【アニメ感想】『まちカドまぞく』は予想以上に深くてシリアスだった

2019年夏アニメ『まちカドまぞく』、秋アニメも終盤の今になってやっと全話見れました。

夏は他に見たい作品が多くてリアルタイムで見られなかったんです。ネタとしてなろう系アニメを追ってたからですね。

(チー太郎=『異世界チート魔術師』が特に酷かったのでその手の作品が好きな人にはオススメ。)

この記事では、アニメ『まちカドまぞく』の良かったところを書いていきます。

※ネタバレ注意
まちカドまぞく (1) (ブルーレイディスク)まちカドまぞく (1) (ブルーレイディスク)

一味違う日常系

「シャミ子が悪いんだよ」で話題になった『まちカドまぞく』ですが、思っていたより何倍も良かったですよ。愛と優しさにあふれている素晴らしい作品じゃないですか。心が暖かくなった。

頭を空っぽにして見る癒やし系作品かと思っていたけど、それ以上のものがありました。

基本的にはきららの日常系らしい平和で優しい世界が描かれますが、時々、その裏にあるシリアスな設定や過酷な現実が仄めかされるところが一味違いますね。

荒んだ世界の中に残された最後の楽園と言うか、砂漠のオアシスと言うか、本作の世界観からはそんな印象を受けました。

見やすい構成

アニメ版『まちカドまぞく』は、ほとんどの話数で前半と後半が独立したような構成になっていました。CM前で一度話にオチがつくので短い空き時間にも安心して見られるのがいい。

他作品との比較

余談になりますが、個人的には他の日常系アニメもそうしてくれたら嬉しいです。

原作漫画のエピソードを頑張ってつなぎ合わせて長い話にしているアニメが多いけど、原作は連載一回分でひとまとまりの話になっている事が多いです。

無理にくっつけずアイキャッチでも入れて仕切り直せばいいと思います。アニメ1話につき2本から4本くらいのエピソードに分けてくれたほうがダレないから見やすいし、原作のテンポ感も再現できるのでは。

そもそもストーリー性の薄い日常系作品の場合、24分の枠ではなく、ショートアニメにしても良い気がします。

きらら系のショートアニメって『わかば*ガール』くらいだと思いますが、あれはすごく良かった。『きんいろモザイク』作者の過去作のアニメ化です。

また、体感時間が2倍になると言われネタアニメ扱いされている『キルミーベイベー』ですが、原作はテンポが良くてすごく面白いんですよねぇ。

原作とアニメのギャップが大きい。アニメ化の際無理に24分枠にしたせいでおかしくなったパターンだと思います。

久しぶり完走できた

短くまとめてほしいと思うのは、最近、日常系アニメを見るのが辛くなっているから。

『アニマエール!』も『わたてん』も結局最後まで見れませんでした。

第一印象が良く、キャラクターが好きになっても6話くらいまで見たら「もういいや」となってしまう。1話1話が長いな~と思ってしまうんですよね。

『まちカドまぞく』は久しぶりにダレずに最後まで楽しめた日常アニメでした。

キャラが魅力的

メインキャラには重そうな設定があっていいですね。ただ可愛いだけではない所に魅力を感じます。

シャミ子

主人公のシャミ子こと吉田優子。彼女は生まれつき病弱で体力が無く、かといって知能が優れているわけではありません。はっきり言ってポンコツな女の子。

でもすごい頑張り屋で、その健気さには心を打たれる。

突然背負わされた重い宿命にもめげることなく、前向きに頑張っている所を見ると桃じゃなくても応援したくなります。

ただのおバカキャラじゃなくて、不器用ながらも必死で生きてる感じがいい。すぐ泣いちゃうけど。

クールで強い(元)魔法少女の桃には暗い過去がありそう。魔法少女現役時代を思い出したくないらしい。精神世界も黒く淀んでいたし闇を感じる。

『まどマギ』以降、魔法少女というものに暗いイメージがついて回るようになりましたねぇ。

広い屋敷に一人で暮らしていて、表札には一人分の名前が消された痕跡があるのも意味深。家族が死んじゃって天涯孤独?日常系らしからぬ不穏な空気が漂っています。

戦いを挑んでくるシャミ子に対しては妙に優しい。魔族と魔法少女は敵対関係にあるはずなのに世話を焼いたりする。ここにも何かがあることを匂わせてます。(この謎はアニメ最終回付近で回収。)

