「復讐」を乱用するアニメ『回復術士のやり直し』第9話感想

2021年冬アニメ『回復術士のやり直し』第9話を見ました。

今回も日常回というか、内容うすうすな回でしたね。日常シーンの他には、しょーもない小物相手に復讐(?)するシーンがあるだけ。

内容がないので、語れることも少ないです。

◆前回:第8話感想

『回復術士のやり直し』関連記事一覧

第9話「回復術士は、食べ物の恨みを晴らす!」感想

本編を頭から見ていきます。

前回のえちちシーンの続きから始まりました。ケヤルガが魔王候補イヴに股間を見せつけるシーンの続きです。まだ終わってなかったんですね…。

イヴは他のハーレム要員と違って恥じらいの心があるようです。

とはいえすぐに、ケヤルガ様ぁ~抱いてくだしゃぃ~になるのが目に見えてますけどね…。

OPが終わると飯シーンに。前にもこういう始まり方の話ありませんでした?

洗脳ハーレム

古参ハーレムメンバーの二人が、新入りのイヴに説教をします。行為中にケヤルガを拒絶して気を使わせるのは失礼なんですって……。

酷いな、どれだけ主人公に都合のいい人形なんでしょう。

さらに二人はケヤルガのことを「いい人」だと言います。

今まで彼の行動を見てきたのに、よくそんなことが言えますね…。洗脳されてるようにしか見えないですよ。

次にケヤルガは「自分のことをいい人と言い続ければいい人になるんだ」と格言めいたことをのたまいます。

いや、こいつの邪悪な本性はどんなにいい言葉を使っても浄化できないでしょ…。うわべを取り繕っても異常者であることに変わりはないです。

イヴはケヤルガの発言に納得がいかない様子。この子はまだ主人公の操り人形になっていないので魅力がありますね。どうせすぐオナホ人形になるのでしょうけど。

意外にもケヤルガは料理が上手なようです。イヴが泣くほど美味しいみたい。ただ、こいつの場合、媚薬か何かを混ぜてんじゃないかと疑ってしまうんですよね…。

そして相変わらずフレイアとセツナはデレデレベタベタ。年中発情期で気持ち悪すぎですよ~。こういうシーンも主人公に感情移入できたら楽しめるんですかね?

あと、今回も設定説明回のようでやたらと会話シーンが長い…。イヴの魔物がどうのこうのとか…。

復讐ってなんだよ…

顔を変えて街に偵察に行ったケヤルガを、前回の賞金稼ぎが突如襲撃。見た目を変えてもニオイが同じなので本人だと分かったようです。

敵を返り討ちにしたケヤルガは「食べ物の恨みは食べ物で晴らしてやる」と発言。サブタイトル回収。美味しい食事を提供してくれた酒場を壊されたことに怒っているようです。

ケヤルガは賞金稼ぎの仲間たちにも復讐しないといけないと言いますが、復讐という言葉を便利に使いすぎでしょ、この人。

それに復讐の美学とやらを拡大解釈しすぎじゃないですか?前回の賞金稼ぎはイヴを襲ったわけであって、ケヤルガはそれに巻き込まれただけなのに復讐対象にしていいの?

ケヤルガはまた暴れられると思ったからかウッキウキ。凄く嬉しそうです。

ただの狂人ですねほんと。美学だなんだと言ってますが、所詮口先だけ。結局他人を痛めつけるのが楽しいだけでは?

悪趣味な夜襲

セツナの嗅覚で敵の隠れ家を探し出し夜襲することに。

ハーレム要員たちは洗濯を口実にして突然服を脱ぎだします。通常版では闇が濃い!

本当の目的はケヤルガを誘惑すること。そしてまた合体を始めるという……。それが夜襲の準備なんですか…。

扉の外で合体音を聞いているイヴも発情。ハァハァ…ハァハァ…。やっぱりな!そうなると思ってましたよ。

夜になり、敵の隠れ家に潜入します。

媚薬を魔物に使用して興奮させ、賞金稼ぎを襲わせます。牛型の魔物が牛男を犯すシーンとか誰得だよ…。それにしてもケヤルガは媚薬が大好きなんですね。

残りの賞金稼ぎも穴に落として魔物に“食べさせ”復讐(?)完了。イチイチやることが悪趣味だなぁ……。

無邪気な顔で「ケヤルガ様楽しそう!」と言うセツナもどうかしてる。やっぱりこの作品には異常者しかいないですよ。

これが一般向けの創作物だったら、最後は主人公が死ぬ展開にしないとダメですよね…。なろう系なので主人公が報いを受けずに済むかもしれませんが、一般人の感覚だと、こんな悪党が幸せになる結末は受け入れられないでしょ…。

うすうす

戦闘パートはあっさり終わってまた日常。

フレイアに新しい杖を買ったり、杖をヒールで改良したり、魔族の商人と交渉したり…。(交渉とだけ書くと、商人と合体したのかと誤解されかねませんね、このアニメの内容だと。)

今回は中身が薄い…。

ノルン姫(とM男)はどうなったのよ!と思っていたら、ラストシーンで街に攻めてきました!精鋭部隊を連れてるんですって。

うーん、これは街の人が虐殺される展開になるのかな?胸糞展開にして、ケヤルガの復讐に正当性を持たせるパターンっぽいですね。

きっと、罪のない街の人達を殺すなんて許せない!復讐しなきゃ!っていう流れになるのでしょう。

今回ケヤルガと会話した商人は、被害者役として出したのかもしれませんね。知らない人が殺されても復讐の動機としては微妙だから、ちょっと交流のある人を用意しておこうみたいな。

獲物到来

そして意外なことに、剣の勇者ブレイドがノコノコとやってきました!ノルンはブレイドを気持ち悪がっていたけど、やっぱり連れてきたのね。

これは次回に期待できそう!やっと本筋の話が始まる感じ。

フレア王女をリョナった後は寄り道ばかりして、全然関係のない相手に復讐ごっこを繰り返してきましたが、ついにメインとの対決ですか!?

ただ、2周目ではブレイドから何もされていないはずなんですよね。どうやって因縁をつけるのか楽しみです。復讐の美学なんて頭にない感じでケヤルガ側から手を出したら面白い。

次回のサブタイトルは「回復術士は、可憐な一輪の花になる!」

美少女の姿に化けて、ブレイドをおびき出す感じなのかな?ちょっと楽しみです。

次:女装百合アニメ?『回復術士のやり直し』第10話感想

『回復術士のやり直し』関連記事一覧

広告(DLsite)】

タイトルとURLをコピーしました