アニメ『百錬の覇王と聖約の戦乙女』10話感想&面白シーン

TVアニメ版『百錬の覇王と聖約の戦乙女』10話感想と面白可笑しいシーンの紹介。ネタバレあり。

今回は後半の合戦シーンが見どころ。ツッコミどころ満載の戦闘は非常に味わい深い。前半の日常パートも新キャラ登場でまあまあ楽しめる。

前回:9話感想&面白シーン

スポンサーリンク

10話「追い詰められた狼」

前回ラストシーンで登場した美月(幼馴染)のそっくりさんリーファを連れ居城へ帰る勇斗。そっくりさんを見たヒロインたちはなぜか驚愕。どうも美月がこちらの世界にやってきたと勘違いしているらしい。

視聴者にしてみれば、異世界のヒロインたちが美月の顔を知ってることが驚きだよ。スマホで写真を見せたのか? でもそんなシーンは一切無かったし、写真を見たことが分かるようなセリフも無かった。やっぱり説明不足が酷すぎるよこのアニメ。

にてない

そもそも間違えるほど似てなくないかこの二人。髪型は似てるけど色は違うし目も違う。美月はタレ目でリーファはツリ目

©鷹山誠一・ホビージャパン/ユグドラシル・パートナーズ(以下の画像も同様) 第9話より引用

第10話より引用

髪型だけで人を判別してるのかな作品内の人たちは。このレベルで似てると言うのなら奴隷のエフィちゃんもこいつらと瓜二つということになると思うのだが。

第8話より引用

奇妙な踊り

リーファはなかなかアクティブな子で勇斗の居城に興味津々。工房に侵入しようとするが拒まれプンプン。

ここで今更主人公が異世界に来た経緯の説明が入った。10話にもなってやることか? やるならもっと早くやってくれよ。

金髪ちゃん(フェリシア)が「ひほうぐれいぷにる」というものを執り行っていたら何故か召喚されたようだ。

これまた妙なポーズで踊ってるな。褐色姉さん(シギュン)の暗黒盆踊りもそうだけどポーズが面白すぎでしょう。『てーきゅう』の夜叉の構えを彷彿とさせる。

©ルーツ / Piyo / アース・スター エンターテイメント / 亀井戸高校テニス部 アニメ『てーきゅう』1期 第1話より引用

リーファの助言によりシギュンの術を使えば現代に帰れるということが発覚。

このアニメ、スキあらばお色気シーンが挟まれる。今回は新年会、酔ったヒロインたちが服を脱いで乱痴気騒ぎ。いらねぇ。このアニメのサービスシーンはなんか嬉しくない。

3ヶ月経過

テンポが早すぎる。CMが開けBパートになったら3ヶ月も経過していた。そして仮面兄貴(フヴェズルング)と組んだHIP(ステインソール)が攻めてくる。

城の上から兵を眺めるシーンでリーファが持っているのはオーパーツの如き日傘。紀元前のこの時代に作れるのだろうか?

リーファは術を使う能力が高いらしいけど、時間干渉もできるのかね。もしや未来から持ってきたのか?

それとも3ヶ月の間に勇斗がオレンジ(イングリット)に作らせたのかなぁ。説明が無いから分からないぜ。

敵のステインソールも鉄の傘を持って襲ってきたし、原作には傘絡みのエピソードがあるのかもしれない。

腹パンとゴロゴロ

合戦が始まった。ステインソールは7話で仮面兄貴を破ったワゴンブルクを怪力で容易く突破。それを迎え撃つジークルーネ(銀髪)とスカーヴィズ(ヤク中しぶりん)。

2対1で戦うがステインソールは以前より強くなっていた。技を見抜かれてしまったスカーヴィズは槍を掴まれ地面に叩きつけられる。

一方ジークルーネは馬上から突きを繰り出すが、槍を折られ、腹を蹴られ、真っ直ぐにポーンと吹き飛ばされてしまった。

腹には痛々しいアザが…。腹パン等リョナ系の趣味がある人は喜びそうな絵。これもお色気サービスシーンの一種なのだろうか。

ジークルーネをかばうスカーヴィズだが、刀を砕かれてしまいゴロゴロゴロゴロと地面を転がり崖から転落。

ハンマーで刀を砕かれただけなのにスカーヴィズ本体が吹き飛ばされ、大げさにゴロゴロ転がる謎。シュールで面白すぎるよ。物理法則がおかしい。

こういう変な演出が本作の魅力だと思う。ネイマールネタが流行ったからわざとやってるのかもしれない。作画スタッフも遊んでいる? 真面目にやったのならセンスが面白すぎる。

11話感想に続く