雑な脚本と不条理な結末 – 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』2期感想

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』2期(26~50話)、dアニメストアで視聴完了。

ネット上ではクソアニメだのガンダムシリーズ中最低の作品だのと散々に叩かれているけど思ったより酷くなかった。酷くないどころか結構楽しめたし、色々なことを考えさせてくれる良い作品だと思った。

でもやっぱり終盤の展開はいただけない。もう少しなんとかならなかったのか。2期終盤はクソアニメと言われても仕方ない出来だと感じた。心理描写など細かい部分は良かったのだけど物語の流れが雑で不条理極まりないオチになっている。

スポンサーリンク

協力が得られないのは想定外

マクギリスが後先考えない無能キャラになった44話から全てが狂いだした。

伝説の機体ガンダム・バエルを手に入れさえすればギャラルホルンは自分に従うと思い込み、他の策を一切考えないままクーデターを決行。当然ながら有力者の協力は得られず少数の信奉者と鉄華団だけで強大なアリアンロッド艦隊と戦う羽目に。

「彼らの協力が得られないのは想定外だった」という迷言に苦笑。こんなお馬鹿キャラじゃなかったでしょマクギリスって。馬鹿の巻き添えになって壊滅する鉄華団は滑稽でしかない。滅びの美学を描きたかったのだろうけど、滅びへの持って行き方が残念すぎる。

アリアンロッド艦隊 VS マクギリス革命軍&鉄華団の戦いは最初から多勢に無勢。マクギリスと鉄華団は見せ場もなく一方的に追い詰められていく。

さらに、数で圧倒しているアリアンロッド側が最強のチート兵器ダインスレイヴを使うという理不尽な展開に。モビルスーツや戦艦を簡単に倒せる最強の爪楊枝って…。

百歩譲ってダインスレイヴの登場を認めるとしても勿体をつけるべき。あっさり使いすぎ。

そもそも、あの状況で違法兵器を使ってラスタルの立場は大丈夫なのだろうか。相手側に忍び込ませたスパイに先に使用させ、「報復のため使った」と言い訳してはいるけど無理がある。準備万端ですぐ打ち返せたのが不自然に思われるだろうし、優勢な状況で違法なものを使うことに味方は納得するのだろうか。

ラスタルは鉄華団を叩き潰すことが犯罪の抑止力になる云々と言っているけど自分らが犯罪者じゃん。ギャラルホルンの権威失墜だよ。違法な代物を大量に出してきても糾弾されないくらい腐敗しているのか、ギャラルホルンは。不思議で仕方ない。

どうせならバエルをもっと強い設定にするとか、マクギリスが馬鹿にならず秘策を使うとかで鉄華団サイドを活躍させてほしかった。アリアンロッド艦隊を追い詰めたところでダインスレイヴが出てきて押し返されるという展開のほうが盛り上がる。ラスタルが違法兵器を使う大義名分もできるし。

止まるんじゃねぇぞ…

有名なオルガ団長死亡シーンは本当に唐突で取って付けたような印象。事務的に退場させられた感じで感動も何もない。そりゃネタにされるわけだ。

主役死亡エンドは決定済みだけど最終回まで話数が残っていない。尺を使わずに始末するにはどうしたら良いかな?そうだ、フミタンやラフタの時みたいにヒットマンにやらせとこっていう安易な発想にしか見えない。制作陣にとっては便利なキャラだろうねヒットマン。

終盤がつまらなくなったのは全部同じ理由だと思う。要するに尺不足。結末は決まっているけど50話で終わらせないといけないから帳尻を合わせたい。見せ場なんて作っていたら尺が足りなくなるからマクギリスの脳みそを減らし悪あがきを出来なくする。そしてチート兵器とヒットマンで無理やり主人公達を始末してサクッと終わらせようと。

地球の紛争やモビルアーマー戦など本筋と関係が薄い話に尺を取りすぎたねこれは。1クール丸ごと使ってクーデター編をやっていればマトモな話になったかもしれない。制作陣(主に監督とシリーズ構成兼脚本)が全体像を描かず行き当たりばったりで作った結果がコレなんだろうな。

強引にハッピーエンド

最終回の後半パートで無理矢理ハッピーエンドっぽく終わらせたのも不条理だった。鉄華団主要メンバーはそれこそ意味もなく命を落としたのにね。

クーデリアは鉄華団の皆のおかげで良い世界になったように言っているけど、冷静に考えると鉄華団ほぼ関係ないでしょ。自分を納得させるためのこじつけにしか聞こえん。

世界が良くなったのはラスタルが突然(都合の)良い人になったおかげ。火星を独立させ、ギャラルホルンを民主的にしただの、ヒューマンデブリ禁止条約に署名しただのと。

いや、何急にキャラ変わってるのよ。ラスタルにとってはそうする必然性がないでしょう。伝統や秩序を重んじるキャラだったじゃん。どんな心境の変化があって改革なんてしようと思ったんだろう。

心変わりの伏線も全く無かった。ラスタルは秩序のためなら暴力上等、鉄華団のような人間は宇宙ネズミ呼ばわりで差別対象だったのにな。ハッピーエンドにするため無理やりキャラが捻じ曲げられた感じ。

それ以前に何をしたいのかよく分からん人物なんだよなラスタルって。秩序が好きみたいだけどそれ以上の深掘りがない。人物描写を重視している本作で彼だけは内面がほとんど描かれていない。行動に一貫性がなく制作陣の都合に合わせて動く便利キャラにも見える。ヒットマンと同じく話を畳むための舞台装置にすぎないのかも。

無理やり良い話に持っていくくらいなら鉄華団全滅、クーデリア死亡エンドのほうが筋が通っていて納得できた。ラスタルは強権的支配で人々を苦しめる悪人でいてほしかった。コロニー編で労働者を虐殺したり、自作自演で紛争を起こしたりする汚い奴こそラスタル。

でないと彼と戦った意味ないでしょ。この終わり方だと、普通にマクギリスが頭を下げてお願いすれば改革してくれたみたいな流れじゃん。マクギリスが目指していた改革を何故か反対派の敵がやってくれましたってひたすら不条理だな。

あとがき

終わり良ければ全て良しの逆をやってしまったのが『鉄血のオルフェンズ』だと思う。終わり方が酷かったせいで全体が駄作扱いされてしまう。2期終盤と1期コロニー編以外は文句なしに面白かったからもったいない。

王道から大きく外れたキャラクター達やハードな世界観、映像も声優の演技も音楽も素晴らしい。それなのに終盤の雑な脚本が全てを台無しにしてしまった。脚本以外は高品質なだけに本当に惜しい作品だった。

◆関連記事:2期のキャラに対する不満など – 『鉄血のオルフェンズ』2期感想パート2