アニメ『ヤマノススメ サードシーズン』13話感想&3期各話の評価と不満点

『ヤマノススメ サードシーズン』最終回13話の感想と3期各話の評価記事です。サードシーズンには色々と言いたいことがあるので不満点の項で詳しく書いてます。

前の記事:10話から12話の感想

スポンサーリンク

13話「秘密だよ?」

あおいが体力づくりのためペットボトルを背負い一人で天覧山に登る。そこへここなちゃんがタイミングよく登場。あおいはひなたの誕生日が近いことを忘れていたけど、ここなのおかげで思い出しひなたを喜ばせようとプレゼントを考える。

最終回なのに盛り上がりがなく微妙だった。内容が薄いので眠くなる。これなら12話で終わっていたほうが綺麗だったような。

でもあおいの妄想シーンは面白かった。満面の笑みでトントン肩たたきしたり、ひなたがおじいちゃんになったり。

あと話数毎に設定が変わっている気がする。この話数であおいは2Lペットボトルを二本背負っただけでフラフラしていた。前回12話では自分とひなた二人分の荷物を抱えて余裕で歩いてたような。友情パワーは凄いってことか?

各話数の個人的な評価

最終回まで見たので各話の面白さを5段階で評価。あくまで筆者の主観です。客観的な評価ではありません。個人的にもう一度見たい内容かどうかという点も考慮。

第1話 筑波山で初デート!? ★★★★★
第2話 登山靴ってすごいの? ★★★★★
第3話 飯能にアルプス!? ★★★★★
第4話 クラスメイトと遊ぼう! ★★★★★
第5話 思い出を写そう! ★★★★★
第6話 コーヒーってなんの味? ★★★★★
第7話 働かざるもの、登るべからず!? ★★★★★
第8話 ふたつの約束 ★★★★
第9話 それぞれの景色 ★★★★
第10話 すれちがう季節 ★★★★★
第11話 ぎこちない縦走 ★★★★
第12話 ともだち ★★★★★
第13話 秘密だよ? ★★★★★

平均すると3.1くらい。つまらなくはないけど凄く面白いというわけでもない。未視聴の人に強くおすすめしようとは思わないけど、暇つぶしに見る分には十分楽しめると思う。

原作やアニメ1期2期を見たことがない人のほうがすんなり受け入れられそう。これまでとは大分方向性が違っているから。

◆各話感想リンク:1話から3話  4話から6話  7話から9話  10話から12話

今シーズンの不満な点

うーん…。やっぱりサードシーズンはセカンドシーズンに比べて完成度が低いように感じる。シナリオが十分練られていないように思えたし、全体的に急いで作ったような印象を受けた。

スケジュールが実際どうだったのか素人の筆者には分からないから、あくまで印象論なのだけれども。

そういった事情抜きにしても正直退屈な話が多かったし全体的に薄味だった。具体的に不満点を挙げていく。

繰り返しが多い

今期は似たようなシチュエーションの繰り返しが多いように思った。ネタが無いのだろうか。その割には原作を消化せずアニメオリジナルの話ばっかりだったから何をしたかったのか分からん。

最終回のここなちゃん登場場面は3話の飯能アルプスと全く同じ状況。あおいが一人で山に登っていると連絡したわけでもないのにタイミングよく現れるここな。

一度だけならここなが人知を超えた力を持っているかもしれないと思わせる良いシーンなのだけど、繰り返されるとご都合主義にしか見えなくなる。

「ほのかと兄貴」や「楓とゆうか」の掛け合いも毎回同じような内容でうんざりした。兄貴が恥ずかしい話(真偽不明)をバラし、ほのか顔を赤くしてやめてと怒る。楓がサボろうとしているとゆうかが勉強しなさい!と叱る。

いっつもコレ。人物描写が単調。もう少しひねりが欲しかった。

山要素が薄い

これが一番不満なところ。山のアニメなのに山を脇役にしちゃダメでしょ。

2期までと違って山の楽しさが全く伝わって来なかったのがとにかく残念。女の子の日常を見るだけのアニメじゃないのだよ『ヤマノススメ』は。なんでスタッフはそのことを忘れてしまったのだろう。

タイトルにあるように山を勧めてくれないと困る。初心者向けの登山入門アニメという面もあるのだから。日常系プラスαの強みを持っているのにそれを生かさないんじゃ勿体無い。

山のうんちくや豆知識、初心者向けの解説がほとんど無かった。3期ではほぼ背景でしかないじゃないか山が。

ギスギスノススメとかユリノススメと揶揄する人の気持ちも分かるわ。人間関係にしかスポットライトが当たっていなかったから山が無くても成立するんだよ今期は。

2期は本当に見るだけで山に登りたくなるような内容だったのにね。視聴者に「楽しそう、自分もやってみたい」と思わせることに成功していた。あの頃の『ヤマノススメ』はどこへ行った?

映像と展開の違和感

完全に好みの問題なのだけど、絵柄や演出の癖が強い話数があって違和感が強く話に集中できなかった。作画技術が凄いと評価している人もいるけど、個人的にはこのアニメに求めているのはそういうものじゃないよと思った。

また2期と違い1クールしか無いにも関わらず、ひなたがウジウジするだけの内容を何話も使って繰り返したように構成と尺の使い方にも違和感がある。

ひなたが情緒不安定になるエピソードは原作に無くアニメオリジナル。にもかかわらずその鬱々とした展開を引っ張るものだからネット上でも賛否両論だった。ひなたの性格が変わりすぎとか、百合同人誌みたい、公式でやる内容ではないという批判も。

ギスギス話を入れたとしても2話ぐらいでスパッと解決させていれば登山要素も時間を掛けて丁寧に描けたと思うのだけどな。

あとがき

山要素が薄かったり、原作を改変してメンヘラ百合的な展開に走ったり、スタッフの作家性を前面に出すような作画をしたりと今期はこれまでと別物になっていた。『ヤマノススメ』のキャラクターを使ったオリジナル作品っぽい。二次創作感がある。

もし4期があるのなら原点を思い出して山の楽しさを描くアニメにして欲しい。セカンドシーズンの完成度が非常に高かっただけにサードシーズンの出来には不満が残る。

◆Amazonビデオで第1話無料


『筑波山で初デート!?』