【R18同人ゲーム】慰巫女 ~辺境の村の卑猥な祭り~【感想】

サークル「ダブルメロン」の同人エロRPG『慰巫女 ~辺境の村の卑猥な祭り~』をプレイ。エンディングとHシーンのCGを全て回収した。

なかなかよかったぜ。気楽に遊べるし、しっかりエロさを味わえる。素晴らしいゲームだ。

内容をざっと説明すると、主人公の巫女さんを操作して男たちから精液を集めるRPG(ツクール製)。

■ストーリー
主人公の冬月 御琴(ふゆつき みこと)は、
とある辺境にある囲巫女村(かこいみこむら)の神社で働く美少女巫女。

村は、20年に1度行われる村外不出の祭りを明日に控えていた。
当日まで秘匿とされる、その祭りの内容は

囲巫女(かこいみこ)として選ばれた若き巫女が
1週間の間、村の男たちの精液を全身で受け止めるというものだった。

今年の囲巫女に選ばれてしまった御琴。

村の慰みモノとして扱われる御琴の過酷な7日間が始まろうとしていた。

慰巫女 ~辺境の村の卑猥な祭り~[ダブルメロン] | DLsite 同人

詳しい説明は販売サイトを参照してほしい。体験版もある。

DLsite: 慰巫女 ~辺境の村の卑猥な祭り~

FANZA: 慰巫女 〜辺境の村の卑猥な祭り〜

「ダブルメロン」さんのゲームは過去にいくつか購入してプレイしたことがある。

このサークルさんのゲームには程よくスカトロ要素が入っているのが好きですね。(スカが嫌いな人のため回避出来る配慮がなされているのも良い。)

あと、陰毛の濃さも選択できる。プレイヤーの性癖はそれぞれだからね、選べるのはありがたいね。ユーザフレンドリーだ。

 

RPGと言っても戦闘やレベル上げはない。精液を回収する相手の男性を選んだり、フィールドを探索するのが主なゲーム内容。対象の男性に話しかけるとエロイベントが発生。

7日間で精液を搾り取った量や、発生させたイベントに応じてエンディングが変わる。

ヒントブックというアイテムがあるので攻略は簡単。エンディングやHシーン発生の条件が書かれている。とても親切、素晴らしい。

商業エロゲでもこういう救済策を用意してほしいぜ。フラグが意味不明でヒントもないエロゲに遭遇して発狂しかけたことが何回もある。

 

あと竿役が面白いね。いい感じにキモい。引きこもりでデブのスカトロ好きの子とか
(過保護な母親もキモい)、ガタイのいいSM好きのハゲとか、ブサいけど心優しく親方にこき使われてる不憫な青年とか…色々。

なんというか男キャラが濃い。妙な性癖を持ったキモ男に犯されるシチュエーションが好きな人には特におすすめ。男の性欲の醜さを見せつけてくれる場面が盛りだくさん。

美少女巫女が汚されるのを楽しむ感じだ。(もちろん主人公の御琴ちゃんは可愛い。)

 

ちょっと躓いた所があったので書いておく。2周目以降はワープ出来る地蔵がはじめから開放されているのだけど、エンディング1のフラグ立てるためには、もう一回全ての地蔵に触らないとだめみたい。

そうしないと封印の札を手に入れてもイベントを発生させられない。

なんかヒントブック通りにやってんのにうまくいかんな~と思って、念のため地蔵を全部回ったらイベントが発生したんだよね。

 

エンディングごとに短いストーリーが語られるのだけど、あるキャラの過去の因縁の話とか、軽い謎解き要素、ちょっとイイ話もあって好きだった。

エロシーンはすぐ見られるし、全クリにも長い時間は掛からない。良質な抜きゲーだ。

FANZA↓

DLsite↓
慰巫女 ~辺境の村の卑猥な祭り~

タイトルとURLをコピーしました