TVアニメ『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』感想・後半(7話から)

予想外に闇が深かったアニメ『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』第7話からの感想です。

なんか、すごくニッチな性癖を持った人にしか喜ばれないようなネタが多い謎のアニメですね。近親もの好きってそれほどいないと思う。

6話までの感想はこちら

スポンサーリンク

第7話感想

冒頭、真人一行はふつーに混浴してんだけど、もう一切抵抗がないのかね…。少々不気味。

まだまだ続く学園の話。もういい加減次の街に行ってほしい。学園モノをやるのなら、異世界というかファンタジーゲーム内に来た意味がないのでは?

そもそも異世界ならではのシチュエーションが少ないよね。

母親と一緒に冒険したり学園生活を送ったりするエクスキューズ(言い訳)として舞台をゲーム内にしただけかもしれない。現実世界でやってたらもっと異様で気持ち悪い感じになりそう。

今回は学園祭。ミスコンでワイズが低評価だったのが解せぬ。性格に難があるかもしれないけど外見は普通に可愛いだろ。

可愛い子ぶって滑るっていうネタなんだろうけど、あんま面白くないしちょっと可愛そうでした。わざとらしいところもなんか可愛げがあっていいと思うんだけどな。

無理してるメディを真人たちが気遣って、自分たちは友達だよと言うシーンは救いがあっていい感じ。でも、しょーもないネタが続いていただけに、唐突にいい話を持ってこられても違和感があるなぁ。

毒親絡みのエピソードは無駄にシリアスで闇が深いし、場面ごとに雰囲気がチグハグだからどんな気分で見れば良いのか分かりません。

メディママが娘を物理的に虐待するシーンはほんと洒落にならない。

©2019 井中だちま・飯田ぽち。/株式会社KADOKAWA/お母さんは好きですか?製作委員会 第7話より引用

ふざけた内容との落差が大きすぎて感情が付いていかないですよ。なんで無駄にリアルで胸糞悪いシーンを入れるんだろう。奇妙な作風ですね。

今回の真々子は真人との絡みが少なかったから不快感なく見られました。

模擬店で食堂のおばちゃんみたいなことをして学生に懐かれていたのは微笑ましかった。普段からこれくらいの距離感でやってりゃいいのに。いつもは実の息子相手にベタベタし過ぎでキモい。

第8話感想

ドラゴン化したメディと戦う話。あんまりな内容でした。

でもメディママの変顔は面白かった。

©2019 井中だちま・飯田ぽち。/株式会社KADOKAWA/お母さんは好きですか?製作委員会 第8話より引用

真々子が大人しくなってるのが不思議。前はなめられたら負けとか言って冒険者ギルド破壊してたじゃん。それなのに今回は好戦的なメディママに対して冷静に淡々と説得してる。そんなキャラでしたっけ?

最終的にメディが母親を受け入れていい話みたいに終わったけど、ちょっと展開が強引すぎる気が。

メディママは改心したというより真々子の能力で洗脳されたようにしか見えない。

魔法の杖がメディママの感情を増幅していたことが判明。杖のせいにして丸く収めようとしているけど、ゲームに入る以前から虐待まがいの教育をしてたのは紛れもない事実でしょ。

純粋に子供のことを考えて厳しく教育したから許されるみたいな話になってたけど、子供が嫌がってたら虐待でしょうがそれは。

ワイズ母のときも思ったけど、悪質度の高い毒親は現実世界に返さずゲーム世界に閉じ込めとけよ。

なんか毒親に甘いですねこのアニメ。簡単に許しちゃダメでしょ。

長期間の虐待で人格を歪められてしまうと、そう簡単に元に戻るもんじゃない。トラウマで一生苦しむかもしれないのに、親がちょこっと反省したらOKってそりゃないわ。

真面目に親子問題を描く気はあるんでしょうかね。描く気がないなら変にシリアスな話を入れず、ずっとギャグでやればいいのに。なーんか中途半端な作品ですねこれ。

キャラクターは立っていて良いのですが、テーマがフワフワしていて何をやりたいのかよく分からない。母親を性的対象として扱うような描写は気持ち悪いですし、ギャグも親子問題も中途半端。

「現実では満たされないオタクの欲望を満たす」という一点に力を注いでいるなろう系のほうがまだ理解できますよ。面白くはないですけどね。