なろう系エログロアニメ『回復術士のやり直し』1話と2話の感想

2021年冬アニメ『回復術士のやり直し』を4話まで視聴。一回見ただけでは設定や主人公の行動原理がよく分からなかったのでもう一回見たけど、やっぱりよく分からなかった。

言いたいことが沢山あって長くなるので今回の感想は2話まで。

いわくつき

ご存じの方も多いと思うが、原作はいわくつきのなろう小説。ここでは詳しく書かないけど、色々とやばいやつですわ……。(興味のある方は「作品名 疑惑」とか「原作者名 まとめ」で検索してみてね。いっぱい出るよ。)

出版社はムキになって批判を抑え込もうとしているようだけど、そこまでする価値があるのでしょうかね?

炎上リスクを抱えてまでメディアミックスするってことは、相当儲かる作品なんですかね?エログロが売りのコレが金になるのか?

内容の一部はアニメ視聴前から知ってました。無料公開のコミカライズを最初の方だけ読んでいたので。

正直、過剰な暴力とエロで釣ってる印象でしたね。話自体はそんなに面白いと思わなかった。ちなみに某漫画配信サイトではこの作品へのコメントが禁止されてたね~。書かれたらまずいことでもあるのかな~?

ところでエログロと言えば、女性キャラがゴブリンにレ○プされる他社作品が大人気。かなり売れているらしい。それを見たK社は、エログロなら売れると判断し、この作品で二匹目のドジョウを狙ったのかもしれないね。完全に憶測だけどね。

疑惑が絶えない作品を必死になって守っている以上は、何らかの思惑があるのでしょう。

原作者は御曹司だとか、出版社と太いパイプで繋がってるとか噂されるのも分かるわ。それと、出版社がグレーな作品を出す時に使う共有名義説も面白くて好き。K社の異様な言論封殺を見ると、あながち妄想だと切り捨てられない所がなんとも……。

第1話「回復術士は、やり直す!」感想

ここから本編の感想。

初っ端からちょっと作画が怪しくないか?崩れちゃいないけどパッとしない感じ。

ストーリーだけど、主人公ケヤルはよく悪夢を見るし変な声が聞こえるらしい。

謎の声に従って歩いていくと池があって突然精霊が出現。チー太郎のエアリアルみたいな感じで露出の多い精霊。でもこっちは見た目とは裏腹に声が大人だなあ……。

それにしてもこの精霊、突然湧いて出たけど何者なの?二回見てもわからなかったわ。どういう理由で出てきたのよ一体?

とにかく主人公は精霊から色々見える便利な目を貰った。なろうではよくあるやつ。ステータスが見えるやつね。この作品もゲーム的世界が舞台なのが分かる。

昔は「ステータスオープン」を見て違和感をバリバリに感じていたけど、今はなろう系を見すぎたせいでなんとも思わなくなってるのが怖い。なろうのお約束に脳が慣らされてしまっている。

しかし精霊がなぜ能力をくれたのかよく分からないんだよなぁ。先祖がどうのこうの言ってたけどそれ以外の説明は無し。どういうことなのよ?簡単に貰っちゃっていいの?都合良すぎじゃない?

回想

この後、回想シーンへ飛ぶ。勇者たちが魔王と戦闘中。主人公はアヘアヘ。この場面は漫画で読んだ記憶がある。

主人公の使うヒールは取れた手足も生えてくるようなメチャクチャ便利な能力。でもその代償として使うと凄まじい苦痛を味わう。

ヒールを使いたくないので逃げようとしたけど捕まり、薬物依存にされたり虐待されたりして無理やりヒールを使わされてきたという。

でもある時薬物耐性を得て薬物依存から回復。勇者たちに復讐する時を待っていたらしい。

しかもヒールを使う時他人の能力を色々コピーしたおかげで、ヒールは治癒以外のことも色々できるチート能力になってるそうな。

ヒールという名の便利技を使いまくって魔王を倒し、奪ったアイテム賢者の石を使って時間を巻き戻し~。

回想が終わり現在(二周目)の話に戻る。

今は二週目だった。主人公は記憶を取り戻してるけど理屈がよく分からない。作中でも言われてたけど、そっくりそのまま過去の状態に戻ったのなら記憶も昔のままで全く同じ過程を繰り返すだけのはず。恨みが魂に刻まれてるからどうのこうのと言ってたけど納得いかんわ。

そもそも魔王戦で疲弊した勇者たちに復讐せず、わざわざ時間を巻き戻したのが不思議だよ。せっかくとどめを刺すチャンスだったのに元通りになっちゃうよ!?

