2期のキャラに対する不満など – 『鉄血のオルフェンズ』2期感想パート2

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』2期の感想は既に書いたけれどまだ書きたいことがあるのでパート2。

◆前の記事:雑な脚本と不条理な結末 – 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』2期感想

色々なアレな部分がある『鉄血のオルフェンズ』だが、途中までは面白かったし戦闘シーンは格好良かったのでクソアニメとして切り捨てることもできず、忘れようにも忘れられない。

思い出す度もったいないアニメだなと感じる。キャラデザや声優陣の演技、作画、音楽どれを取ってもハイレベルだったのに終盤のシナリオが最低だったせいで台無しになった。

高級食材の調理に失敗してとても食べられないものが出来上がった感じ。シナリオ考えた人の所にもったいないもったいないおばけが出るよ。

メカデザインにしても文句の付けようが無いくらい素晴らしいのに残念だ。

スポンサーリンク

不満があるのは視聴者だけ?

終盤の脚本がとにかく酷いけどそう思っているのは視聴者だけかもしれない。

行き当たりばったりで作ったら尺が足りず仕方なくこうなった、妥協の産物がコレだと制作側が認めているのならまだ分かる。だが、インタビュー記事などを見る限り監督や脚本は終盤の展開が不自然だと思っていないみたい。

心の底からこのシナリオで問題無いと思っているのならプロとしての資質を疑う。声優からは疑問の声が上がっていたというのに。

魂を込めて演じてきたキャラが突然無能にされたり雑に退場させられたりしたら違和感を持つのが人情。終盤のシナリオは人の心が分からない者が書いたような気味悪さがある。少なくともスタッフは鉄華団やマクギリスが好きじゃないのだろうな。

非常に胸糞悪い

終盤はとにかく視聴者の感情を逆なでするような展開ばかりだった。

何の前振りもなくいきなり現れた暗殺者にバババババババッと銃殺されたオルガ団長。しかも深い理由があって暗殺されたわけではなく、「見かけたからとりあえずやっときました」みたいなノリで理不尽極まりない。

ろくに活躍させてもらえず在庫処分のごとく片付けられたハッシュ君や、宇宙から飛んできた爪楊枝にやられる三日月と昭弘。誰がそんなシーンを見たいと思うだろうか。ちゃんと戦って負けたならまだ納得行くけど、ヒットマンとダインスレイヴという反則技で始末された。

それにマッチポンプで市民を虐殺してきたラスタル・エリオンを清濁併せ呑む大物として描いちゃダメでしょ。どんな理由があっても虐殺を正当化するのはマズいと思う。

治安維持のためなら民間人を武力で弾圧してOKって民主国家に住む人間の発想とは思えない。独裁国家のプロパガンダアニメじゃないだろこれは。ラスタルを肯定的に捉えている人は、デモ隊を虐殺した某国の一党独裁体制や、将軍様による強権的支配体制に賛同していそうで怖い。

全滅したほうがマシ

監督は鉄華団を全滅させたかったらしい。唯一生き残ったライドがノブリスを暗殺するシーンだけ入れて終わる予定だったけど脚本家が反対して今のような中途半端なハッピーエンドになったという。

全滅エンドは悲しい終わり方ではあるけど筋は通っているからそうしたほうが良かったと思う。敵側のお情けで無理矢理ハッピーエンドというのは気持ち悪い。モヤモヤが残る。

この後は前の記事で書けなかったキャラクターについての感想を中心に書いていく。

劣化したガエリオ

2期ガエリオはただのお邪魔虫に成り下がった。率直に言ってうざったい。1期の彼は結構好きだったのに2期では一切共感できないクズ野郎になった。

こんなことになるくらいなら1期で死なせてあげたほうがマシだった。そもそもコックピットを貫かれたのに何故生きている…。

なんと一部スタッフに好かれていたから設定が捻じ曲げられ生存になったらしい。それってどうよ。

好き嫌いでシナリオを歪めていいのか。こいつが出しゃばらなければ無能にされたマクギリスでもラスタルと相打ちくらいにはなっていた。

2期ガエリオはまるで別人である。チャラいように見えて正義感が強く熱い心を持っていた彼が冷めた人間になってしまったのはどうなんだ。正義感を失って個人的な復讐だけしか考えられなくなってる感じがする。

アインの二の舞だね。嫌悪していた阿頼耶識システムを使ってアインの脳と合体しちゃってるし。

気になるのは戦闘がアイン任せな部分。自分の力で復讐しなくて良いのか? 危なくなると「アイン頼むぞ」って…。ドラえもんに頼るのび太くんが脳裏に浮かんだよ。

他人を当てにせず己の力のみに執着するマクギリスとの対比なのかもしれないけど、一人では戦えない腑抜けにしか見えない。どう足掻いても自力ではマクギリスに勝てないと諦めていたのだろうか。

正義感がない

一番痛いのは彼の美点である正義感や実直さが無くなっているところ。コロニー編でギャラルホルンの腐敗に怒っていたガエリオはどこに?

