「黙れ」のシーンが有名:『物理さんで無双してたらモテモテになりました』漫画1巻感想

『物理さんで無双してたらモテモテになりました』のコミックス1巻を読んでみました。

某ネット掲示板で「黙れ」というシュールなシーンや「キマイラアント」が話題に上がっていた事がきっかけで興味を持ちました。絵柄や世界観が独特で面白そう。

ただアマゾンレビューを見ると評価はあまり高くないみたい。

この漫画はコミックウォーカーというKADOKAWA系の漫画配信サイトで連載されてます。見に行った時には1話、2話、最新話と何故か18話が無料で読めるようになってました。

外部リンク:物理さんで無双してたらモテモテになりました 無料漫画詳細 – 無料コミック ComicWalker

原作小説は「小説家になろう」に投稿されていた正真正銘のなろう系作品ですが、規約違反でアカウントごと削除されてしまったらしい。性描写が悪かったようです。

確かに今回読んだ漫画版にも子供には見せられないようなシーンが多かった。

スポンサーリンク

あらすじなど

異世界アールヴヘイムに召喚された天草ラクトが主人公。「現実世界をリタイアしようとしたところ」を錬金術師に呼び出されたらしい。

リタイアって自殺でもしようとしてたんかね?辛い日常を送っているなろう読者が共感できるようこういう設定にしたのかな?

異世界の名前がアールヴヘイムか…。この手の作品(異世界転生ものやファンタジーラノベ)は北欧神話が好きだねぇ。

この前見たク○アニメ『百錬の覇王と聖約の戦乙女』でも地方名として使われてたよアールヴヘイム。アールヴヘイムの覇者ユングヴィっていう強そうなオッサンがいたから印象に残ってる。

こいつ↓

©鷹山誠一・ホビージャパン/ユグドラシル・パートナーズ『百錬の覇王と聖約の戦乙女』第2話より引用

物理太郎?

『物理さんで無双してたらモテモテになりました』というタイトルで大体内容が分かるよね…。「なろう」では、タイトルで中身が分からないと読んでもらえないと聞いたことがある。

案の定、主人公のラクトくんは物理太郎とでも呼びなくなるようなチートキャラ。物理学を駆使して戦うのではなく、物理攻撃(ただのパンチ、ただのキック)をするだけで敵を瞬殺。

そして倒した女の子にモテまくる。

しかし「物理さん」って誰だよ…。そういうサポートキャラが出るわけじゃない。語感がいいからさん付けしただけなのかね。

ラノベの主人公って、やれやれ系だったりイキってたりとウザいやつが多めだけど、本作の主人公ラクトは意外と不快感が少ない。ある程度好感が持てる。

少なくともサイコ野郎のスマホ太郎とか『百錬の覇王』の偉大なる宗主ユウト様に比べると何倍もマシだわ。感情に素直なやつで変にカッコつけないのが良いのかもしれない。

寝床で待ち受けていたヒロイン5人に子種をくれと頼まれた時には、躊躇せず片っ端から種付けをしていた。

ははぁ…そうきたかーと思った。ハーレムものではこういうシチュエーションになると拒否して逃げ回る主人公が多いのだけど、フツーにパコパコするんかい。

でもそうしてくれたほうがキャラの行動に納得がいく。性欲を持て余してるくせに、言い寄られると逃げに回る主人公が多すぎるんじゃい。あれは不自然だよ。

性的に描かれるケモミミヒロイン

出てくる女の子はみんな獣人。ケモミミとしっぽがついてる。イヌ、ネコ、ウサギなどなど。

この漫画では女性キャラの体がとても性的に描かれている。構図もいやらしい。卑猥な場面が多く、ほぼエロ漫画と言っても差し支えない。上は一切隠さず描かれているので15禁ぐらいかな。

この異世界の女の子達はすぐ漏らす。1巻だけでも複数のキャラの粗相シーンがある。さらに、足や顔にクスリ(媚薬ではない)を塗られただけでイキまくるという狂った世界観。

