【月夜涙作品】『史上最強オークさんの楽しい種付けハーレムづくり』第1巻感想

偽名でマラソン大会に参加した狐作家、月夜涙先生による、シリーズ累計60万部の大人気ライトノベル『史上最強オークさんの楽しい種付けハーレムづくり』第1巻の感想です。

月夜先生のツイートによれば「売り上げのほとんどが電子」とのこと。

ちなみに筆者もDMMブックスで電子版を購入。最初は中古の紙の本を買おうと思っていたのですが、50%ポイントバックのキャンペーンをやっていたので電子にしました。

売上が電子に偏る理由は色々と考えられますが、タイトルに「種付け」や「ハーレム」が含まれる本をレジに持っていくのが恥ずかしいから、というのもありそう。

漫画版タイトルは「種付け」の部分が「異世界」に変えられています。買いやすくするためかな? なお「ハーレム」はそのままです。

「ハーレム」はそこまで恥ずかしくないってことなんでしょうか? 『異世界迷宮でハーレムを』もアニメ化されるらしいですし、ナウなヤングにとって「ハーレム」は極々普通のワードなのかも?

作品概要

『オークさん』は純粋な「小説家になろう」発の書籍化作品ではなく、第13回小学館ライトノベル大賞で優秀賞に選ばれ、刊行が決定した作品です。

と言っても、完全新規書き下ろしではなく、なろうで短期間連載され削除された『最強種族だが慢心せずに知識と技を極めてハーレムを作ろう』がベースになっているらしい。

また、分かりにくいことに、この作品はなろう連載時に何度もタイトルが変わったようです。

『最強種族に転生したが、慢心せずに技と知識を極めて亜人ハーレムを作ろう』
『魔人転生、圧倒的な力と人類最高峰の技と知識でハーレムづくり』
『女騎士の息子、英才教育の果てにハーレムを目指す』

と同じ作品みたいですよ。現在は削除されているので断定はできませんが。

掲示板等で、とある成人向け漫画の設定をパク…参考にして書いたのでは? と噂されていた作品がコレですね。「麻薬入りメンチカツ」とか「オークションで負けて奴隷強奪」の場面も有名です。

※以下ネタバレ注意

あらすじ

主人公オルクは転生者という設定ですが、前世のことは語られません。トラック事故とか、過労死とか、神様の手違いとかの描写はなく、いきなり異世界から始まります。

オークと女騎士の息子として産まれた主人公は、人間に近い姿をしており、純粋なオークと比べ力も劣ります。そのせいで村のオークたちからいじめを受けています。

母親の女騎士は、主人公を強くするため特訓を受けさせたのですが、あまりにも厳しかったので主人公は逃亡。拷問じみた特訓をやるくらいなら「いじめられていたほうがましだ」と考えながら、鬱々とした毎日を送っていました。

そんなある日、異種族の女の子たちを初めて目にした主人公はフル勃起。しかし、どの子からも相手にされず落胆します。

強くなれば彼女たちを孕ませられると母親に諭された主人公は、強い雄になるため厳しい修業に挑むことを決意する……というのが導入部です。

その後の流れですが、各分野の実力者を教師として呼び訓練を受けます(月夜先生の他作品キャラも教師として登場)。

数年が経過し強くなった主人公は街に出て商売を開始。軌道に乗ってお金が貯まったので奴隷オークションに参加。エルフ娘を競り落とそうとするも、いけ好かない金持ちに競り負けます。

しかし主人公は諦めません。移送中の馬車からエルフ娘を強奪、追っ手から守りつつ故郷の村まで送り届けます。

エルフの村にしばらく滞在、あれこれしていると、謎の敵が村を襲撃。さらに祠の封印が解かれ巨大な怪物が暴れ始めます。主人公は村とエルフ娘を守るため命がけで怪物に立ち向かう…というのが1巻のクライマックスでした。