ギャラルホルンの腐敗の象徴のようなラスタルの手下になっていて、彼の不正に不快感を示す様子もない。眼の前で悪事を働いていても全然気にならないどころか自分もモビルスーツに乗ってその悪事に加担している。

救ってもらった恩義があると言ってはいるけど恩人なら悪いことしてもOKってことかい?その程度の倫理観しか持ってなかったのか。

本来ならマクギリスばかりに執着せずラスタルも葬るべきなんだよな。直接命を奪わなくても不正を暴露して失脚させるとか。1期の彼ならそうしてもおかしくない。

やっぱり1期ラストで死んだのだな彼は。見た目だけガエリオで中身は別人だ。好意的に解釈するなら一命はとりとめたものの脳の一部が壊れたということなのだろう。

大局が見えておらず私怨でマクギリスを倒すことしか眼中にない小さい男よ。1期終盤に見せた主人公っぽさの欠片も残っていなかった。

エピローグでは精神崩壊した妹のことを気にも留めていない様子で女とイチャイチャ。ヘラヘラしてるしクズぅ…。肉食ってる場合じゃないだろ。

鉄華団壊滅から何年も経過しているのに車椅子で病院暮らしというのも謎である。半身不随になっているとしてもずっと病院にいる必要は無くないか? 貴族なんだし家で介護を受けるのも余裕でしょうに。

もしやアルミリアに会いたくないから病院にいるのか。妹の夫だったマクギリスを殺めた負い目があって逃げてんのかな。それはそれで情けないお兄さんだなぁ…。

棚ぼたジュリエッタ

ジュリエッタはギャラルホルン版三日月。ラスタルに拾ってもらったから何でも言うこと聞きますなんだよな。絶対の信頼を持っていてラスタル様様。ラスタル様の言うことは全部正しい。

三日月よりは主体性がありそうだけど基本ラスタルのことは疑わない。ラスタルのやる悪事は良い悪事だと思っているフシがある。

終盤ではラスタルの手下として鉄華団を圧倒的大群で囲んでボコる。非情であっても通さねばならぬ大義があるなんて言ってるけどこれも見方によっちゃ思考停止。本当に大義なのかそれは。

善悪が分からんやつばかりなんだよな鉄血の登場人物は。自分でものを考えていない。「他者に理解できぬものであろうと」人にはそれぞれ大義があるなんて言ってるけどそれは独善。

とりあえず自分らが善で敵は悪だから殺しとこうみたいな短絡的思考。それは鉄華団、アリアンロッドどちらも同じ。

そのくせエピローグで鉄華団は悪魔ではなく人間だったと言っちゃうし何なのよ。鉄華団と深く交流したわけでもないのに話す内容が飛躍しすぎ。ジュリエッタが考えて喋っているのではなく制作陣の言わせたいことを言わされているようにしか見えない。

しかもこの人ほとんど何もしてない。ラスタルの命令でチョコチョコっと前線に出るだけ。主体性もないしはっきり言って傍観者に近い立ち位置。

それなのに爪楊枝が刺さって絶命寸前のバルバトスにとどめを刺しただけで英雄扱い。ギャラルホルンの次期リーダー候補。なにこれ…。そもそも戦士であって政治ができるキャラじゃないでしょ。

一部スタッフのお気に入りだから優遇されたという話は真実なんだろうな。好きになれないキャラだけどイオクに対する蔑んだような目つきだけは好き。

残機たくさん

ジュリエッタもガエリオも謎の優遇を受けてる気がする。敵側なのに主人公補正がついてるな。しかも残機多いよねこの2人。残機というのはモビルスーツの予備という意味ではなく、魂のストックのこと。ゲーム的な意味で。

ジュリエッタは三日月に負けて血まみれになってたのにケロッと復帰してるし、ガエリオは1期のコックピット攻撃で明らかに死んでたけど復活。スタッフに愛されているからスーパーマリオみたいに残機が無くなるまで何度でも蘇るんだろうね。

それに引き換え鉄華団サイドの命の軽いこと軽いこと…。

火星の女王

棚ぼたと言えばクーデリアも。2期では特に何もしていないのにエピローグで火星連合の議長になっている。オルガがあれだけ足掻いてもなれなかった火星の王にあっさりなっちゃうのも結末の理不尽さを際立たせている。

