TVアニメ『ゴブリンスレイヤー』感想(7話~9話):お気楽ハーレムアニメ?

『ゴブリンスレイヤー』はダークファンタジーと言われていたけど、実際はお気楽な萌えアニメのような気がしてきた今日このごろ。今回は7話から9話までの感想です。

スポンサーリンク

第7話 死へ進め

女神官ちゃんの風呂シーンから始まりました!剣の乙女さんも入ってきたぞ!

©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会 第7話より引用

乙女さんもなんか昔ゴブリンに酷いこと(意味深)されたみたいね。

それにしても露骨なサービスシーンですねぇ…。こういう所とかどう見ても萌えアニメじゃん。ダークファンタジーって雰囲気じゃないなぁ。ゴブスレはエログロ入りの萌えアニメ。

謎毒ガス

水の街には大ネズミ退治の依頼が全然張り出されて無いのを不審がるゴブスレさん。いつものパーティで地下水路を調査しに行った。

扉を開けたら女の死体がぶら下がってたぞ~。ビビっていたら外から扉閉められちゃった~罠だったんだ~。カンヌキ掛けられちゃって出られない。

壁の隙間から毒ガスがシューっ。毒ガス使えるなんて、ゴブリンはえらく賢いですね。

ゴブスレさんの持っていた木炭を布で包んで鼻と口を覆う。簡易防毒マスクらしい。しかしその程度で毒防げますかね?隙間は?謎の世界観だな。

©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会 第7話より引用

ゲーム(TRPG)世界らしいから突っ込むのは野暮か…。端からリアルな世界じゃないなら気にしても仕方ないね。

ただ、マスクをしてないうえ床に置かれたカゴの中にいるカナリアが無事だったのは不思議ね。毒ガスは基本的に空気より比重が高くて低所に溜まるんじゃないの。

ネット(掲示板やSNS)を見るとそもそも毒じゃなかったという考察があって笑ってしまった。寝てたカナリアが起きただけ。確かに辻褄が合うわ、木炭だけで防げたのもカナリアが無事だったのも、そもそも毒じゃないから。

ダークファンタジーなのに、たまたまカナリア連れてった時に限って敵が毒使ってきたりするようなご都合展開があるはずがない。

目が光る

ゴブリンチャンピオンに殴られたゴブスレさんは血をはいちゃう。女の子達はゴブリンに犯されそうになる。

やべえやべぇってとこでゴブスレ復活ぅ、してチャンピオンの顔を攻撃。威圧感にやられて小鬼たちもてったーい。

ここのゴブリンは1話に出たやつらよりヌルいなぁ。モブを襲った奴らはもっと容赦のない感じだったぞ。めった刺しにしたり、毒を塗った武器を使ったり。

ゴブスレの目が赤く光ってたけどどういうことなのだろう。ピンチになると魔法的なものが使えるのか?それとも何かヤバイ悪魔的なものが宿ってるのかね?

©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会 第7話より引用

一行はゴブスレのおかげで無事生存、でも本人は気絶してしまう。カナリアの目に映った風景を流す尺稼ぎみたいなシーンがあってエンディングへ。

第8話 囁きと祈りと詠唱

ゴブスレ子供時代の話から始まる。ゴブリンのような姿の師匠に色々教わったみたい。

次はベッドシーン。女神官ちゃん剣の乙女と一緒におねんねしたゴブスレさん。

なろう系でこんなシーンやったらキモいと言われて絶対叩かれるのにゴブスレなら許される謎。顔を出してないからOKなのか?(仮面の中身がスマホ太郎見たいなサイコ顔だったら嫌だな。)

ヒロイン二人はゴブスレを復活させるため一緒に寝ていたらしい。

処女と同衾しないと使えない回復魔法(奇跡)って何よ。気色悪い設定だなぁ。エ○ゲじゃあるまいし。いやもうこれ世界観がエ○ゲみたいなものか。

ダークファンタジーにしてはお色気シーンが多すぎ。

平和な街

女神官ちゃんとデートするゴブスレ。武器屋行ったり、アイス買ったり。平和そのもの。ごちうさ世界並に穏やか。

©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会 第8話より引用

本当に魔王が攻めてきてるのか?