また、料理ができずジャンクフードばかり食べたりと意外に不摂生なようです。

ミカン

第7話から登場したミカン。しっかり者の頼れるお姉さん的ポジションかと思いきや、この子も問題を抱えていました。

「呪い」と呼ばれるファンタジーならではの問題ですが、感情が高ぶるだけで周りに被害が出るというのは洒落にならない。何かのメタファーにも見えます。

なお、個人的には本作のキャラ中で一番えちえちだと感じました。シャミ桃にはなんかそういう感情を抱けない。可愛いのだけどそういう目で見られないですね。

あまり出番がなかったので2期に期待。

メイン2人が強い

他にも脇役はたくさんいるけど、基本的にはシャミ子と桃が中心のストーリーでした。2人に焦点を絞っているところに新しさを感じます。

日常系には、メインキャラを4、5人出し、それぞれを絡ませてエピソードを作る作品が多いです。

でも、本作はメイン2人のキャラが立っているので、サブキャラを出さなくても十分話を作れそう。

ストーリー性がある

日常描写を中心に据え、大きな事件やイベントを極力排除するのが日常系作品です。

『まちカドまぞく』も日常描写が中心になっていますが、同時にストーリー性やドラマ性もありました。

日常系でありながらストーリーものに近い構造を持っている。きらら作品の中では異色かもしれません。

『ゆゆ式』という作品は日常系の中でも特に徹底してイベントを排除し、会話シーン中心の描写に徹することで独自のポジションを築きました。

「ノーイベント グッドライフ」という言葉に象徴される世界観です。日常系の中の日常系という感じ。

一方『まちカドまぞく』はその逆をやっていると思います。しっかりした裏設定やキャラクターの葛藤、成長を盛り込んで、ストーリーものに近づけることで独自性を出している。

もちろんよくあるストーリーものとは違います。日常系をやりつつも、背後ではしっかりストーリーが動いている感じ。

日常描写とストーリーのバランスがすごくいい。気軽に見れつつも次が気になるし、感情が動かされます。

意外に重い設定

日常系的な演出で明るく軽い話に見せているけど、その背後にはシリアスで重い設定があります。

本人は全く好戦的な性格ではないのに、一族の因縁のせいで戦いに巻き込まれたり、過去の事件によってトラウマを抱えていたり、平和なのは街の中だけで、外側では熾烈な戦いが繰り広げられていたり。

この設定なら、もっと暗くシリアスに演出することも難しくは無いと思います。key作品みたいなお涙頂戴な展開にもできそう。

けれども、日常系の雰囲気から外れないよう、話が重くならないよう、ギャグやコミカルな描写でシリアスさを隠している。

日常系でありながら話に深みが感じられるのは、平和な日常の背後にあるシリアスな設定のおかげなのかもしれません。

深読みしたくなる

色々設定があるので深読みをしたくなってしまいます。原作は未読なので見当外れの推測かもしれませんが……。

メタファー?

魔法少女と魔族が対立しているという設定は、現実世界の色々な対立、分断のメタファーにも見えます。

人種、民族、宗教などが原因の生々しい対立を、ファンタジーな魔法少女と魔族の対立に置き換えてマイルドにしているようにも思える。

魔族というのは異民族やマイノリティとかぶって見えてしまう。

魔法少女は一見正義側のようだけど、魔族をひどい目に遭わせていることが仄めかされています。

独りよがりな正義感で敵とみなしたものを叩き潰す奴ら。現実にもいますね。

桃が何やらトラウマを抱えているのも、上からの命令で罪のない魔族を殺めたことに罪悪感を持ってしまったからなのじゃないかと。

シャミ子に優しくするのも罪滅ぼしの意識があるからなんじゃ……。

シャミ子は角が生えているけど全然邪悪じゃないし優しい。でも魔族だからやっつけようというのが一般魔法少女の考え方なのでしょう。怖さを感じます。

対立はなくならない

激しく対立する勢力に属しているシャミ子と桃が仲良くしていることには重みがあります。メッセージ性も感じる。

先祖の因縁など、歴史的・社会的な理由によって押し付けられた対立関係を克服する話になっています。

本人たちが望んでいないにも関わらず、対立関係に置かれてしまった。でも一人ひとりの人間としては分かり会えるかもしれないという、救いを感じる。

でも、それはごく限られた場所でのみ起こった、例外的なこと。

シャミ子たちの住む街(せいいき桜ヶ丘)の外では今でも対立と激しい戦いが繰り広げられているらしい。

桃姉の貼った結界のおかげでシャミ子の街だけ平和。魔法少女と魔族が仲良く共存できてるけど、それは例外的な状況でしかないという。

ここがなんかシリアス。日常系によくある平和で優しい世界じゃない。文字通りこの街だけが聖域だったという。とても意味深でした。

生かされている

人は自分一人で生きているのではなく、色々な人のおかげで生かされているというメッセージも感じます。

シャミ子は生まれつき体が弱く、そのままでは長く生きられない状態でしたが、父親と桃の姉のおかげで命を繋いだようです。

でもその結果、父親は箱の姿になってしまい、桃の姉は行方不明に。

アニメ化以降の話は読んでいないので真相は知りませんが、桃の姉はシャミ子を救うために力を使い過ぎて消えてしまったようにしか見えない。

魔法少女が力を使い過ぎると人の形を保てなくなることはアニメでも言及されていました。

おわりに

すごくよかったです。基本的には日常系で気軽に見れるけど、深読みしたくなる設定もあって、色々考えさせられました。

何もない日常は誰かの犠牲によって支えられているし、外に目を向ければ殺伐とした世界が広がっている。日常というの儚いものなんだなと。儚さゆえの尊さを感じました。

何もない日常が送れるというのは実はとても幸せなことなんですね。ここまで深いテーマが隠されている日常系作品は初めて。ちょっと感動しました。

ストーリーのことばかり書きましたが、映像や音響など含め全体的にクオリティが高い作品です。

最終回ではシャミ子の母が隠していた吉田家の謎の一端が明らかになったけど、まだ謎は残っているし、魔法少女たちの過去も気になる。2期に期待です。


タイトルとURLをコピーしました