自分の力じゃなくてテイワズの支援とラスタルのお情けで火星の代表になってしまうとは。だがこれは見方によっては悲劇。神輿として担がれただけだものな。

後ろ盾に見放されたら失脚することになるし、不本意なことをやらされているのかもしれない。結局汚い大人が勝利する話なのよね鉄血って。

スケープゴートのイオク様

イオクは無能な働き者。自分のやってることの意味がわかってない。極悪人ラスタルの手先として正義とは正反対のことやってるのにそれが理解できない。

腐敗に加担してるのに自分は正義を行ってるつもり。家柄だけで脳みそ空っぽ。部下の名無しモブのほうが賢いという。

身代わりとして犠牲になった部下のために涙を流せるから根は悪いやつじゃないのだろうだけどいかんせん頭が悪すぎる。教育を受けていない鉄華団員にも劣る脳みそだから、家柄なしでは誰にも相手にされなかっただろう。

メンタリティもお子ちゃま。アホなのになぜか人望だけはあるという。子供みたいな純真さが魅力なのかね。

でも可愛そうなキャラクターだ。ただ嫌われるためだけに生み出されたような感じ。そして視聴者のヘイトを一身に背負って悲惨な最期を遂げた。

直接的な因縁の無かった昭弘がイオクの名前を聞いて激昂するのは不自然だった。確かにタービンズ壊滅はイオクのせいなんだけどちょっと飛躍しすぎだよな。

「イオクを始末したい」&「昭弘を活躍させたい」という制作側の都合が合わさって若干違和感のあるシーンが出来上がったのだろうな。マクギリスの無能化然り、ストーリーの都合でキャラの言動を捻じ曲げるのはやめてほしい。

バエル戦でやられていれば綺麗な終わり方だったのになあ。仲間のための囮として役に立って逝けた。でもバエルソードのコックピット攻撃が微妙に身体から逸れて生存。何故外したマクギリス。いやマクギリスのせいではなくスタッフが外させたんだろうな。

制作陣に無理矢理延命させられ、最終回でペシャンコにされたイオク様は本当に哀れ。憎むべきはイオク様ではなく設定とシナリオを考えたスタッフだ。イオク様は雑なシナリオを無理矢理先へ進めるために利用され嫌われ者にまでされた被害者。

オルガ死亡シーンの何がいけないか

オルガ死亡シーンのおかしな点は散々指摘されているけど特に気になった所を挙げる。

唐突で暗殺の必然性がないところ

何の伏線もなく取って付けたように暗殺されたのがいけない。以前から命を狙われていたとかなら分かるけど。

暗殺された理由もふわっとしていて納得できない。ノブリスに命令されてやったわけもなく部下のモブが独断でやったって一体……。

メインキャラ死亡エンドという結論ありきで、制作陣は最終回までにオルガを始末しときたかった。でも劇的な最期にするには尺が足りないからサクッと簡単に片付けられるヒットマンを出しただけなのだろうな。

実際3分くらいで済んでるしカップラーメン並にお手軽だったね。任侠もののオマージュというのは単なる言い訳に過ぎないと思う。

暗殺されたのは第48話のラスト。ここでお片付けしないと残り2話しか無いからなあ。やはりスケジュールの都合で雑に始末された感じか。

手当しないところ

誰も応急処置しないところも疑問だ。それで助かるかどうかは別として、まだ辛うじて生きている段階なのに涙を流して見ているだけというのは不自然だよ。

即死ではなくヨタヨタ歩いてペラペラ喋れるくらいの元気はあったわけだし。

団員たちはまるで死を受け入れているかのような態度だ。あれだけ撃たれたらダメかもしれないけどなんとか助けようと悪あがきはするでしょ。大切な団長なんだし。それがないから変なのよね。

助かってもらっちゃまずかったんですよね脚本的に。またシナリオにキャラが歪められた。

音楽で誤魔化すところ

声優の迫真の演技とED曲「フリージア」のおかげで感動的なシーンのように見えてしまうけど冷静になって考えるとアホらしい最期だ。

撃たれた後立ち上がってヨタヨタ歩きだすのは滑稽。変なポーズで倒れるし、倒れた後も血が前に進んでいくという寒い演出も嫌い。これで人を感動させられると思ったのだろうか。

これならラフタのように即死だったほうがネタにされなくて良かったような。

主要キャラが死んでしまう展開は仕方ないとして、もっと丁寧に描けなかったのだろうか。例えばアメリカン・ニューシネマには主人公が銃撃されて死亡エンドというのがよくあるけど、鉄血と違って安っぽくないし心に残るものがあるんだよな。

ヒットマンにやられるにしても銃撃戦をしっかり描くとか出来ただろうに。何故こんなあっさり雑に退場させたのだろう。スタッフがもう少し有能だったらオルガも壮絶な最後を遂げられたのかもしれないのにもったいない。

