取って逃げようとするが、いつも主人公が一枚上手。刺されたミーシャの治癒は既に完了していて、怪我をしている幻を見せてただけだったらしい。

でもナイフの傷は関係なくミーシャはもうすぐ消えるらしい。

アイテムを持って逃亡したサーシャには何か別の思惑がありそう。ほんとは裏切ってないという線もあり得る。消えるのを止めるためアイテムが必要なのかも。

続きが気になる終わり方だった。

(それにしても豹変したサーシャが口汚く罵る声がえちえちでしたねぇ~。あ~たまらん。ゾクゾクする。もっと女の子の罵り声が聞きたくなったわ。M向け同人ボイス探そ。)

 

第4話 十五の誕生日

ミーシャの正体が明かされた。一人が魔法で二人に分離されてたのか~。本来できないはずのゼクトの破棄はサーシャとミーシャが同一人物だからできたのね。

なるほどー。なろうの割に設定がよく考えられてんなぁ。侮れない。先入観で馬鹿にしちゃいけないね。

1話でミーシャが即アノスと仲良くなった理由も納得。魔族からは、いないもの扱いされていたから、ただ話しかけてくれただけでアノスを好きになってもおかしくない。

綺麗に伏線回収されたなあ。お馬鹿アニメに見せかけといて実は結構頭いいアニメだったのね。今までアニメ化されたなろう系は、いきあたりばったりのシナリオで頭使ってなさそうな作品が多かったから意外だわ。

この作品はしっかり練られてますねぇ。原作からそうなのか、アニメスタッフがアレンジしたのかは分からないけど。

 

サーシャは自分を犠牲にしてかわりにミーシャを生かそうとしてたのね。2話ラストの意味深な「最後にあなたに会えてよかったわ」ってやっぱそういうことだったのか。

唐突に仲直りしたんじゃなくて最初からミーシャを嫌ってなかったということか~。納得。自分がミーシャに嫌われないと、彼女を助ける魔法が使えないから悪者になろうとしてたと。

いい話じゃん。

3話の裏切りでビックリさせた後、実は昔から嫌ってなかったという二重のサプライズもいいね。

でもこれ、アノスが二人とも助けてくれるのが分かり切ってるからなぁ…。そこまで感動はしないな。ストレスフリー、ストレスフリー。

魔王様はなんでもできる。過去改変もできるから、元からサーシャ、ミーシャの二人とも存在していたことにできる。万能だな。

唐突に現れた骸骨男が剣で邪魔をするけど、全く効きませーん。つよい。しかもそろそろ来るのが分かってたという。つよすぎる。

 

過去改変しようとすると時の神が邪魔をしにくる展開は予想外。この世界にはタイムパトロールみたいなやつがいるのね。

ただアノスは殺されても死なないし、時を止められても動けるから楽勝。二人共助けて、骨の洗脳も解き再び部下に。めでたしめでたし。イイハナシダナー。

アクションシーンがカッコよかったし、話も綺麗にまとまった。今回が最終回でもいい出来。

それにしてもえらい気合入ってるなこのアニメ。なろうアニメにありがちなテキトーさとは無縁。

5話以降もこの面白さが続いてくれることに期待して視聴継続。


タイトルとURLをコピーしました