全体的な感想&良かった点

意外と面白かったです。序盤の修行パートには興味をそそられませんでしたが、街に出て以降の話は楽しく読み進めることが出来ました。

以下、具体的に良かった点を語ります。

構成がきれい

同作者の『回復術士のやり直し』と違い、間延びして眠くなるようなパートが無いのも好感が持てます。『回復術士』では細かいステータスや無駄に複雑な設定の説明にページ数を割いていました。

『オークさん』は無駄がなく、一つの作品として綺麗にまとまっているという印象です。

話に緩急がありますし、終盤に盛り上がるシーンを用意しているところも良かった。主人公はメチャクチャ強いのですが、それでも苦戦するような強敵が出ます。

なろう系チート作品だと、序盤で最強になってしまい、残りは雑魚をつぶすだけの緊張感に欠ける展開になりがち。それを回避している点は評価できます。

また、綺麗にオチが付いており1巻だけで物語は半分完結しているのですが、黒幕の存在を匂わせ伏線を張っているので話を続けることも可能。手堅い構成ですね。『回復術士』のいきあたりばったり感とは大違いですよ。

料理描写が多い点は共通していますが、『オークさん』のほうは食材や調理法がより具体的に書かれているので読んでいて楽しいです。なんかおいしそう。

軽くて読みやすい

まさにライトノベルという感じで、気軽に読める内容でした。文章も読みやすい。あと、目立った誤字脱字はなかったです。編集さん、校正さんが出版前にしっかりチェックしたんでしょうね。好感が持てます。

ちなみに別出版社の『回復術士』書籍版には、Web版の誤字脱字が結構そのまま残ってました。

あえて転生者にしている

ネットで本作の感想を読んでみると、「主人公の前世が語られないので転生者設定にする意味がない」という指摘がありました。

しかしながら「主人公が現代知識を持っていても作品の整合性が損なわれない」というメリットがあるので決して無意味ではないと思います。

現地主人公なのになぜか「抗体」やら「アイマー器官」を知っている『回復術士』は、やっぱり読んでいて違和感がありましたよ。

さらに、たとえ現代知識チートをしなかったとしても、転生者設定があれば現代日本人の価値観・感覚を自然に持ち込めます。なろう系小説は一人称視点で書かれることが多いですが、異世界生まれの主人公が現代日本人の感覚で色々語ってると白けるんですよね。

なんだかんだで異世界転生設定って便利だと思いますよ。

ただし『賢者の孫』は、転生要素が足を引っ張っていると言われますけどね。前世の記憶がある元サラリーマンが常識知らずで「何かやっちゃいました?」は流石におかしい。

ヒロインが比較的まとも

月夜作品のヒロインは心のないオナホと批判されがちです。主人公にべた惚れし全肯定。自ら主人公との合体を求める都合のいい女ばかりという印象は否めません。

主人公の洗脳によって作り出された『回復術士』のフレイアなんて、まさに喋るダッチワイフですからねぇ。

いっぽう『オークさん』1巻に出るヒロインのエルフ娘(ティータ)には心が入っている感じでした。最初からべた惚れというわけではなく、少しずつ主人公に心を開いていきます。

また、ハーレムに拒否感を示すなど真っ当な感性を持っているのがいいですね。

気になった所&突っ込みどころ

良かった点は一通り書いたので、ここからは少々批判的な内容となります。また、物語の根幹に関わる重大なネタバレがあるので注意してください。

価値観が気持ち悪い

一番気持ち悪いと感じたのは、主人公の母親である女騎士の価値観ですね。主人公に向かって「雌に孕ませてほしいって思わせるような強い雄」になりなさい、と説教します。

女騎士いわく「どんな雌も強い遺伝子を取り入れて、強い子を産みたいって願望」があるのだそうです。女騎士本人も、かつて主人公の父親との戦いに負け組み伏せられた時、「お腹がきゅん」としたらしい。

……書いてて気持ち悪くなってきた。

まあ確かに、生物としては正しいかもしれませんが、理性ある人類ではなく野獣の考え方なのでは? たとえそれが真実だったとしても、そういうことを恥じらいもなく発言するキャラには好感が持てません。

女騎士は人間という設定だったはずなのに、完全にオークの考え方に染まってますよ。

また本作は、主人公が地の文で「孕ませ」というワードを連呼する異様な内容となっております。タイトルの「種付け」が与える印象に偽りなし!

