キャラ絵の省略が気になった:アニメ『ヤマノススメ サードシーズン』4話から6話の感想

4年ぶりのアニメ化で期待の大きかった『ヤマノススメ』だったが、2話のキャラ絵が非常に独特。一人作画(原画)回なので作家性によるものという解釈もできるが、作画崩壊扱いする人もいるような出来栄えだったので一抹の不安を感じていた。

嫌な予感は当たっていて4話以降も絵が変な感じの回があり不安が増している。予算やスケジュール、人員に余裕が無いんじゃないかと。このまま行くと終盤でもっと崩れてしまいそうで心配。

絵のことも含め4話から6話それぞれの感想を書いていく。

※1話から3話の感想はこちら

スポンサーリンク

4話 『クラスメイトと遊ぼう!』

コミュ障あおい

あおいのコミュ障っぷりが遺憾なく発揮された回。クラスメイトと会話中のひなたに上手く話し掛けられないあおい。か細い声で「ひなた~ひなた~」と呼びかけるのが可愛い。

良いものを見せてもらいました。筆者としてはあおいが成長せずコミュ障のままでいてくれても一向に構わない。ひなたにべったり依存して病的な感じでいてくれたほうが逆に嬉しい。

中学時のあおいは完全なぼっちだった模様。高校生になった現在もクラスにひなた以外の友達がいない。でもクラスに友達がいたらいたでいいかなと思うあおいであった。

一人もいいけど他愛ないおしゃべりもしたいんだって。コミュニケーション欲求はあるみたい。根っからの一人好きではないのだな。

編み物している時クラスメイトに話しかけられたけどカミカミ。それでも頑張って会話しようとするあおいを見て成長を感じ笑顔になるひなたであった。

悪人がいない

この世界いい人ばっかだね。クラスメイトも重度コミュ障のあおいを見下したりせず、上手に会話を引き出してくれる。カラオケに誘って一緒に歌ってくれるし妙に優しい。というか、優しすぎてちょっと違和感ある。

あおいが考えすぎているから友だちができないみたいな流れになっている。でも、カラオケでみんなが知らないマイナーな曲を歌って変な空気にならないか心配するあおいは、別におかしくないと思うぜ。

たとえクラスメイトが意地悪な子じゃなかったとしても気を使って微妙な雰囲気になることもあるだろう。

善人しかいない世界なのにそれに気付かず他人を恐れているあおいは変、みたいな描写になってる。本作はストレスフリーの日常系とは違いキャラクターの黒い部分や挫折、苦悩も描いてきたのに、この回は主人公に都合よく事が運びすぎだと感じる。

少しは敵対的な人間、あおいのことを良く思わない子を出しても良いのでは? それを乗り越えてこそ成長を描ける。見返すとか、和解するとかね。皆協力的だと何か嘘っぽいし、成長も何もないのでは。

『ヤマノススメ』って、安易な美少女動物園とは一線を画す人物描写が魅力だったのになあ。もう少しキャラクターの成長をしっかり描写してほしい。

絵のこと

絵がところどころ気になる。手を抜けるところは徹底的に抜いている。やっぱりスケジュールが何かがヤバいんじゃないかコレ…。

ちょっと引いた絵になるとキャラがぐにゃりと崩れる。目が点になったり体の描き込みが減ったりしてかなり簡素な絵に。『鉄血のオルフェンズ』の「かんたんアトラ」を彷彿とさせる。かんたん作画ってやつだな。

引いた絵だから多少省略するのは普通だと思うけど、冒頭のあおいとひなたが歩いてくるシーンはいくらなんでも省略しすぎなのではと思った。じっくり見なくても違和感がある。ここまで単純化するのかと衝撃を受けたよ。

©しろ/アース・スター エンタ―テイメント/『ヤマノススメ サードシーズン』製作委員会 第4話より引用

かんたんあおい&ひなた。まぁ可愛いと言えば可愛いが…。

でも気になったのは冒頭数分だけで以降は概ね綺麗。大事なシーンは丁寧な絵でしっかり動いていたから良かった。

なお今回も一人原画。作画オタによると今回は超有名なベテランの人らしい。

5話『思い出を写そう!』

アニオリ回

あおい、ひなたの二人に加えここな、ほのかの計4人でロックハート城に遊びに行く話。アニメオリジナル回。

楓さんは勉強が忙しいとかで相変わらずハブられている。今期ほぼ出番がないな。不人気だから意図的に外されてるんじゃないかと勘ぐってしまう。

山登りはせずキャラクターがキャッキャウフフする他愛のない話。ロックハート城は群馬県に実在するテーマパークとのこと。ヨーロッパから移築された本物のお城だって。

シーン毎にムラがある

今回も一人原画。作画崩壊は無いが重要なシーン以外は徹底的に力を抜いている感じ。

かんたん作画と静止画が多用されていているから言い方は悪いけど未完成品をそのまま放送したような印象を受けた。やっぱりスケジュール不足なのか?

ただし全体的に粗いというわけではなく、一話の中でムラが大きい。しっかり描き込まれた可愛らしい絵と完全手抜きの目が点の絵がかわるがわる出てくる。シーンごとの落差がひどい。崩れるぐらいなら最初から描かないという方針か?