王都へ

主人公は一周目と同じく勇者の能力に目覚めた。手の甲に印が出る。

そして麻薬効果のある植物やきのこを食べまくり薬物耐性を付ける。漫画版でも思ったけど毒キノコなんて食べたら耐性付く前に死ぬんじゃないの?

アニメ版では「麻薬効果」と言及されてたから、命に関わるような毒のない、ただアヘアヘになるだけのきのこってことなのかね?

能力に目覚めた主人公を迎えに来たのは一周目で主人公を虐待した王女フレア。彼女と一緒に王都へ向かう。

王都は見た目こそ綺麗だけど成り立ちからして薄汚れているらしい。亜人から土地を奪い、生き残りを奴隷化して作らせたんだって。

「この美しい街はまるでフレアそのものだね」っていう主人公のセリフは皮肉が効いてていい。見た目は美しいけど心は醜いフレア……。

で、王の配下になった主人公なのだけどメイドが突然エロいことを仕掛けてくる。勇者とヤると自分の能力の限界を超えて強くなれる設定らしい。

これってエロシーンを入れるための口実みたいな設定だよなぁ。性欲を満たすとLPが増える『俺だけ入れる隠しダンジョン』と同レベル。

そもそもメイドはなんで強くなりたいの?戦うメイドなの?アニメだけ見てもそのへんが分からん。

それにしてもエロシーンが来た途端画面が謎の闇に包まれるのは草生えるわ。驚きの黒さ。これが「なろうの闇」か…。

主人公のヨガってる顔は普通に美少女みたいで草。一瞬「これ誰だっけ?」って思ったわ。かわいい。

主人公は一方的に襲われているフリをしつつこっそり経験値を奪ってるらしい。しかし略奪のヒールって何だよ?ヒールが万能すぎてもうわけが分からんよ。

場面が変わる。腕が取れた剣聖にヒールをしたら生えてきた~。でも主人公は泡を吹いて倒れる…副作用が酷いんだなやっぱ。

それをひと目見たフレアは、こいつは使えないといきなり判断、薬か何かで洗脳するように言う。クズぅ…。

普通に胸糞シーンなんだけど、個人的にはフレアのゴミを見るような目が最高だったんだよなぁ。心の底から蔑んでる感じがたまらん。

主人公が虐待される展開はマゾを喜ばせるために入れた要素なんでしょうかね?それとも作者がMなのか?

突っ込みどころは多いけど意外に面白い1話だった。一種のエロゲみたいな内容だから人を選ぶとは思うが……。

第2話「回復術士は、フレア王女を壊す!」感想

主人公はフレアの前でヒールを嫌がるフリをする。名演技。一方のフレアも優しいフリをする。

一周目と同じ展開だという。

毒入りの紅茶を出された主人公は、分かっているのにわざわざ飲んで同じ展開を繰り返す……。

牢に入れられ薬漬けにされ、ボコボコに殴られたり男に犯されたりという凄惨なシーンが映される。ド畜生しかいない世界だな……。

なんというか、男が男に虐待されるシーンを見ても勃たないんだよなぁ…。胸糞悪いだけだわ。

でもその後のフレアに調教されるシーンはいいね!犬の真似をしてちんちん!頭を踏んづけられたり、気持ち悪いと罵られたり…美少女に痛めつけられるシーンは興奮するわ。

疑問点

そんな感じで主人公は犯されヒールを使わされ地獄のような日々を送るんだけど、ちょっと違和感があるんだよなぁ。

せっかく記憶を保ったまま2周目ができるのに、もっと準備をしておかなかったのかと思ってしまう。もう少しうまく立ち回れないのかよ。

6ヶ月も虐待に耐え続けるしかなかったのかね?頭を使えば手っ取り早く復讐する方法もありそうなものだけどな。もう一回激しい苦痛を味わいながら力を蓄え復讐するっていうのはとても辛いし効率も悪いと思うのだが。