終始この調子なので、一部の団体から女性蔑視としてバッシングされやしないかと、勝手に心配しています。

まあ、作者はギャグとして書いているのだと思います。月夜先生が女騎士のような価値観を持っているわけではないのでしょう……たぶん。

ちなみに先生の『魔王様の街づくり!』は、ポリコレ派(?)のアメコミ作家に批判されてました。いわくミソジニーでペドらしいですよ。

ドーピング

女騎士は修業前、主人公に怪しげな薬を飲ませます。これがなんと、苦痛を感じなくなる薬。疲れや辛さを感じられない状態にし、治癒魔法で体を修復しながらトレーニングすることで、通常の何倍ものスピードで体を鍛えることが可能になります。

実際主人公は3日間不眠不休で走り続けました。確かに合理的ではあるのですが、ナチュラルに倫理観が狂ってますね…。

病みつき(意味深)料理

次は、有名な薬物入りメンチカツの件です。

修業を終え街に出た主人公は、資金を得るため飲食店を始めます。前世の知識を利用し、メンチカツを作って売るという発想自体は問題ないのですが、隠し味(?)としてヤベー粉を混ぜます。

「舐めると脳内に化学物質が溢れ、多幸感を覚え、興奮作用がある」粉だそうです。それって麻薬なのでは?

でも、ちゃんと言い訳が書いてあります。「まるで麻薬のように聞こえるが薬膳料理のようなもの。依存症はなく、むしろ健康にいい」らしいですよ。ほんとぉ?

すぐ後に「普通の料理では絶対に得られない感動を味わえる」とか、「完全にメンチカツがきまっている。これでメンチカツ愛好家(ジャンキー)だ」という記述があるんですけど……。

やっぱ麻薬じゃん! 「ジャンキー」というルビを振ってる時点で言い逃れはできないでしょ。依存はないけど依存はあるとかいうトンチなんですかね?

主人公の倫理観が狂っている

麻薬入りメンチカツを売ることからも分かるように、主人公は倫理面に少々問題のある人物。奴隷オークションで負けたら平気で強奪しますしね。ルールなんて完全無視です。

都市に入る時には関税を払う行列に並ばないといけないのですが、「うっとうしい」という理由で城壁を飛び越し無断で侵入しました。

また、追い剥ぎを返り討ちにし「打撲や骨折がひどく二、三か月まともに歩けもしない」ほどに痛めつけ、金品を奪ってご満悦。(ちなみに奪った金で娼館へ行きました。)

主人公いわく「反撃するのだと良心が傷まない」のだそうです。『回復術士』の主人公ケヤルガに通じる所がありますね。「復讐の美学」を彷彿とさせる。

あと、商売に介入してきたヤクザを追い詰め手駒にして、「いろいろと汚いことをやってもらっている」んですって。

そういえば『異世界スマホ』の望月冬夜くんも前世でヤクザを手駒にしてたらしいですね。そういうのに憧れがある人も多いんでしょうか? 恐ろしいヤクザを従えているという状況は、優越感があって気持ちいいのかな?