そこを楽しめるかどうかがこの作品の評価を分けると思った。ストーリーよりキャラクター重視の作風。キャラに魅力を感じられなかったら楽しめる部分がほぼ無い。

すぐ漏らすヒロインたちや卑猥な絵面にドン引きした人が、アマゾンで星1つの評価をするのも理解できる。

やたらと重い設定、世界観

ヒジョーにお馬鹿でお下品な内容にも関わらず、世界観はえらく殺伐としている。

盗賊はモンスターと同じ扱いで「身ぐるみを剥ぐのが自由なら命を奪うのも自由」「殺す前に犯したってお咎めはない」。

ヒロインの一人は首輪を付けられ強制労働。囚人兵として危険な任務もやらされる。

囚人兵は捨て駒。遅効性の致死毒を飲ませ餌にすることで食べたモンスターを倒すとか、爆薬を持たせ自爆攻撃させるとか酷い扱い。

別のヒロインは父親の犯した罪により7年間人体実験のモルモットにされ眼球をえぐられた

むやみに重すぎねぇかこれ。スマホ太郎みたいな平和すぎて刺激が無い話が好まれるんじゃないのかよ、なろうでは。

主人公は転生前の現実世界で両親から虐待を受けていて、それがトラウマになっていることが分かる描写もあり無駄に重い。

負けた女の子がおもらしする世界なのに重い、重すぎる。このチグハグさが奇妙な雰囲気を作り出している。

「黙れ」

©えんど, kt60 漫画『物理さんで無双してたらモテモテになりました』第1巻より引用

ネットの一部で有名な「黙れ」。これは、囚人兵を非人道的に扱っている貴族に対して主人公が憤る場面。実はカッコいいシーンだったのよこれ。

ラクトは正義感を持ってるから、人を傷つけてヘラヘラしてるサイコパス系主人公よりは魅力があるよ。

まぁこのシーンの問題は絵に全然迫力がないこと。だからネタにされてしまうのだけど。

キマイラアント

©えんど, kt60 漫画『物理さんで無双してたらモテモテになりました』第1巻より引用

キマイラアントはライオンの姿をしているのに何故アントと呼ばれるのか。これも掲示板で疑問視されていた。上の絵を見てもアント(アリ)要素が入ってないんだよなぁ。

『ハンター×ハンター』に登場したキメラアントを、作者が合成獣のことだと誤解したという説も出ていた。

キメラ(キマイラ)は合成獣という意味で合っているが、「キメラアント」ひとまとめで合成獣だと勘違いしているのではないかということだ。

でも『物理さん』の漫画版を読んでみると違うことが分かった。

『物理さん』にはアリ型モンスターのガードアントというのが出てくる。その女王であるクイーンアントを討伐するため、主人公とヒロインが巣に潜入する。

その巣の中で登場したのがキマイラアント。アリ型モンスターの一種だからアントでもおかしくないのだ。さらに、次の画像を見て欲しい。

©えんど, kt60 漫画『物理さんで無双してたらモテモテになりました』第1巻より引用

掲示板ではオムツライオンなどと呼ばれていたが、下半身の線はオムツではなくアリの尻の部分をイメージして描かれているようだ。画力の問題で分かりにくくなっているだけで、アリとライオン等の合成獣ということらしい。

まとめ

絵がネタにされていたのがきっかけで『物理さん』の存在を知ったが、実際読んでみると、言われているほど酷い画力ではないことが分かった。一部を切り出すとヤバい印象を受けるが、通して読んでみるとそこまででもない。

戦闘シーンに躍動感が無く、何が起こっているのか分かりにくいのが問題だが、それ以外は十分見れるレベル。キャラクターの絵はけっこう可愛いと思った。人体は描き慣れてる感じ。

動かない「絵」自体は悪くないけど、動きを見せる「漫画の技術」の方は微妙という評価が適当か。

ストーリーはあって無いようなもの。キャラが可愛いと思えるか、性的な描写を楽しめるかどうかがこの作品の評価を左右するのだと思う。

個人的にまぁアリかなと思いました。少なくとも『異世界スマホ』よりは『物理さん』のほうが楽しめた。

続きの記事:黙れドン太郎こと『物理さん~』漫画版2巻、3巻の感想