「止まるんじゃねぇぞ…」というセリフ

「俺は止まんねぇからよ、お前らが止まんねぇかぎり、その先に俺はいるぞ! だからよ、止まるんじゃねぇぞ…」

どうにでも解釈できる意味不明なセリフ。ネタ以前に何を伝えたかったのか要領を得ない遺言だ。なんでこんなセリフを言わせたのだろう。

無茶をして団員の命を危険に晒すより安全策を取って生き延びることを優先すべきだったと、終盤でやっとオルガは気付いた。

それなのに「止まるんじゃねぇぞ…」ってなんなんだよ。今までの調子で危険を冒して先に進むことを推奨しているみたいじゃないか。脳筋の団員にそう解釈されてもおかしくないよ。

「その先に俺はいるぞ!」っていうのも無茶をして命を落としたらあの世でオルガに会えるみたいなニュアンスを感じてしまう。団員を死地へ向かわせるおそれのある罪深い発言なんだよな。

1期ラストのように生きろ生き残れ、お前たちは死ぬんじゃねぇぞ、と言うべきだったんだよ団長は。そうすればライドが道を誤ることはなかったかもしれない。

オルガは本心では団員に平穏な生活を送ってもらいたかった。復讐の鬼になって危険な道を歩んでほしくは無かったはず。

それでもオルガは魅力的

雑な死亡シーンだが、仲間をかばって命を落としたという点だけは評価できる。仲間のためなら自らの命も差し出せるオルガ・イツカという人物をよく表している。

この判断は組織のトップとしては失格で、部下を盾にしてでも生き残るべきだったのだろうけど、それをしないのがオルガの魅力だと思う。

汚い奴や非情な人間ばかりの鉄血世界では珍しく、彼は綺麗な心を持ち情に厚かった。オラつく所とか、頭が悪くて行き当たりばったりな所はどうかと思うけど憎めない人物なんだよな。

「火星の王になる」なんて大それたことを言っていたけど権力欲のある人ではない。自分が火星の王になることで仲間を幸せにできると思ってたからそこを目指しただけ。

私利私欲で動いていたのではなく仲間の幸せを第一に考えていた。人格的には素晴らしいから、もう少し頭が良ければ優秀なリーダーになれたのだろうけどね。

頭の切れる参謀役がいれば良かったのだけど、ビスケットが亡くなってからは周囲が脳筋だらけになってしまったからなぁ。相棒の三日月は武闘派で彼を過激な方向へと誘導するし。色々環境的に気の毒な人物でもある。

情けないとか言われて叩かれてたけど、終盤に仲間を逃がすため悪あがきする団長も好き。

おわりに:鉄血まとめ

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の全体を振り返る。

文句なしに面白いと思えたのは1期の13話まで。これから見ようと思う人で、時間の無い人、期待を裏切られるのが嫌な人はそこで止めておくのが無難かなと思う。

確かに1期は比較的評判が良い。14話以降も面白いことには面白いのだが雑な展開や胸糞悪いシーンなど粗も目立つようになる。それでもまぁ、2期に比べれば十分見られるし次が気になる展開ではある。

2期前半はちょっと暗くてパッとしない話が多いものの一定のクオリティは保たれている。と言っても、最終回視聴後に振り返ってみると本筋と無関係のどうでもいい話が多いのだが。

ここで尺を無駄遣いしたせいで終盤が残念な出来になったような気もする。モビルアーマーは散々もったいぶっておきながら後の話に一切関係しない。パーツがバルバトスに流用されただけ。

バエルが出る43話あたりから展開がシッチャカメッチャカになる。突っ込みどころ満載。キャラの言動がおかしくなり、在庫処分のごとくサクサクと雑に人が死んでいく。

伏線も投げっぱなしで一切回収されない。そして最終回のエピローグで無理矢理ハッピーエンドっぽくしておしまい。うーん酷いなコレは。

暇な物好きにはおすすめできるアニメ。2期終盤もネタとして楽しむことはできる。真面目に面白いものを期待して見るとガッカリする可能性が高い。

アンチやオルガネタでやってきた人間が過剰に叩いているだけかもと思っていたけど、全然そんなことはなかった。叩かれて然るべき内容。

キャラクターや世界観が好きだった人ほど批判したくなる。2期終盤は1期から積み上げてきたものを全てぶち壊す展開。

心に残る良質なアニメを見たい人は他を当たったほうが良さそう。

PR



定額アニメ見放題サイトdアニメストア。月額400円(税抜)で最新作を含む2500作品以上のアニメが見放題。さらに初回31日間無料です。