それに準備として行ったのは毒キノコを食べることくらい。しかもそれだけでは不十分で、薬物耐性の熟練度を上げるために薬漬けにされる必要があった。結局同じ展開を繰り返して、再度苦痛を味わってるじゃん!主人公はそれで良いのか?

実は主人公はドMで、虐待されるの楽しんでる変態なの?もう一回いじめられたかったから世界をやり直したの?嫌がってるフリしてるだけ?

展開が腑に落ちないから色々曲解したくなってしまうのだが。

それに主人公は頑丈すぎないか?あれだけのことをされたら普通弱って死ぬだろ…。自分にもヒールしてるのか?なんかもう胸糞を通り越して荒唐無稽で笑えるんだよなぁ。

王女に復讐

虐待を受け続ける主人公だが、だんだんステータスが上がってついに計画実行の時が来た。主人公は騎士隊長になりすましてフレアの部屋に侵入。しかしヒールって顔も変えられるのね…本当になんでもありだな……。

タネ明かしで顔を元に戻した所の絵面がおかしくて笑えた。顔と体格が不釣り合いでコラ画像みたい。あと顔芸も面白すぎるわ。

この後のフレアに対する復讐シーンは良かった。今までのドMパートとは打って変わってドSパート。リョナシーンが素晴らしかったね~。

フレアの指をポキポキしていくのが良いねぇ…。悲鳴、泣き顔、嗚咽。素晴らしいね。不利になると急にしおらしい演技をするフレアだが今更善人ぶっても騙されないぜ~。

暖炉で熱した鉄棒と肉棒のどちらか選ばせる所もなかなかマニアック。

静止画と暖炉のパチパチ音だけがしばらく続く不自然なシーンがあるけど、これって円盤や一部の有料放送だと合体シーンが見られる感じなのかな?

土下座の尻までは規制されないけど、それ以上となると配信や地上波では見せてくれんか…。

十分痛めつけて満足したのか主人公はフレアの記憶を消して顔を変える。

記憶の消去までできるのかよ!やっぱり何でもできる便利なヒールだなぁ……。

城を脱出後、従順でおとなしい美少女に変えられてしまったフレアが目を覚ます。主人公は彼女をフレイアという名前で呼ぶ。そしてまた合体。

それにしてもこの程度の復讐で主人公は満足したのかねぇ?もっと痛めつけなくていいのかな?これ以上時間を掛けるとバレて捕まるかもしれないから自重したのかね?

記憶を消した後も性奴隷として虐待するなどして痛めつけようと思えばいくらでもできそうだけど、やらないみたい。自分好みのオナホに作り変えたからそれでいいのか?

まぁ人格改変はフレアの尊厳をメチャクチャに踏みにじる行為だからそれで満足なのかも…。

おわりに

リョナラー的には大満足の復讐シーンだったけど、冷静に考えると普通に悪趣味だな…。一般視聴者はドン引きだろうね……。

各話の冒頭に「児童および青少年の視聴には十分ご注意ください」って出るけど、R指定じゃない以上普通に見れちゃうわけだからなぁ……。

変態紳士がこっそり楽しむもんだろこれ…。そりゃレビューでボコボコに叩かれるわけだよ。原作絡みの裏事情を知らない人が見てもこの内容じゃ拒否反応を示すだろうね。

SMやリョナが好きなやつなんて少数派だろうし……。

つづく

次:なろう系変態ギャグアニメ『回復術士のやり直し』3話と4話の感想

タイトルとURLをコピーしました