4話のように数秒かんたん作画が出るのならまだしも、会話シーンの間ずっと目が点だったりするから気になって話に入り込めなかった。2期までは丁寧だったのに3期になって粗が目立つ作りになったのは残念。

1期、2期は一点集中で後は手を抜くという作り方ではなく全体的に丁寧だったのにな。2期にも一人原画回はあったけど丹念に作り込まれていて雑な感じはしなかったぞ。

3期になって予算減っちゃったのかなぁ。それとも他の作品で忙しくて手がまわらないのか。いずれにしても悲しいな。

エンディングテロップに出ている作画監督の人数が多くなるほどスケジュールがヤバいというが、一人原画回が頻繁にあるのもそれはそれで不安を感じさせる。スケジュールと人手が限られているから上手くて速い人に丸投げしているのではないかと。

6話『コーヒーってなんの味?』

ひなたがカッコよくコーヒー飲んでる所を見て衝撃を受けたあおい。張り合って自分もコーヒーを飲めるようになろうと頑張る話。ただ飲むだけじゃなくてコーヒーの淹れ方も勉強。山コーヒーをする。

絵に手抜き感はない

今回は一人原画じゃない。6話の絵柄はなんか好き。脱力感あるデフォルメが可愛い。よく動くという訳でもないけど極端な手抜き感が無く絵が全体的に安定していて良かった。

ヌルヌル動くわけではないから作画オタ的には不満な回なのかな。

あおい母について

家のシーンで登場するあおいママは相変わらず過保護で過干渉な親に見える。そういう演出意図は無いのかもしれないけど。あおいがヘタレだったのはこの親のせいではないかと疑ってしまうよ。

全部先回りして子供のやることを決めてしまったり、親の価値観を押し付けたりすると子供の自主性が育たないのだ。自分で決めてこなかったから自信がつかず、失敗を恐れて挑戦を避けるようになる。

冒頭で出たひなたパパはあおいママと対照的なんだよな。彼は助言や提案をすることはあるけど子供に自分の考えを押し付けることはしない。やりたいようにやらせる。ひなたがのびのびとした性格に育ったのはそんな父親のおかげかもしれない。

あおいはひなたに出会わなかったら母親の支配から逃れられず暗い人生を送っていたかも。登山を始めたおかげで世界が広がり精神的に成長できた。2期6話で富士登山に反対する母親を頑張って説得するシーンはあおいの自立が感じられて良かった。

渋々だけど許してくれてジャケットを貸してくれるあおいママ。接し方がマズいだけで娘のことを大切に思ってるんだよな。でも大切な一人娘だから構い過ぎてしまい子供の成長の妨げになっているという。

作画オタに思うこと

筆者は全然作画のことには詳しくないしスタッフの名前を見てもどんな人か分からない。ただの萌え豚でキャラクターを見るためにアニメを見ているという面もある。

3期の一人原画回を作画オタがやたらと絶賛しているけど、どこがすごいのか分からない。むしろ手抜きしているような違和感があって話に入り込めない。

省略含めて神作画なのだろうか?粗い絵や露骨な省略が無かった1期、2期は作画が悪かったと言うのだろうか?

3期の作画に歓喜している人たちの気が知れないよ。同じアニメを見ていても全然見ている所が違うんだな。多少崩れていても絵が動きまくれば神作画扱い。

省略作画を擁護している人達はアニメーターに詳しく、その人の才能を誉めてる感じ。「誰々は若手なのにすごい」とか、「ベテランの誰々が描いてくれたなんて感動」みたいな。目の付け所が違う。こっちからすると誰それ、って感じよ。

作画技術を見るためにアニメを見ていて、『ヤマノススメ』という作品自体はどうでもいいのかなと思ってしまう。

自分が雑に感じた2話の作画を褒めてる人もいるけど、こっちは別にヌルヌル靴紐結ぶ作画を見たくて『ヤマノススメ』見てるわけじゃないんだよなぁ。可愛い子の出るアニメでキャラの絵を疎かにして作画技術披露を優先するのには違和感。

動きを重視する層がいるのは分かるし、やるなとは言わんけど、どうせなら作画オタをターゲットにした別作品でやってほしかった。急に作風を変えてきたからどうしても違和感があるのよね。

省略作画のこと

予算や時間は十分にあるけどあえて省略作画をやった、これは作風だと言われても癖が強すぎてちょっと受け入れるのは難しい。

個性的な絵とか毎回キャラデザが変わるのは別に構わないけど、あまりにも手抜き感のある絵はちょっと。描き込まないのが個性ですと言われてもねぇ。流石に省略し過ぎなのでは。

省略作画は作風だから手抜きではないというスタンスで、BDになっても目が点の人物絵が修正されないのだったら円盤は要らんかなぁ。買った人のレビューが出るまで待とうと思う。

2期は1話あたり15分の2クールで7巻まであったし少々お布施価格だったけど、それ以上にクオリティが高かったから揃えたいと思えた。(なお現在はBOXが出たのでお求めやすくなってる。)

2期13話は作画が良く分からない萌え豚の筆者でさえ息を呑むような映像だったな。

あとがき

個人的にはあんま派手な動きやヌルヌル作画は要らないから人物絵を丁寧にやってほしかったなぁ。こういう作品はキャラの魅力で成り立っている部分もあるわけだし、目が点になったり、体がぐにゃぐにゃになるのはちょっと…。

こんなことを言ってると古参の作画オタから「見る目のない萌え豚がアニメの質を低下させているんだー!」なんて批判されそうだけどね。それぞれの楽しみ方があるからあんまり喧嘩はしたくないものです。

PR:『ヤマノススメ サードシーズン』は定額アニメ見放題サイトdアニメストアで視聴できます。月額400円(税抜)で最新作を含む2500作品以上のアニメが見放題。さらに初回31日間無料。おすすめです。

※作品によっては配信終了する場合があるのでご注意ください。

◆◆続き:7話から9話の感想はこちら