まぁ、ごちうさ世界だって軍人がいてどっかで戦争やってる説あるしありか。遠くでドンパチやってんだろう。

危険な小麦粉

その後みんなで地下水路の目玉怪物退治。小麦粉を使って粉塵爆破で勝利。

©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会 第8話より引用

実験とは言うけど、なんかやり方がヒジョーに回りくどいね、チャー研のジュラル星人かよ。濃度がぴったりじゃないと爆発しないし、相当運任せ。普通にボコらんかい。

ゴブスレは、この方法はゴブリン相手に使えないって結論を出したけど、やる前から分からんものかね。

ネタでみんなを楽しませるためにやってくれたのかな。だとしたら可愛げあるなゴブスレ。遠方から小麦粉運搬させられた槍男は気の毒だが。

しかしこの世界の小麦粉って凄い。少量でも大爆発するんだね。あの広い部屋で粉塵爆発を起こすには量が少なすぎる気がするのだが…。適切な濃度で広がるとも限らんし。

©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会 第8話より引用

まあ、現実世界と物理法則が同じとは限らないからあの量と濃度でもメッチャ爆発するんだろうな。ゲーム内世界らしいし爆発系アイテムなんだろう。小麦粉からパンとか作る人は気をつけないとヤバイな。

第9話 往きて、還りし

タイトルはホビットのオマージュなのかな?今までのタイトルも何か元ネタがあったのかも。

鏡の中

前回倒した目玉モンスターが守っていたのは大きな鏡。

覗き込むと中にはゴブリンがいっぱい。ゴブリン村とでも呼べそうな場所が映ってる。

©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会 第9話より引用

何者かが召喚していると推測する一行。

やっぱり異世界(月?)に通じていてゴブリンはそこから呼び出されてるのかねぇ。3話でゴブリンは月から来るという話をしてたけど、ただのおとぎ話ではなかったのね。

粉塵爆発で大きな音を立てたせいでこっち側のゴブリンに気づかれ、大群が押し寄せてくる。やっぱり粉塵爆発なんて使うべきではなかったんじゃ…。裏目に出てる。

石と弓で迎え撃ち、近づいた所で秘策を使って倒した。何が起こってるのか映像がちょっとわかりにくかったな。

黒幕は乙女さん?

剣の乙女は鏡のことや地下の秘密を知っていたけど黙っていたらしい。でもゴブスレさんにはお見通し。

迷惑な話だなぁ…。下手したら全滅してたのに。

でもゴブスレさんは怒らない。剣の乙女はゴブリンじゃないから何もしないんだって。面白いやつだ。

乙女が自分で討伐しなかったのは、英雄の自分がゴブリンを恐れていることが地元の人にバレるのが怖かったからということなのかな?二人の会話だけではよく分からなかった。

乙女はゴブリンに犯されたトラウマで今も苦しんでいて、誰かに構ってほしい分かってもらいたいという思いがあると。それでゴブスレ呼んだのか?

剣の乙女は心に癒えない傷を負っていてとても可哀想だった。多少自分勝手でも仕方がない。同情の余地があると思った。

©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会 第9話より引用

ゴブスレに簡単に惚れたのも、誰かに依存しないと耐えられないくらい心が弱っているからなのだろう。

誰も自分の苦しみを分かってくれず悩んでいた所に、優しい言葉を掛けられたからとコロッと落ちてしまったと。

でもゴブスレの言葉って優しさから出てるわけではない感じ。感情がこもってない。

「ゴブリンが出たなら俺を呼べ、ゴブリンは俺が殺してやる」ってただこいつの行動原理を説明しただけ。でも乙女には救いの言葉に聞こえたんだろうねぇ。

おわり

のんびり馬車で帰って終わり。もう9話なんだけどどう終わるんだろうこの話。いまいち先が見えない。

面白いことには面白いけど、よく分からんアニメだ。ゴブスレは謎アニメ。

シェアする

スポンサーリンク