話を戻します。そんな感じで善人とは言い難い主人公ですが、ケヤルガに比べればマシな性格だと思います。洗脳やレ○プを好まない分マトモ。

この作品のテーマと深く関係するのですが、主人公は「押し倒して喜ぶ雌としかしない」という謎のポリシーを持っています。

強くて魅力的な雄になれば雌のほうから喜んで股を開くという、母の教えを忠実に守っているんですね。それはそれで気持ち悪い考え方ですが。

あと、主人公は意外に良心的。敵が傭兵だと分かったら殺害せず、無力化するだけで済ませます。ケヤルガだったらテキトーな因縁をつけ「復讐」の名目で殺すでしょうね。

本作主人公はところどころ倫理観が狂っていますが、完全な悪人ではなく主人公らしい部分もあります。彼に魅力を感じる読者もいるかもしれません。

中途半端なテンプレ外し

本作を読むと、なろう系のテンプレから外そうと苦心しているのが見て取れます。

月夜先生はなろう出身の作家ですし、なろう的な要素が数多く含まれてはいますが、意識的にテンプレとは違う展開を目指したようです。

まず、主人公が「チートを貰って最初から最強」ではなく数年間修業して強くなります。

また、ヒロインは『回復術士』などのオナホ軍団とは違い、主人公全肯定マシーンではありませんし、ハーレムを当然のように受け入れたりはしません。

さらに、主人公を苦戦させる強敵が出ます。新人賞経由で出版し一般向けに売るのだから、なろうとは一味違うものにしたいという気概を感じます。

しかしながら、これらのテンプレ外しには言い訳程度の意味しか存在せず、本質的にはなろうテンプレの枠内に留まっているようにも思いました。

ネタバレですが、主人公は生まれた時から最強です。本人には記憶がないのですが、強すぎる力を自分では抑えられず、幼少期に暴走事件を起こしています。

地形を変えるほど暴れまわり危険視されたので、大賢者によって力を封印され、その結果弱くなっていただけでした。封印を解いたら世界最強クラスの力を発揮できます。

さらに父親は元魔王。母親は人間の国のお姫様で人類最強の騎士。

修業をつけてくれた教師は超一流ばかりですし、環境や血筋で見てもメチャクチャ恵まれています。主人公は産まれたときから全てを持っているエリート。

ここまで恵まれていると神様チートと大差ないレベルです。個人的にはそんな主人公に感情移入できないですし、応援したくならないですね。

修業シーンも、「そこらのなろうとは違いますよ~。ちゃんと努力してますよ~」と言い訳するために、ただ入れただけという印象。数年の修業がダイジェスト的にあっさり流されます。修業シーンそのものに面白味はありません。

また、強敵が出るのは良いのですが、封印を解き力を開放すれば圧勝できますし、ヒロインもデレるまで時間が掛かるだけで、最終的には主人公のオナホと化しそうです(1巻時点ではまだギリギリ大丈夫ですが、合体はしています)。

一味違うものにしようという努力は分かりますが、テンプレから外しきれておらず、結局いつものなろうと変わらないものになっているのは少々残念です。

まぁ、なろうテンプレが好きな人にとってはプラスの点なのですけどね。

作品総括

なろうテンプレから少し外し、王道少年漫画のような展開を取り入れようとした意欲作です。

タイトルや世界観は恥ずかしいですが、『回復術士』に比べれば他人に勧めやすい作品だと思いました。無駄の少ない構成ですし、読みやすさは評価できます。

余談1:元ネタについて(R18)

なろうや月夜先生に詳しい方はご存知だと思いますが、この作品には元ネタがあります。

それは他作者のなろう小説ではなく、しんどう先生による成人向け漫画『ショタオークくんはエルフのお姫様を上手に孕ませられるかな?』です。

  • 主人公の父親がオークの長で母親は女騎士。
  • 主人公は混血のため普通のオークより弱く、いじめられている。
  • 村のオークを見返すため外の世界へ旅立ち、女エルフと出会う。

これらの設定は全て、このエロ漫画が元になっています。

さらにマズいと思ったのは、『オークさん』プロローグの特徴的なセリフ

「やーい、おまえの母ちゃん女騎士!」

です。

元ネタの『ショタオークくん』には、

「や~い!ギドのかーちゃん女騎士~っ」

というセリフがあります(※ギトは主人公の名前)。

ちょっと、流石に、これは……。

他人の作品からインスピレーションを受けて新しい作品を生み出すのは創作の基本です。決して責められることではありません。

しかし月夜先生の場合、なんのひねりもなく、そのまんま他人のアイデアを流用しているので、パクリだの盗作だの言われるんですよね。

影響を受けるのは勝手ですが、少しはアレンジしてくださいよ…。なろうではなくエロ漫画が元ネタなのでバレないと思ったんでしょうかね?

まあ、笑えるくらい設定がそのままなので、興味のある方はぜひとも元ネタを読んでみてください。

330円とお手頃な価格ですし、エロ漫画としての実用性も高いです。おねショタ好きには強くオススメできます。下のリンクから買えますよ(露骨なアフィ誘導)。

【 DLsiteリンク 】
ショタオークくんはエルフのお姫様を上手に孕ませられるかな?

余談2:偽名でマラソン大会に出る狐作家

さいごに、月夜先生が偽名でマラソン大会に出場した件について書きます。

数年前のツイートで今は消えてるんですけど、月夜先生は、2019年4月21日(日)開催「第7回 あだち五色桜マラソン」に参加したと言っていました。

総合記録は今でも見れるのでチェックしてみると、10km部門に「月夜 涙」というおなまえが!

外部リンク:https://9f3422e7-1142-4dcc-b76f-bef3451cd547.filesusr.com/ugd/06c87c_268032d38db84d7d81d4928d287ba421.pdf

月夜先生の総合記録は、「0:54:56」。

筆者はマラソンに一切興味がなく、これが良いタイムなのか分かりませんが、10kmも走り切れるだけで凄いと思います。体力が命と言われる商業作家の鑑ですね!

筆者の場合、体力よわよわなので10kmも走る前に血反吐をはいて倒れます。特に某ウイルスまん延以降は電車さえ使わず、ガソリンを燃やして移動しています。

全然歩いてないのでますます貧弱になってんだよなぁ…。化石燃料を無駄遣いしているという罪悪感も……。

月夜先生は、徒歩かロードバイク(ふぉっくすている号)で移動するそうなので、地球にとても優しいですね!

話をマラソン大会に戻しますが、本名を隠しペンネームで出場するなんて流石は月夜先生ですっ!(オナホヒロイン風)。名簿にはざっと目を通しましたが、他にペンネームを使っていると思われる人はいませんでした。

ガードが硬いッ! 狐の被り物で顔を隠すだけの事はある! 本名と顔ってかなり重要な個人情報ですからね。迂闊に出さないほうがいい!

例のライトノベル大賞授賞式でも一人だけ顔出しNGでしたし、ネット社会における身の守り方を熟知していますね。有名IT企業の年収1000万超えエリートサラリーマン(元)は伊達じゃない!

「ききかんりー!」能力がメチャクチャ高いです!!

月夜先生は『まちカドまぞく』のアニメがお気に入りだったみたいですよ。もんも(千代田桃)の声優がケヤルガ声優と同棲しているのを知って、何を思ったのでしょうね?

ちなみにシャミ子の声優は、『無職転生』ロキシー役の人です。

高速無職転生こと『暗殺貴族』の偽ロキシー(ディア)の声優は、『閃光のハサウェイ』ギギ役の人です。

『暗殺貴族』とは、10月からアニメが放送される月夜涙作品、『世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する』の略称。

序盤の構成が『無職転生』を【模倣】し短く再編集したようなものだったので、高速無職転生と呼ばれるようになりました。ディアという名前は、ロキシーのファミリーネーム、ミグルディアから取ったという噂もあります。

いやー、放送開始が待ちきれないですね!そのタイミングで月夜先生がツイッターに復帰しないか注視しています。『オークさん』60万部売れてるアピールをして以来、何もつぶやかないのでつまらんです。

【広告】

まちカドまぞく 1巻

タイトルとURLをコピーしました